シャンプーが泡立たない5つの理由と簡単にできる解決策を紹介!

同じシャンプーを使っているのに「何だか今日は泡立ちが悪い」そんな経験ありませんか?

いつもモコモコ泡が出るのに急に泡が立たないと「何で?」「髪が汚れてる?」って、不安になりますよね。

で、いつもよりシャンプーの量を増やしてみたり、二度洗いしたり・・・。

そこで今日は、シャンプーの泡立ちが悪い原因と解決策を詳しく書いてみたいと思います。

シャンプーの泡が立たない!5つの原因とは?

まず始めに多くの方が勘違いしているのですが、「シャンプーの泡立ちが良い=汚れが落ちる」ではありません。

シャンプーの基本は「髪や頭皮を洗う」こと。

つまり、いくら泡立ちが良くても肝心の髪や頭皮がキレイにならなければ意味がないんです。

 さくら さくら

泡立ちが良いと、洗えていると勘違いしてしまいますよね。

シャンプーの泡の役割は3つあって

  1. 汚れを浮かせる
  2. 髪同士の摩擦を防ぐ
  3. 髪を絡みにくくする

などです。泡にもしっかりと役割があることを認識しながら、シャンプーの泡立ちが悪い理由をお伝えします。

スタイリング剤の使い過ぎ

同じシャンプーを使っているのに「今日は泡立ちが悪いな」って時、スタイリング剤をつけ過ぎていませんか?

基本的にシャンプーは油分が多いと、泡立ちにくい性質があります。

    さくら さくら

スタイリング剤の原料は油です。

油で髪をコーティングすることにより髪に流れをつくったり、髪を固めたりするので使い過ぎることでシャンプーの泡立ちが悪くなるんです。

「そう言えば整髪料を使い過ぎたな」って、心当たりがあるようであれば、これが泡立たない原因になります。

汚れや皮脂がたくさんついている

髪や頭皮がいつもより汚れていると、シャンプーの泡立ちが悪くなります。

とりわけ夏場や運動をした後は、汗や皮脂がたくさん分泌されます。

特に皮脂が過剰に分泌されると皮脂が頭皮に残ってしまい、それが原因で泡立ちが悪くなるんです。

汗をたくさんかく以外にも

  • 体調不良で数日入浴していない
  • 風が強い日に外出した
  • ホコリっぽい場所に数時間いた

これらも髪や頭皮に汚れが付着し、泡立ちにくくなってしまう原因の一つです。

あと、意外なところでは睡眠不足によって皮脂分泌が過剰になり、シャンプーが泡立ちにくいと感じる時があります。

予洗いが不十分

予洗いとは、シャンプー前に髪をすすぐことです。

予洗いの目的は

  • 髪や頭皮の汚れや皮脂が落ちやすくなる
  • 毛穴に詰まった汚れを浮かす
  • 髪に付着したホコリが落ちやすくなる

などの効果があります。

ですが予洗いが不十分だと、髪や頭皮のホコリ皮脂が残っているので、シャンプーしても泡立ちは良くありません。

また、シャンプーはそれ自体では泡が立ちにくく、水分と混ざり合うことで泡が立つので水分量が足りない事も泡立ちが悪い原因の一つです。

シャンプーが適量でない

シャンプーの量が足りない事も泡が立ちにくい原因です。

シャンプーの量は多すぎても少なすぎてもいけません。特に泡立ちが悪いからとたっぷり使うことはNG。

シャンプーには汚れを落とす「界面活性剤」が配合されていますが、特にドラックストアや量販店で販売されている安価なシャンプーには、高級アルコール系の界面活性剤が使われています。

この高級アルコール系界面活性剤は洗浄力が強いので、シャンプーの量が増えればその分洗浄力もアップします。

洗浄力がアップすると汚れはしっかり落ちますが、本来必要な皮脂まで落としてしまうので、頭皮が乾燥気味に。

頭皮が乾燥するとかゆみやフケ、抜け毛の原因にもなってしまうので、適量を守ることは大切なポイントです。

泡立ちにくいシャンプーを使っている

今までのシャンプーから新しいシャンプーに切り替えた時に「あれ?泡が立たない!?」なんてことがよくあります。

この原因は、そのシャンプー自体が泡が立ちにくいタイプだからです。

 さくら さくら

特にクリームシャンプーは泡立ちません。

泡が立たないと洗った感じがしませんが、クリームシャンプーには天然オイルが配合されています。

この天然オイルが皮脂汚れなどを、乳化させながら落としていくので心配はいりません。

また、クリームシャンプーはコンディショナーやトリートメントが不要なので、洗髪の時間短縮にもつながります。

そうは言っても泡立ちが全くないので、「洗った感」や「スッキリ感」を得たい方には不向きと言えますね。

シャンプーが泡立たない時にしてしまいがちなNG行動

いつもに比べてシャンプーが泡立たない時にやってしまいがちなNG行動が以下の2つ。

  1. ゴシゴシ洗う
  2. 二度洗いする

ゴシゴシ洗う

泡立ちが悪いと、つい力を入れてゴシゴシ洗いたくなりますが、これはやってはいけない行動です。

力を入れて洗うと摩擦により髪の毛同士が絡まってしまい、ダメージを与えてしまいます。

また、力が入ると爪を立ててしまい頭皮が傷つく可能性も。

頭皮が傷つくと炎症を起こし、かゆみや頭皮湿疹の原因になるので、泡が立たないからと言ってゴシゴシ洗うことはやめましょう。

二度洗いする

泡が立たないと「汚れているのかな?」って思い、二度洗いすることがあるかもしれませんが、これもNG行動です。

    さくら さくら

汗をかいたり、整髪料を使い過ぎた場合は別です。

シャンプーには汚れを落とす界面活性剤が配合されていますが、二度洗いすることにより必要な皮脂まで落としてしまいます。

そうすると頭皮が乾燥してしまい、かゆみやフケの原因に。

さらに、乾燥した頭皮をうるおそうと皮脂分泌が過剰になるので、髪がベタついたり頭皮のニオイの原因にもなります。

どうしても二度洗いしたい場合は、一回目は髪の毛、二回目は頭皮を洗う感じにしましょう。

シャンプーの泡立ちを良くする簡単な3つの方法

シャンプーの泡立ちが悪い原因をお伝えしましたが、泡立ちを良くするならこの逆を行えばいいのです。

そこでここからは、簡単に泡立ちを良くする方法を紹介していきます。

ブラッシングで髪をとかす

1日過ごした髪の毛には、目には見えない汚れやホコリが髪だけではなく頭皮にまでたくさん付着しています。

そこで、ブラッシングすることで汚れを落としたり、浮かせたりすることでシャンプーが泡立ちやすくなります。

また、ブラッシングは髪の汚れを落とすだけではなく、頭皮マッサージにも最適。

事実、顔のたるみを気にする女性は多いですが、頭皮のたるみを気にする方はほとんどいません。

    さくら さくら

以外と忘れられがちですが、頭皮は顔の皮膚とつながっています。

頭皮のたるんだ皮膚がどこに行くかと言えば当然、顔に下がってきます。

つまり「頭皮のたるみ=顔のたるみ」とも言えるので、ブラッシングで頭皮を刺激することは血行を促進し、頭皮にハリを与えてくれます。

ブラッシングするときに使うクシは、目が粗めのモノがおすすめ。

こんな感じ。

目が細かく硬いモノは頭皮を傷めてしまう原因になるので、目が粗くやわらかい素材でやさしくブラッシングしましょう。

しっかり予洗いをして髪を濡らす

髪を洗う前の「予洗い」を簡単に済ませている方が多いですが、これはダメです。

私も仕事柄、毎日お客様のシャンプーをしていますが、その前の予洗いには長い時間をかけています。

上記でもお伝えしましたが、予洗いの目的は

  1. 皮脂や汚れが落ちやすくなる
  2. 毛穴に詰まった皮脂を浮かす
  3. 髪の毛のホコリが落ちる

などの目的がありますが、それ以外にも予洗いは「頭皮環境を整える」役割もあり、とっても大切なんです。

    さくら さくら

ぬるめのお湯で流しましょう。

予洗いの時間の目安は髪の長さにもよりますが、できれば2分ほど濡らすようにします。

で、予洗いする時のポイントは「頭皮を濡らす」こと。

髪を濡らすのではなく、頭皮をマッサージするように濡らすことで余分な皮脂や毛穴に詰まった汚れを浮かすことができます。

予洗いは「2分間の頭皮マッサージ」と意識しましょう。

シャンプーを泡立たせる

予洗いをしっかり行った後は、シャンプーを適量手のひらに取りお湯を足しながら軽く泡立ててから髪全体に広げます。

    さくら さくら

目安量はショートなら1プッシュ、ロングなら2~3プッシュです。

髪に空気を入れる感じで揉み込むことで、泡立ちが良くなります。

どうしても上手くいかない時は、100均で売っている泡立てネットと使うと簡単につくれます。

こんな感じ。

シャンプーをしっかり泡立てることにより、髪のダメージを軽減するだけでなくシャワーで簡単に泡を落とすことができます。

ポイント

シャンプーの原液は粘度が高く、地肌に密着しやすいためすすぎ残しの恐れがあります。

髪を洗う時は、髪の毛を逆立てるように指の腹で軽く揉む感じで洗いましょう。

また、すすぎも大切。シャンプーの泡が髪や頭皮に残っているとトラブルの原因になるので、髪を根元から立ち上げてしっかりとすすぐようにしてください。

まとめ

シャンプーの泡立ちが悪いまま髪を洗うと、髪だけでなく頭皮にも悪影響を及ぼす可能性があります。

ただし、アミノ酸シャンプーはどちらかと言うと泡立ちは良くありません。

なので、泡立ちの良いシャンプーからアミノ酸シャンプーに切り替えると「泡立ちが悪いな」って思うかもしれませんが、心配しなくて大丈夫。

それよりも普段使っているシャンプーの泡立ちが悪いようなら、記事冒頭でお伝えしたことが原因と考えられます。

シャンプーをしっかり泡立てることで汚れだけでなく、頭皮環境も整えることができるので、泡はしっかり立てるようにし、洗い流すときは髪を根元から立ち上げてしっかりとすすぐようにしましょう。