髪の傷みがひどい!ダメージヘアの原因はまさかのアレだった!?

あなたはこんな悩みがありませんか?

  • 髪の傷みを最小限にしたい
  • できるだけヘアダメージを抑えたい
  • トリートメントしてもスグに髪がバサバサ
  • 枝毛や切れ毛がひどい

残念ながら、髪の毛は一度傷んでしまったら二度と治ることはありません

それでも、ダメージの要因となるモノを少しでも減らしていくことが、次に生えてくる髪の毛にも大きく影響します。

↑今日は、この記事の続きを書きますね♪

 ダメージの原因はドライヤー!?

正しいシャンプーの仕方をしたら、次はドライヤーで髪を乾かしますが、あなたはどのタイミングで髪を乾かしていますか?

実は、シャンプーした後の「髪が濡れている時が一番ダメージを受けやすい」のです。

ドライヤーで強制的に髪を乾かすと、ドライヤーの熱で髪を傷めてしまうから、「自然乾燥の方が髪に良い!」なんて考えていたらダメ!

    さくら さくら

これは都市伝説、まったくのデタラメです。

絶対に自然乾燥なんてしない方が良いですし、濡れたまま寝てしまうと髪はめちゃくちゃ傷みます。

しかも頭皮が濡れていると雑菌も増えてしまうので、頭皮のニオイの原因になることも。

だから面倒くさがらずに、しっかりとドライヤーで乾かすようにしましょう。

間違ったドライヤーで髪が傷む!?

髪のダメージを軽減するためにもドライヤーは必要ですが、「ただ乾かせばいい」ってわけではありません。

髪を乾かすときに気を付けることは、髪の毛が濡れている時にブラッシングをする事です。

 さくら さくら

これは絶対にダメです!

もし、トリートメントしても髪がもつれている時は、手グシでやさしくとかしてから粗めのブラシで引っ張らないように、やさ~しく、やさ~しくとかしてください♪

100均のブラシでOKです!

ホント、濡れている髪は少しのことでダメージを受けやすい状態なので、目の細かいブラシを使って無理に髪を引っ張ったりするなんて止めてくださいね。

↓こんなやつとか。

ブラシを使って髪をとかすときは、目が粗いものでやさしくコーミングしましょう。

ドライヤーを使う時は素早く短時間で!

 濡れた髪を乾かすときは、「素早く短時間で乾かす」ことが重要です。

ポイント
タオルドライで余計な水気を拭き取っておくことも短時間で乾かすコツです。

 

ただ、タオルドライをするときもゴシゴシ、ガシガシと髪を拭いてはダメ。

特に中間から毛先にかけてやさ~しく、ふんわり拭くようにしましょう。

タオルドライで水気を拭き取ったら、次はドライヤーです。

パワーがあるドライヤーがおすすめ

 ドライヤーで乾かすときは、できれば風量の多いものを使うようにしましょう。

今のドライヤーは、髪にうるおいを与えてくれるマイナスイオンを装備している商品がほとんどですが、そこにこだわる必要はありません。

こだわるなら、やっぱり「風量」。

ポイント
ロングヘアや毛量が多い人は、風量1.5m3/分以上が目安です。

 

ドライヤーの風量と髪を乾かす早さは比例するので、できるだけ風量の強いドライヤーを使うようにしましょう。

ですが、ただ風量が強いドライヤーを使えば良いわけではありません。

ドライヤーを使う際のポイントは

  1. ドライヤーは根元から毛先に向けてかける。
  2. ブラシは使わず、手グシで。
  3. 髪を引っ張らない、もつれさせない。
  4. 同じ個所に長時間ドライヤーをあてない。
  5. 早く乾かそうとドライヤーを近づけない。

とくに「ドライヤーは根元から毛先に向けてかける」これは大事です。

髪がパサつくのはキューティクルが開いているから

 ドライヤーを根元から毛先に向けてかける理由は、キューティクルを閉じてあげるからなんです。

    さくら さくら

髪が乾いた後にパサつく原因は、キューティクルが損傷しているからです。

キューティクルは濡れると開きます。

多分こんな感じです^^;

豆知識
キューティクルは弁のような働きをして、髪の毛の水分調整をする役割があります。

 

そして乾燥するとキューティクルは閉じるのですが、このときにキューティクルが閉じるようにドライヤーをあてることが大事なんです。

髪が濡れてキューティクルが開いた状態だと、当然ですが引っかかりやすくなるし髪の毛も絡みやすくなります。

これをブラシで強引にとかすとキューティクルがダメージを受けるので、髪が乾いた時にはパッサパサの髪ができあがるんです。

なので、やさしく手グシとかでとかしながら根元から毛先に向けて乾かすことが大事なんですね。

    さくら さくら

できれば、斜め45度くらいからドライヤーをあてるとベストです。

ドライヤーの温度にも気を付けて

ドライヤーの温度も大切です。

ドライヤーの温度は、髪に水分が多い乾かし始めの時はドライヤーの温度が約60度ぐらい、半乾きで約80度、8割乾いたくらいで100度程度。

ドライヤーの温度を計るわけにもいかないので、大体こんなイメージでドライヤーをかけると髪の傷みを防ぐことができます。

また、当たり前の事ですが1ヵ所にドライヤーの熱が当たらないようにフリフリしながら均等に温風を当てるようにしましょう。

    さくら さくら

この辺りに気を付けて、ドライヤーで乾かすことを意識してくださいね。

ただ、この乾かし方はあくまでも「シャンプー直後の髪が濡れている状態」です。

朝のスタイリングや出かける前のドライヤーの使い方は別なので、次回の記事で紹介していきます。