ストレスで抜け毛が増える!?その原因と解消法を詳しく解説!

嫌なことがあったり、イライラしたり・・・私たち現代人は常に「ストレス」との戦いです。

ストレスは心を不安定にするだけでなく、身体の不調を引き起こす原因にも。

そのストレスが原因で、抜け毛から円形脱毛症になる方も少なくありません。

  1. 髪を洗う度にたくさん抜ける
  2. 朝起きると枕に髪の毛がたくさんついている

このような方は、もしかしたらストレスによる抜け毛の可能性も。

そこで今日は、ストレスと抜け毛の関係について書いてみたいと思います。

ストレスで抜け毛が増えてしまうワケとは?

多少のストレスは誰もが抱えているものです。でも、私たちの体はヤワにはできていないので、簡単に抜け毛になることはありません。

しかし、ストレスを発散できずに長期間ストレスを溜め込むと、抜け毛の原因につながることがあります

抜け毛が増えてしまうストレスとしては

  • 頭皮の血行不良
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • 体内の亜鉛の減少

これらが考えられます。では、一つずつ見ていきましょう。

頭皮の血行不良

長い期間強いストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経は血流をコントロールしているので、頭皮が血行不良になると髪の毛をつくる毛根に酸素や栄養が届きません

ポイント

頭皮は心臓より上にあるため血液が届きにくいだけでなく、毛根の周囲は細い血管「毛細血管」でつくられているので、簡単に血流は悪くなってしまいます。

で、この状態が続くと髪の成長が止まり、やがて髪は抜けてしまいます。

本来、頭皮は青白い色をしていますが、血行不良の頭皮は赤茶色になっています。これは頭皮が「うっ血」している証拠。

    さくら さくら

うっ血とは、静脈の血が異常に多く溜まった状態のことです。

血が溜まると必要な栄養分が届かなくなるので、頭皮は次第に硬くなり髪が細くなって抜けやすくなります。

「畑」でたとえてみましょう。野菜の苗を植えても、水も栄養も与えなければ土はガチガチに固くなり、苗が成長するどころかやせ細って、やがて枯れてしまいますよね。

頭皮でも同じことが起こっているのです。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れると、抜け毛が増えるとよく言われます。

女性なら妊娠・出産、さらには更年期が考えられますよね。

そして、過度なストレスがかかってもホルモンバランスは簡単に乱れてしまうんです。

で、ホルモンバランスが乱れると、「テストステロン」という男性ホルモンの分泌が増えます

テストステロンは、体毛を増やしたり筋肉や骨格を発達させ、男らしい見た目に成長させてくれるホルモン。

ポイント

男性の薄毛の原因は、このテストステロンが過剰に分泌されて起こる「AGA(男性型脱毛症)」と言われています。

女性の場合、ストレスによってホルモンバランスが乱れるのは、脳内で「セロトニン」の分泌量が減るから。

    さくら さくら

セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

ストレスを感じると、「セロトニンの分泌量が減る→女性ホルモンの分泌量も減少」してしまい、逆に男性ホルモンであるテストステロンが増えます。

男性ホルモンが分泌されることにより、頭皮の皮脂も多く分泌されるので毛穴を詰まらせるなどの頭皮環境が悪化し、髪の成長サイクルが乱れ抜け毛につながるのです。

睡眠不足

ストレスが溜まると「眠れない」という体の不調が起こります。

睡眠はただ体を休めるだけではなく、眠っている間に成長ホルモンを分泌し、疲れを取ったり傷んだ部分を修復します

ですが、寝つきが悪かったり睡眠時間が短かったりすると、自律神経が乱れたり女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

また、成長ホルモンの分泌も減少するので髪や頭皮の修復が行われなくなることも。

成長ホルモンは、眠りについて約30分くらいから分泌され始め、約3時間後にピークを迎えます。

髪を育てる毛母細胞は、夜の10時から深夜2時くらいが活発に活動すると言われているので、睡眠不足が続くと健康な髪がつくられなくなり抜け毛になりやすいのです。

体内の亜鉛の減少

亜鉛は体をつくる上で必要な必須ミネラル16種類のうちの1つです。

亜鉛の働きは味覚を正常に保ったり、新陳代謝やエネルギー代謝、皮膚や粘膜の健康を助ける大切な成分。

成人は体内に約2gの亜鉛が存在していますが、この亜鉛は体内で生産できないだけでなく、貯めておく事ができないので、毎日の食事から摂る必要があります。

で、亜鉛は体内で様々な働きをしてくれる大切な栄養分の一つですが、亜鉛はたんぱく質を髪の毛につくり代える大事な栄養素でもあるんです

    さくら さくら

髪の毛の80%はたんぱく質でつくられています。

髪の毛の成分はケラチンというたんぱく質ですが、このケラチンをつくるのに亜鉛は必要不可欠。

なので、亜鉛が不足してしまうとケラチンの形成が滞ってしまい、たくさんたんぱく質を摂取したとしても、元気な髪が育ちません。

そうすると髪がやせ細り、やがて抜けてしまいます。

そして、これはあまり知られていないことですが、ストレスが蓄積されることで亜鉛は消費されてしまうんです。

また、亜鉛は細胞分裂に必要な栄養素。

髪の毛は、毛母細胞が細胞分裂することにより増えていくので、亜鉛不足になるとこの細胞分裂が行われなくなり抜け毛の原因になります。

ストレスが悪化すると円形脱毛症になる!?

ストレスは抜け毛の原因になりますが、強いストレスが長期間続くと「円形脱毛症」になる可能性も。

ストレスを受けると人間の体は、それに抵抗しようと交感神経が活発に働きます。

交感神経は心臓や消化器官など、脊髄を通してコントロールしていると同時に、強いストレスを感じるとそのストレスと戦う「戦闘モード」にスイッチが入るんです。

一時的なストレスであれば問題ありませんが、ストレス状態が長く続くと交感神経がオーバーヒートを起こします。

交感神経がオーバーヒートを起こすと、全身の血管を収縮させ血流が悪くなることで、頭皮へ栄養や酸素が行き届かなくなりその結果、円形脱毛症が引き起こされると考えられています。

抜け毛を改善するストレス解消法を紹介!

ストレスによって抜け毛が誘発されるのであれば、その原因であるストレスを取り除くことが抜け毛予防には一番!

そこでここからは、今日からできる簡単なストレス解消法を紹介していきます。

お風呂で湯船につかる

ストレスを感じているようなら、お風呂にゆっくりと浸かり全身を温めることが最も効果的です。

ストレスがかかると呼吸状態が浅くなり、全身に送られる酸素量が低下してしまうので抜け毛だけでなく、脳機能が低下して物事を上手く考えられなくなります。

お風呂に浸かって「あぁ~気持ちいい!」ってため息をつくことは、ストレを和らげるために体が自然にやっていることなんです

また、湯船の中は浮力が作用するので、ストレスによってコリ固まった筋肉をほぐしてくれる効果もあります。

特に背中や腕の筋肉に無意識に力が入るので、お風呂に浸かって筋肉を緩めることはストレス解消に効果的です。

また、お湯の温度でストレスが解消する部分が違ってきます

例えば42℃くらいの熱めの温度。

「熱いお風呂に入ると交感神経が活発になってリラックスできないからダメ!」なんて、色々なサイトに書かれています。

確かにこれは間違いではありません。ですが、熱めのお風呂に入ることで交感神経が活発になると、血行が良くなり新陳代謝がアップ。

    さくら さくら

新陳代謝がアップすると体の老廃物の排出を促します。

つまり、42℃くらいの熱めのお風呂に入ると「体のストレス」に効果的です。

逆に、38~40℃くらいのぬる目のお風呂は、副交感神経を活発にしてくれます。

副交感神経が活発になることで体はリラックスするので「心のストレス」に効果的です。

質の良い睡眠を心がける

ストレス解消には「質の良い睡眠」が欠かせません。

私たちは意識していなくても、一日の多くの時間を緊張状態で過ごしています。

で、自律神経はこの緊張状態を静めようと活発に働きます。そうすると自律神経はどうなるか?

体の中に細胞を酸化させてしまう「活性酸素」を大量に発生させ、疲労物質が増加します。

疲労物質が溜まると体を休息させこの疲労物質を排除するのですが、質の良い睡眠が取れなかったり、睡眠不足が続くと疲れは取れません。

で、疲れが取れないと体や心が不調をきたし、それがストレスとなって現れてしまうのです。

睡眠は溜まった疲労を回復させる唯一の方法

質良い睡眠を取るには

  1. 寝る2時間前にはスマホやパソコンは止める
  2. 適度な運動をする(自然な疲れで眠りにつける)
  3. 外の明かりや騒音を遮断する
  4. 自分に合う枕を使う

など、質の良い睡眠を取るには「環境作り」が大切です。

眠っている間は日中のさまざまな緊張感から解放され、自律神経が活発に働くことはありません。

質の良い睡眠で、日中活発に働いている交感神経の負担を減らすように心がけましょう。

バランスのとれた食事

ストレスと食事。

一見すると無関係に思いますが実は、体はストレスを感じた時に特定の栄養素を消費してストレスから身を守ろうとします

で、ストレスから守ってくれる栄養素が不足すると、ストレスに対抗できない体になってしまうことも。

そこで、ストレスに負けない体をつくるために大切な栄養素が

  1. ビタミンC・ビタミンE
  2. トリプトファン
  3. ビタミンB群

これらが3種類がストレス軽減に効果が期待できる栄養素です。

ビタミンCやビタミンEは、ストレスに対抗できるホルモンの一つ「コルチゾール」の材料になります。

またトリプトファンは、感情を穏やかに保ちストレスを減らしてくれる神経伝達物質「セロトニン」の材料。

ビタミンB群は、「ストレスを受けやすい」「集中力が続かない」「落ち着かない」などの症状を抑えてくれる働きがあります。

ビタミンB群と言われるように、1種類のビタミンBだけを摂取するのではなく「ビタミンB1・B2・B6」などをまんべんなく摂ることが大切です。

でも、一つひとつの栄養素をバランスよく摂るのって大変ですよね。

そこで、この3つの栄養素を一度に摂れるのが以下の食材。

  • 大豆製品
  • 緑黄色野菜
  • ジャガイモ・さつまいも
  • ナッツ

などです。

大豆製品には、「トリプトファン」や「ビタミンB群」などがたくさん含まれている最強の食材。

納豆が苦手な方は豆腐でもOK。その際は、絹ごし豆腐がおすすめ。

絹ごし豆腐は木綿豆腐に比べて水分をあまり絞らないでつくられるので、水に溶けやすいビタミンB群が多く含まれています。

適度な運動

適度な運動はストレス解消だけでなく、メンタルヘルスケアにも効果があると言われています。

    さくら さくら

メンタルヘルスとは「心の健康」です。

で、どんな運動がストレス解消に効果的かと言うと「有酸素運動」がおすすめ。

有酸素運動とは

ウォーキングやジョギング、サイクリングや水泳など長時間継続して行う運動のことです。

でも、これらの有酸素運動って、外でしかできないから忙しい方や面倒に思う方もいるはず。

そこで、家庭で簡単にできる有酸素運動として

  1. スクワット
  2. エア縄跳び
  3. 階段昇降
  4. もも上げ運動

などがあります。これらは器具を使う必要もないので、いつでもどこでも出来るのでおすすめです。

また、腹式呼吸でリラクゼーション効果の得られるヨガや、血流が改善することで筋肉のコリをほぐす作用のあるストレッチなどもおすすめ。

そして、運動は無理せず行うことがポイント。

一生懸命にやると筋肉を痛めたり、疲労が溜まってしまうので、やり過ぎに注意しながら適度な運動を続けていきましょう。

まとめ

今の時代、ストレスフリーな生活を望むことは難しいかも知れません。

ストレスを溜め込み過ぎると抜け毛だけでなく、心や体にも様々な不調を及ぼしてしまいます。

上記でお伝えしたストレス解消法以外にもたくさんの方法があるので、あなたが取り組みやすいやり方でストレスを解消していきましょう。

ストレスを軽減することができれば抜け毛だけでなく、心や体も健やかに過ごせるようになりますよ。