アミノ酸シャンプーを使うと頭がかゆい!意外な3つの原因とは?

アミノ酸シャンプーって、刺激が少なくて髪や頭皮にやさしいイメージがありませんか?

でも、アミノ酸シャンプーを使い始めてから「頭皮がかゆくなった!」そんな方も実は少なくありません。

「えっ?なんで?」って思った方もいると思いますが、アミノ酸シャンプーは頭皮に優しいからと言って、すべての方に向いているわけではないんです

そこで今日は、アミノ酸シャンプーを使うと頭がかゆくなる原因について書いてみたいと思います。

アミノ酸シャンプーでかゆくなる3つの原因

アミノ酸シャンプーに切り替えた途端にかゆみが生じる場合は、以下の3つの原因が考えられます。

  1. 洗浄成分にアレルギーがある
  2. シャンプーを切り替えて間もない
  3. 洗い方・すすぎ方に問題がある

キレイな髪を育てるには、その土台である「頭皮環境」を健康な状態に保つ必要があるんです。

皮脂は髪のベタつきやニオイの原因になるので、しっかり落としたい方もいると思いますが、これは頭皮環境を悪化させるパターン。

 さくら さくら

皮脂を取り過ぎると頭皮が乾燥してしまいフケやかゆみの原因に。

さらに、頭皮をうるおそうと皮脂分泌が活発になり余計に皮脂分泌が過剰になる負のスパイラルに陥ってしまいます。

頭皮環境を最適に保つには、「必要な皮脂は残しつつ余分な皮脂は洗い流す」ことがポイント。

それを可能にしてくれるのが、アミノ酸シャンプーと言うわけです。

アミノ酸シャンプーは、必要な皮脂は残しながら余分な皮脂は洗い流すことができる洗浄力と脱脂力のバランスが絶妙なシャンプー。

しかも、刺激が少ないので肌の弱い方でも安心して使える、まさに「優等生」のシャンプーですが、どうしてかゆくなるのでしょうか?

一つずつ詳しく見ていきましょう!

アミノ酸シャンプーの洗浄成分にアレルギーがある

アミノ酸シャンプーの主な洗浄成分は以下の3つがあります。

  1. メチルアラニン系
  2. ココイル系
  3. ベタイン系

この中でもココイル系の成分は、ココヤシの果実(ココナッツ)を主成分としてつくられています。

ポイント

成分名に「ココイルグルタミン酸」や「ココイルメチルタウリンNa」など、「ココイル○○」と記載されていればココイル系成分になります。

で、このココヤシから摂れるヤシ油にアレルギー反応を起こして、頭皮にかゆみが現れる場合があります。

シャンプーを切り替えて間もない

洗浄力の強いシャンプーを使えば皮脂を根こそぎ洗い流し、逆に皮脂分泌量の多い方がマイルドなシャンプーを使うと頭皮に余分な皮脂が残ってしまいます。

実は、頭皮はシャンプーの洗浄力に合わせて皮脂を出しているんです。

で、今まで使っていたシャンプーからアミノ酸シャンプーに切り替えると、体の反応が追いつかず相対的に皮脂が多くなりかゆみの原因になります。

このように、シャンプーの洗浄力によって頭皮環境は簡単に変わるのです。

たとえば、今まで洗浄力の強いシャンプーを使っていたのに、急に洗浄力のマイルドなアミノ酸シャンプーを使うと頭皮には余分な皮脂が残ります。

しかし、頭皮はアミノ酸シャンプーに切り替わったことを直ぐに判断できないので、皮脂が過剰分泌される状態が続き、かゆみを生じてしまうんです。

洗い方・すすぎ方に問題がある

あなたは「頭を洗う時に意識してシャンプーしていますか?」ゴシゴシ洗ってササッと流して終わりにしていませんか?

アミノ酸シャンプーは、髪や頭皮にやさしい分「洗浄力が弱い」ことがデメリット。

なので、今まで使っていたシャンプーのイメージで髪を洗っても、汚れや余分な皮脂が落としきれません。

    さくら さくら

つまり、汚れや余分な皮脂が頭皮に残るんです。

また、シャンプーも大事ですがそれよりもっと大事なのが「すすぎ」。

すすぎをおろそかにしてしまうと、汚れや皮脂を包み込んだ泡が髪の間や頭皮に付着してしまいます。

いくら髪や頭皮にやさしいアミノ酸シャンプーでも、長時間髪や頭皮に泡が留まっていると炎症が起こりかゆみを引き起こす原因に。

ポイント

しっかり洗い流したつもりでも、すすぎ時間が短いと顕微鏡レベルで泡が残っている場合があります。

かゆみを抑える簡単な方法を紹介!

アミノ酸シャンプーは皮脂バランスを整えてくれる優秀なシャンプーですが、かゆみを発症してしまっては十分な効果が得られません。

そこでここからは、原因に対する解決策をお伝えしていきます。

洗浄成分にアレルギー反応を起こす場合

一番簡単な方法は、ココヤシが配合されていないアミノ酸シャンプーに切り替えることです。

アミノ酸シャンプーの成分はココイル系だけではありません。

メチルアラニン系やベタイン系のアミノ酸シャンプーに変えてみましょう。

メチルアラニン系は、アミノ酸系の中でもバランスのいい洗浄剤で、しっかりとした泡立ちと適度な洗浄力、すっきり感を併せ持っています。

またベタイン系は、砂糖大根(ビート)由来の天然成分で、赤ちゃん用のシャンプーにも使用されるほど低刺激なのが特徴です。

いくら髪や頭皮にやさしいからと言って、アレルギー反応が出てしまっては本末転倒です。

シャンプーを切り替えることでかゆみが治まる場合もあるので、無理に使い続けることはしないでください。

シャンプーを切り替えて間もない場合

頭皮環境を整えるには、一定の皮脂量を保つことが大切です。

皮脂量が増えたり減ったりを繰り返すと、頭皮環境は簡単に悪化してしまいます。

アミノ酸シャンプーに切り替えて間もない場合は、頭皮の反応が遅いためどうしても皮脂分泌が安定しません。

そのためかゆみが出ることがありますが、多くの場合2~3日もすれば頭皮も順応してきて皮脂量が安定してかゆみも収まります。

もし、1週間使ってもかゆみが治まらない、発赤や湿疹が出るようなら使用を中止して皮膚科を受診してください。

洗い方・すすぎ方に問題がある

実は、かゆみの原因の多くはこれに該当します。

シャンプーの目的は「汚れを落とすこと」です。ですが、多くの方は意識していないで適当に洗っているのではないでしょうか?

いくら皮脂バランスを整えてくれるアミノ酸シャンプーでも、使い方を間違ってはその効果を発揮できません。

髪の毛を洗うのと一緒に頭皮もしっかりと洗うことで、余分な皮脂を落とす事ができます。

また繰り返しますが、髪を洗うのと同じくらい大切なのが「すすぎ」。

シャンプーの泡の中には汚れや皮脂が混ざり合っています。実は、シャンプーの泡って汚いんです。

で、この泡をしっかり洗い流さないと髪や頭皮に汚れや皮脂が再付着してしまい、かゆみの原因になります。

しっかり洗い、しっかり流す」これがシャンプーの基本。

では、ここからはアミノ酸シャンプーの正しい洗い方とすすぎ方をお伝えします。

    さくら さくら

アミノ酸シャンプーに限らずシャンプーの基本なので覚えておいてくださいね。

ブラッシングして絡まった髪や汚れを浮かす

ほとんど目に見えないレベルですが、1日過ごした髪の毛には髪の表面だけでなく髪の間や頭皮にもホコリやゴミがたくさん付着しています。

この見えないホコリやゴミをブラッシングして浮かせることで、シャンプーした時に汚れが落ちやすいようにします。

また、絡まっている髪の毛をブラッシングしてほどいておく事も大切。

濡れた髪というのは、ちょっとしたことでもダメージを受けやすくなっています。

 さくら さくら

絡まった髪を引っ張ったりするのは最悪です。

なので、シャンプー前にブラシで髪のほつれをほどいておくことで、ダメージの軽減にもつながります。

ブラッシングのコツですが、髪の根元を手で押さえながら毛先からやさしくブラッシングして、徐々に根元へ移行するようにしてください。

おすすめのブラシは「クッションブラシ」。

↓こんな感じ。

名前の通りブラシにクッションがついているモノです。

間違ってもクッションがないブラシを使わないようにしましょう。ダメージヘアの原因になってしまいます。

ぬるま湯で汚れをしっかり落とす

シャンプー前に「予洗い」つまり、お湯だけで髪や頭皮の汚れを落とします。

    さくら さくら

「予洗い」をすることで、汚れの約7割は落ちるんです。

予洗いする時も髪がメインではなく、頭皮をマッサージするイメージで汚れや皮脂を落とします。

時間にして約1~2分。この予洗いに時間をかけることでシャンプーの工程はほとんど終わったようなもの

あと、お湯の温度は36~38℃がベスト。40℃を超えると頭皮に負担がかかり、頭皮の乾燥やかゆみ、フケが出る原因になります。

シャンプーは泡立てなくてもOK!

「シャンプーはしっかり泡立てましょう!」なんて書いてあるサイトがあります。

確かにシャンプーは泡立てて使うことが基本ですが、ネットを使用してまでモコモコ泡にする必要はありません。

シャンプーは「頭皮を洗う。髪は極力傷つけない」これがポイント。

シャンプーを頭皮全体にまんべんなくなじませたら、予洗いの時と同じように指の腹で弧を描くように頭皮を洗いましょう。

頭皮を洗うことでシャンプーが泡立ち、泡立ったシャンプーはしっかり髪に浸透するので、髪自体を指で刺激しなくて済みます。

すすぎはしっかり行う

シャンプーした後は、シャワーでしっかりと洗い流します。

ポイント

目安としてはシャンプーの3倍の時間。たとえばシャンプーに1分かけたら、すすぎは3分という感じです。

特に耳の裏側にヌメりが残っていないか確認しましょう。

頭頂部や前髪、サイドやえり足は無意識にシャワーを当てているので泡が残ることはほとんどありませんが、耳の後ろ側は流し忘れが多い部分。

シャンプーが残ってしまうと髪や頭皮にダメージを与えるだけでなく、ニオイの原因にもなるので時間をかけてすすぐようにしてください。

まとめ

アミノ酸シャンプーを使った時にかゆみが出る原因についてお伝えしました。

たとえ髪や頭皮によいと言われていても、自分に合わなければ意味がありません。

これはアミノ酸シャンプーに限ったことではありませんが、シャンプーの洗いやすすぎは念入りに行いましょう。

特にすすぎを疎かにしてはダメです。

「これでもか!」ってくらい時間をかけてすすぐようにしてください。

正しい知識と使い方をする事によって、アミノ酸シャンプーはあなたにとって最高のシャンプーになってくれすはずですよ♪