サルでも分かる!ヘアカラーを使うと髪が傷む原因を詳しく紹介

ヘアカラーは髪の色を明るくしたり、色を変えたりして楽しむヘアスタイルの一つです。

最近はドラックストアや量販店で販売されているので、自宅で簡単に髪を染めることができますがその一方で、ヘアカラーって髪が傷むから止めたいって方も少なくありません。

でも、歳を取ると白髪が目立ってしまい、ヘアカラーを止めたくてもやめられないのも事実。

そこで今日は、ヘアカラーと髪が傷む原因を書いてみたいと思います。

ヘアカラーをすると髪が傷むカラクリとは?

昔と比べてヘアカラーの種類も増えたし、髪や頭皮にダメージが少ないモノもありますが、やっぱりヘアカラーをすると髪の毛は傷むものです

「髪が傷まないでヘアカラーを楽しみたい!」そんな声が聞こえてきそうですが、誰でもそうですよね。

ヘアカラーをしてボサボサの髪よりも、ツヤツヤのキレイな方が良いに決まってます。^^;

でも実際、たくさんのへカラー剤が販売されているので「どれがいいのか良く分かんない!」って方も多いのでは?

ダメージレスのヘアカラーは存在しない

ヘアカラー剤を買う時に、パッケージにこんなことが書かれていたりしませんか?

  • ○○成分配合でヘアカラーしても美髪に変身!
  • 新成分○○の働きでダメージゼロの毛染め!
  • 天然由来成分で出来た新しいヘアカラー!
  • ヘアカラーしながら髪のダメージも補修!
  • アルカリ性の薬剤不使用なので安心して使える!

このような宣伝文句が書かれていると、選ぶのに困っちゃいますが基本的に「ダメージレス」と言うのは盛り過ぎです。

    さくら さくら

美容室でヘアカラーをしても同じことが言えます。

へカラーをして「全くダメージがない」と言うのはあり得ません。

ダメージが少ないヘアカラー剤の見分け方

ヘアカラーをして全くダメージがないことはあり得ませんが、ダメージが大きいヘアカラー剤と、ダメージが少ないヘアカラー剤があることは事実です。

そこで、知識がない方でも簡単に見分けられる方法を紹介します。

それが「自毛が明るくなるか?ならないか?」。

日本人の特徴である「黒髪」が、ヘアカラーを使うことで少しでも色が変わる(明るいブラウン系)ようであれば、間違いなくメラニン色素を破壊しています。

    さくら さくら

髪が黒い色をしているのは、メラニン色素の色です。

髪の色が変化すると言うことはメラニン色素が破壊され、そこにカラー剤で染色している証拠。

↓こちらの記事を読んでくださいね♪

黒髪がちょっとでも明るく変化するヘアカラーは、天然由来成分だろうが新成分が入っていようが、髪をまったく傷めないってことはないんです。

このサイトで何度も言っていますが、髪の毛は死滅細胞でつくられているので、一度ダメージを受けてしまうと自分で再生や修復すらできません。

この原理で考えると、ブリーチで破壊されたメラニン色素が元に戻ることはないんです

つまり、どんなにたくさんの栄養成分や画期的な成分が入っているヘアカラー剤を使ったとしても、破壊されたメラニン色素は再生も修復も絶対にされません。

だから「髪の毛の色が変わる=ヘアダメージゼロ」と言う理論は、残念ながら机上の空論。

今の髪色よりもヘアカラーを使って少しでも明るくなるようなら、ダメージを受けている証拠です。

ヘアダメージが少ないヘアカラー剤は?

上記でお伝えしているように、ヘアカラーをするという事は少なからず髪もダメージを受けています。

その中でもダメージを最小限に減らすヘアカラーとしては

  1. ヘアマニュキュア
  2. アルカリ性の薬剤を使っていない

これらの使用をおすすめします。

ヘアマニュキュア

ヘアマニュキュアは、髪の表面に染料をコーティングすることで色を出すメニューです。

ヘアカラー剤のようにメラニン色素を破壊して髪を脱色するタイプではないので、髪を傷めるリスクもほとんどありません。

ただし、注意点としては「黒髪に使ってもほとんど変化がない」ということ。

 さくら さくら

黒い絵の具に茶色を混ぜても、ほとんど色が変わらないのと同じです。

なので、ヘアマニュキュアは黒髪に使うと言うよりも、白髪染めに向いていると言えます。

あと、もう一つのデメリットとしては、髪の表面をコーティングしているだけなのでシャンプーする度にコーティングが落ちること。

一概にはいえませんが、多くのヘアマニュキュアは1ヵ月ほどで効果がなくなり元の髪色に戻ります。

アルカリ性の薬剤を使わない

ヘアカラーで髪が傷む原因は、アルカリ性の薬剤を使っているからです。

たとえば、海水浴に行くと髪がギッシギシになることありませんか?これは海水がアルカリ性だから。

髪の毛がアルカリ性になると、髪が膨らむ「膨潤」が起こります。

膨潤が起こるとキューティクルが開き、そこからカラー剤が入ってきます。

で、カラー剤が入るだけでなく、髪の毛をつくっている成分(主にたんぱく質)が髪の毛の外に出てしまうので、髪が傷んでしまうんです。

ただ、これも一時的であれば問題ありませんが、ヘアカラーの場合アルカリ剤が髪の内部に残ってしまい抜けるまでに時間がかかります。

ポイント

ヘアカラーの色が落ちにくいのは、このアルカリ剤が髪の内部に長時間浸透しているからです。

そこでアルカリ剤を使わない、もしくはアルカリ剤が少量のヘアカラーを使うことでダメージを抑えることは可能。

ただし、デメリットも。

アルカリ剤を使わないとブリーチ(脱色)できないので、髪の染まりが良くありません。

    さくら さくら

脱色が少なければヘアダメージも少ないですからね。

日本人の場合、基本的に黒髪なのでどのくらいの色に染めたいのかにもよりますが、ノンアルカリや弱酸性のヘアカラーでは思ったように染まらない可能性もあります。

まとめ

ヘアカラーは髪や頭皮にダメージがあるけど、しっかり染まる。

その反面、ヘアマニュキュアやアルカリ剤を使っていないヘアカラーでは、髪や頭皮にはやさしいけど染まりが悪い。

一度、髪の内部に浸透したアルカリ剤というのは中々、外には出ていきません。

毎日のシャンプーによって、少しずつ中和されるのです。

残念ながら、しっかり染まるけど髪や頭皮にダメージを与えないヘアカラーは存在しません。

どっちを取るかは「あなた次第」ってことになりますが、髪を傷めたくないのであればヘアカラーはしない方が無難でしょう。