頭皮がかゆい!脂漏性皮膚炎の原因から治し方までわかりやすく解説!

この記事では、女性にも起こりやすい

脂漏性皮膚炎の原因から治し方まで

とにかくわかりやすく解説しています

 

毎日、ていねいにシャンプーをしているのに頭がかゆみやフケが治らない場合、もしかしたら脂漏性皮膚炎の可能性があります。

この記事を最後まで読んで頂くことで

  • 脂漏性皮膚炎の基礎知識
  • どのような人がなるのか
  • 脂漏性皮膚炎の治し方

など、脂漏性皮膚炎のことがよく分からない方も、理解することができるくらいわかりやすく解説しています。

→脂漏性皮膚炎の専門医が監修したシャンプー

脂漏性皮膚炎とは?

脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は、赤ちゃんから大人まで起こる皮膚の病気です

頭や顔などの皮脂の分泌が盛んな箇所にできる湿疹で、脂漏性湿疹とも呼ばれています。

「脂漏性皮膚炎=脂性肌」のイメージがありますが、これは間違いです。

脂漏性皮膚炎は、皮脂が分泌しやすいところに起こる皮膚炎の総称

    さくら さくら

日本人の4~5割が脂漏性皮膚炎になりやすい肌質といわれています。

つまり、脂漏性皮膚炎は特別なものではなく、非常に身近な皮膚炎ということなんです

脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因は、私たちの皮膚に存在する常在菌の一種である「マラセチア」が増殖や、皮脂の分泌や肌質が関係しています。

 さくら さくら

マラセチアは脂を好む真菌、いわゆるカビです。

マラセチアは頬やTゾーン、頭皮に存在する皮脂が大好物な細菌

皮脂を好んで食べることで頭で増殖し、肌に炎症を起こします。

ただ、このマラセチアが起こす肌の炎症だけでは脂漏性皮膚炎にはなりにくく、花粉やハウスダストなどの異物の侵入も要因といわれています

そして、マラセチアが増殖すると「遊離脂肪酸」という「酸」を分泌します。

この遊離脂肪酸には刺激があり炎症やかゆみ、フケを引き起こす原因に。

で、脂漏性皮膚炎ができやすい場所は

  • 髪の生え際
  • 眉間
  • 鼻の脇(小鼻)
  • 耳の裏

など、皮脂腺が発達している場所に出やすく「赤み・かゆみ・皮むけ」などの症状が現れます

頭皮に炎症が起こると皮膚が剥がれ、ベタついたフケが出るようになります。

また、マラセチアが増殖すると頭皮のバリア機能が低下するため外部刺激を受けやすくなり、かゆみが発生するんです。

自宅で脂漏性皮膚炎を改善する方法

脂漏性皮膚炎は、基本的に皮膚科でステロイドや抗真菌薬、抗アレルギー剤、ビタミン不足の場合はビタミン剤を処方して治療することが基本になります。

それ以外にも、自宅で脂漏性皮膚炎を改善するためには

  1. シャンプーを変える。
  2. 生活習慣を見直す。

この2つが重要です。

では、一つずつ解説していきます!

シャンプーを変える

頭皮の状態は個人差が大きくシャンプーは、合う合わないの違いが出やすいです。

で、フケやかゆみを抑えようと洗浄力の強いシャンプーを使う方がいますがこれはNG。

洗浄力の強いシャンプーは、必要な皮脂まで落としてしまい逆に頭皮が乾燥します。

なので皮脂が多い方は、できるだけ刺激が少ない方法で洗うことがポイント

そこで、余計な皮脂は落としながらも必要な皮脂は残してくれる、アミノ酸洗浄成分が入ったマイルドなシャンプーがおすすめです。

また、洗い方も気をつけましょう。

    さくら さくら

皮脂を落とそうとゴシゴシ洗ってはダメです。

指の腹で「円を描く」ように頭皮をやさしく洗い、すすぎもシャンプーの洗浄成分が残らないように時間をかけてすすぐようにしてください

脂漏性皮膚炎に最適「KADASON」シャンプー

カダソン

カダソンスカルプシャンプーは

  1. マラセチアを殺菌する。
  2. 頭皮のかゆみを抑える。
  3. 頭皮の保湿を保つ。

など、脂漏性皮膚炎に特化したシャンプーです

皮脂や汚れを落とすことで頭皮マラセチア菌の繁殖を抑え、頭皮や髪を健やかにキープ!

また、油分を含まない保湿成分を配合しているため、ベタつかずに頭皮を適度にうるおいを与えてくれるのも特徴。

さらにパラベン、鉱物油、合成着色料、合成香料、石油系界面活性剤、シリコンが無添加の99%天然由来成分でつくられています。

繰り返す脂漏性皮膚炎をしっかり治したい方におすすめです

生活習慣を見直す

実は脂漏性皮膚炎は、生活習慣と深い関係があります。

たとえば、脂っこい食事や甘い物を摂りすぎると脂漏性皮膚炎が悪化します

これは上記でもお伝えしたように、マラセチアは皮脂が大好物だから。

脂っこい食事や甘い物を積み重ねてしまうと、体が代謝できる量を超えた脂質や糖質を取り込んでしまいます。

で、余った脂質や糖質が顔や肌、頭皮から分泌されマラセチアのエサに。

つまり、脂漏性皮膚炎は生活習慣を見直すことで改善、予防をすることが可能です

油分の多い食事を減らし、牛乳・卵・レバー・しじみ・ほうれん草・トマト・キャベツなどのビタミンB群を多く含む食品を意識的に食べるようにしましょう。

    さくら さくら

とくにビタミンB群やCを摂るようにしてくださいね。

ビタミンB群やCは、頭皮の代謝に必要なビタミンで、このビタミンが不足すると炎症の回復が遅くなります。

チェックポイント
ビタミンB群の中でも、ビタミンB6やB12は脂質の代謝を促してくれるビタミンです。

 

また、コーヒーやアルコール、香辛料も脂漏性皮膚炎の原因になるため、摂取しすぎないようにしてください。

ストレスや睡眠不足を避け、できるだけ規則正しい生活を心掛けるよう努力することも大切です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

脂漏性皮膚炎は、長期的に治していく必要があります。

シャンプーや生活習慣を見直すことで改善してくので、焦らずにケアしていきましょう!