世界一わかりやすく解説!18-MEAの知られざる効果とは?

ダメージヘアの方はこんな悩みがありませんか?

指通りが悪い。
髪の毛同士が絡み合う。
髪がバッサバサでまとまらない。
ツヤがなくて髪が疲れて見える。

これらの原因は、もちろんヘアダメージによって起こることですが、実は「18-EMA(イーエムエー)」がダメージを受けているからなんです。

最近では、18-MEAが配合されたシャンプーやトリートメントも販売されていますが、正直「18-MEAってなに?」って、思いながら使っていませんか?

そこで今日は、髪の天然保護膜である18-EMAについて書いてみたいと思います。

そもそも、18-MEAってなに?

18-MEAは正式名称を「メチルエイコサン酸」といって、キューティクルの表面に存在し指通りをよくしたり、髪にサラサラ感を生み出す大切な成分です。

ほとんどの方は、キューティクルがツヤやサラサラ感を出していると思っているでしょうが、実はこの18-MEAがカギ。

    さくら さくら

ここからは、分かりやすいように図解入りで説明しますね。

キューティクルは髪の表面に三層構造に重なり合って張り付いています。

キューティクル

キューティクルは髪の最後の砦といわれるくらい大事な物質で、外部の刺激から毛髪内部を守り、髪にツヤを与える役割があります。

このキューティクルがダメージを受けて剥がれたりめくれたりすると、髪内部のタンパク質が流れ出してツヤがなくなったり手触りが悪くなるんです。

↓キューティクルの詳しい記事はこちらです。

で、このキューティクルの表面には「18-MEA」が存在しています。

18mea

このように、18-MEAがキューティクルを覆うことで髪全体を守ってくれるんです。

健康なキューティクルであれば、この18-MEAがたくさんくっついています。

この18-MEAの1つを拡大するとこんな感じ。

ポイント
18-MEAがキューティクルの表面にたくさん貼りつくことで、手触りを良くしたり髪にしなやかさを出します。

小さいけれど大きな役割を果たす18-MEA

キューティクルはほとんどの方が知っていると思いますが、実はこの18-MEAは小さいですが髪にとっては大きな役割を果たしています。

18-MEAは天然のシリコンともよばれ、髪の毛がもつれるのを防いだり、指通りを滑らかにしてくれるとっても大切なモノ。

また18-MEAは脂質の性質があり、バッサバサの髪をサラサラ&ツヤツヤの髪にしているのも18-MEAのおかげなんです。

あと脂質なので「疎水性」があります。

    さくら さくら

簡単にいうと、水を弾くということです。

つまり、「健康な髪=脂ぎっている」んですね。

でも、この髪を濡らした時に水を弾くことはとっても大事なんです。

18-MEAは実は弱虫!?

なぜ、髪が水を弾くことが大切なのでしょうか?

髪はダメージを受けると18-MEAが減ってしまい、撥水していた髪が親水性に変化してしまいます。

髪が親水性になると水を弾かなくなり、キューティクルが水分を抱え込んで広がりゴワつきを発生させ指通りが悪くなる原因になるんです。

でも、「18-MEAが減少するのが分からない?」って、人もいると思います。

わかりやすい例えをすると、海で泳いだあとって髪の毛がバッサバサになって、引っかかりやすくなりませんか?

これが18-MEAが減少した証拠

海水のアルカリ性と太陽の紫外線によって簡単に18-MEAは剥がれてしまいます。

 さくら さくら

18-MEAはアルカリ性に弱いんです。

さらに、この18-MEAは毎日のシャンプーやドライヤー、ブラッシングなどでも簡単に剥がれてしまうんです。

だからパーマやヘアカラーなんてした日には、あっという間に18-MEAは無くなっちゃいます。

注意ポイント
パーマ1回で30~50%、ヘアカラーだと70~80%も無くなってしまいます。

 

ちなにみですが、ブリーチすると1回で18-MEAが全滅するデータもあります。

健康な髪の18-MEAはこんな感じ。

で、ダメージを受けた18-MEAはこんな感じ。

キューティクルに密集していた18-MEAが剥がれてスカスカ状態になるので、髪にツヤやしなやかさが失われてしまうんです。

一度、失った18-MEAは復活しない!

このように18-MEAの存在はあまり知られていませんが、とっても大切な物質だということが分かって頂けたと思います。

しかし!この18-MEAは一度剥がれてしまうと、キノコのように新しいモノが生えてくることはありません

 さくら さくら

つまり、一度剥がれてしまうと二度と再生することはないんです。

でも、トリートメントに「18-MEA配合」なんて書いてあるのを見たことがありませんか?

「剥がれたってトリートメントで修復できるじゃん」って、思うかもしれませんが残念ながら「錯覚」です。

科学的につくられた18-MEAは、髪の毛と同化もしなければ結合もしないので増えることはありません

髪がツヤツヤになるのは、トリートメントの被膜がダメージヘアを覆っているだけなんです。

まとめ

18-MEAの存在は余り知られてませんが、髪にとってとても大切なことがわかったのではないでしょうか?

しかし、この18-MEAは一度剥がれてしまうと、再生することはありません。

でも、何もしなければ髪はバッサバサのまま。

なので、シャンプーやトリートメントの疑似18-MEAで髪を保護しましょう。

何もしないよりはマシです。