足汗がひどい!原因から失敗しない対策法までわかりやすく解説します!

床に足跡がつく
足汗をかくと足がクサい!

素足でパンプスを履くと足汗で滑ったり、ブーツなんかは脱いだ後に悪魔のような臭が・・・。

考えただけでもストレスになりますよね。

そこでこの記事では、足汗の原因から対策法まで、はじめての人向けにわかりやすく解説しています。

    さくら さくら

最後までご覧くださいね。

足汗をかく原因を探る!

そもそも、足汗をかく原因は大きく分けて3パターンあります。

  1. 温熱性発汗:暑い時や運動した時にかく。
  2. 味覚性発汗:辛いものを食べた時にかく。
  3. 精神性発汗:緊張した時にかく。

この中でも、足汗の原因は①と③です。

では、詳しく見ていきましょう!

暑い時や運動した時にかく

汗を拭く女性

足汗をかく一番の理由は「体温調整」です。

実は足の裏は脇や背中などに比べ、5~10倍の汗腺があるので汗をかきやすく、1日にコップ1杯(200cc)汗をかくといわれています。

 さくら さくら

とくに20~30代の人がかきやすいようです。

気温の上昇や運動した際に、高くなった体温を下げるように“視床下部”という部位が「汗を出して!」と命令し汗を出します。


引用:汗の基礎知識

これは、私たち人間が36.5℃前後に体温を保つ機能が備わっているから。

体温を一定にしておかないと、身体機能が正常にはたらかなくなってしまいます。

極端なことをいえば、汗をかかないと熱が体にこもってしまい「死に至る」ことも。

つまり、汗をかくことは生きていく上で極めて重要なはたらきをしています

で、この体温調節でかく汗(温熱性発汗)は、足の裏だけでなく全身から出るのが特徴です。

ストレスや緊張

ストレス

体温調節以外にも足汗が出る原因が、ストレスや緊張。

 さくら さくら

5割以上の人が、ストレスや緊張で汗をかくようです。

これは「精神性発汗」といわれ、主に足の裏や脇にかきやすいのが特徴

精神性発汗は、温熱性発汗と違い「突発的」に出るため、自分の意志でコントロールすることができません

で、精神性発汗の場合、アポクリン汗腺から出る汗がほとんど。

アポクリン汗腺から出る汗には「脂質、タンパク質、糖質、アンモニア」などの成分が含まれ、白く粘り気があります。

このアポクリン汗腺から出る汗を雑菌が分解することで、独特の臭いが発生するのです。

足汗対策!自宅でできる4つの基本対策を紹介

はじめに、足汗を完全に止めることはできません

もし、足汗を止めたとしても「代償性発汗」が起る可能性があります。

チェックポイント
代償性発汗とは、ある一部分に汗をかかなくなった代わりに、違う部分(背中・脇・顔)の汗の量が増えることです。

 

なので、足汗を止めるのではなく、足汗を減らすことを意識しましょう

これから紹介する方法は、どれも簡単なので試してみてください。

通気性のよい靴下に替えてみる

手っ取り早く足汗を抑えるなら「靴下」を換えてみましょう。

販売されている多くは綿100%の靴下ですが、綿は吸湿性がよい一方で乾きにくいデメリットがあります。

靴下はシルクや麻、ウールなど、吸湿性と速乾性にすぐれた靴下がおすすめです。

また、臭いが気になる人は、消臭、抗菌加工が施されている靴下を選びましょう。

臭い物質を吸着する成分を繊維に織り込むことで、汗だけでなく消臭効果も発揮してくれます。

足汗と臭いを抑える靴下「リンマー」

リンマー

リンマーは、発売から8万足以上売れている消臭率99%の靴下。

リーマンの特徴は

  1. 50回以上洗濯しても消臭効果が持続する。
  2. 靴下の中で雑菌が繁殖しにくい。
  3. 竹炭を使用しているので温かい。
  4. ストレッチ素材で履きやすい。

公式サイトに書かれていることをまとめるとこんな感じです。

リンマーは「消臭・調湿・抗菌力」が高い備長炭を繊維に練り込むことで、蒸れにくく臭いを抑える靴下

実際に購入された方の口コミをみても

口コミまとめ

  • 足汗がすごいですが、この靴下を履くとサラッとしています。
  • 普通の靴下より断然、防臭効果があります。
  • 1日中革靴を履いても足がほとんど臭くありません。
  • 値段は高いですが、これを履いたら手放せません。

    など、高評価の口コミがたくさんあります。

    また、リンマーはハイソックスで適度な着圧効果があるので、むくみが気になる女性にもぴったりです。

    気になる価格は、2足+1足無料で3,280円(税込)

        さくら さくら

    通常6,840円なので、3,560円引き。

    ただし、この値段はキャンペーン価格なので、無くなり次第終了となります。

    気になる人は、公式サイトを確認してくださいね。

    期間限定キャンペーン実施中!

    運動して汗をかく

    「運動して汗をかいたら意味ないんじゃないの?」って、思いますよね。

    ですが、汗には「良い汗」と「悪い汗」の2種があるって、知ってましたか?

    体温が上昇すると体が発汗させる準備をするため、血液からミネラルと水分が汗腺に取り込まれます。

    このとき、身体にとって大切なミネラルは血液に再吸収されて、水分だけが皮膚の表面から出ます。

    これが「良い汗」です。

    逆に、ミネラルが再吸収されずに水分と一緒に出てくるのが「悪い汗」。

     さくら さくら

    普段、あまり汗をかかない人に多く見られます。

    悪い汗は濃度が高く粘りけがあり、蒸発しにくいため、体温調節するうえで効率が悪いんです。

    なので、体をうごかし普段から汗をかく習慣を身につけておくことで、汗腺が鍛えられ「良い汗」をかけるようになります。

    良い汗は”水に近い汗”なので蒸発しやすく、足汗をかいても臭~いニオイを抑えることもできますよ♪

    入浴方法を変える

    運動が苦手な人や、運動する時間が取れない人は「入浴」でも汗腺を鍛えることができます。

    で、入浴方法にも

    1. 手足高温浴
    2. 半身微温浴

    この2種類があります。

    手足高温浴

    手足高温浴は、手足の先端の汗腺を42~43℃の少し熱めのお湯で刺激することで、汗腺のはたらきを活発にする方法です。

    浴槽内に椅子を入れて座り、ひじから先とひざから下を10~15分ほどお湯に浸けましょう。

    汗が出にくかったり、肌が赤くなるようなら汗腺の機能が低下している証拠。

    このような場合は、40℃のお湯から慣らしていくようにするといいですよ。

    半身微温浴

    半身微温浴は、その名の通り36℃のぬるま湯で半身浴を行う方法です。

    この方法は手足高温浴と違い、体の深部からじっくり温めることで汗腺を鍛えます。

        さくら さくら

    半身浴の目安は10~15分程度です。

    注意ポイントとしては、入浴前後や入浴中は水分補給をするようにしてください。

    また、湯上がりは自然に汗が引くのを待ってから着替えるようにしましょう。

    足汗専用商品を使う

    足サラ

    上記のように、体質改善をしながら足汗を抑える専用商品を合わせて使うこともおすすめです。

        さくら さくら

    速効で効果を実感したければ、専用商品だけでもOK!

    で、足汗を抑えるおすすめ商品が「足サラ」。

    足サラの特徴をまとめると

    1. 使用者の97.7%が効果を実感。
    2. 足汗と臭いをダブルで抑えてくれる。
    3. スプレーするだけの簡単ケア。
    4. お肌にやさしい無添加処方。
    5. 安心安全の国内生産。

    こんな感じです。

    足サラは、汗を抑制しながら有効成分で雑菌をやっつけることで

    “汗”と“ニオイ”を同時にブロックすることができます。

    足サラ

    継続して使う必要がありますが、使用者の97.7%が実感しているので、期待が持てる商品。

    実際に使った方の口コミをまとめると

    口コミまとめ

    • 足汗が少なくなりました。
    • 安心して素足でサンダルが履けます。
    • 1日履いた靴下でもほとんど臭いがしません。
    • スプレーなので、手が汚れなくて使いやすいです。

     

    このように、評価が高い口コミもたくさんあります。

    送料無料のお得な定期コースも用意されているので、気になる方は公式サイトをチェックしてくださいね♪

    足汗は冷え性の原因にも

    防寒対策をバッチリしているのに、足だけが冷たい・・・。

    そんな経験ありませんか?

    実はこの防寒対策が「冷え性の原因」になっていることがあるんです。

    足先は心臓から一番遠いので、冷えやすい部分。

    で、体は体温を一定に保つ機能があるので、足先が冷たいと温めようとたくさんの血液をおくります。

    そうすると、今度は体温が上がりすぎることを防ぐために、発汗作用が起こり足汗をかいて体温を下げようとします。

    結果として「汗冷え」によるつらい“冷え足”を招いている可能性が高いのです。

    今すぐできる足の冷え性対策

    足の冷え性改善で思いつくことは、足を温めることですよね。

    確かに足を温めることは大切ですが

    1. 足汗を抑える。
    2. 靴の蒸れを防ぐ。

    この2つを予防することで、さらに冷え性対策に効果がアップします。

    足汗を抑える

    足専用の制汗剤を使うことで、毛穴を引き締めて足汗を抑えることができます。

    引用:足先が冷える原因は足汗?今すぐできる簡単対策

    このように、足汗を抑えることで冷えを防ぐことが可能に。

    また、足汗を抑えることで臭いの元となる雑菌の繁殖も抑えられるので、冬場のブーツの汗・臭い対策にもおすすめです。

    靴の蒸れを防ぐ

    汗が出にくい素材の靴を履くことも、足汗を抑えるためには大切。

    でも、お気に入りの靴を履きたいし・・・。そんなときは、吸汗性のあるインソールの使うことがおすすめ。

    汗をすばやく吸収し乾かすことで蒸れや臭いを軽減してくれます。

    さらに、履きっぱなしにしないで、帰宅後は靴を乾燥させたりするなど、対策をしておくようにしましょう。

    まとめ

    いかがでしたでしょうか。

    足汗は臭いだけでなく、冷え性の原因にもなるのでできるだけ早く改善することが大切です。

    今回ご紹介した方法はどれも簡単なので、あなたが無理なくできる方法からはじめてみてください。

    足汗や臭いが減ることで、楽しい日々が待っていること間違いありませんよ。