抜け毛に悩む女性に効果的な育毛シャンプーってあるの?

あなたはこんな悩みがありませんか?

  • 排水口に髪の毛が溜まるペースが早くなった
  • 洗面台に抜け毛がたくさん落ちる
  • 分け目やつむじ周りが気になる
  • 髪が細くなった気がするんだけど・・・

若い頃は気にならなかった抜け毛が「35歳を過ぎた頃から急に増えた」そんな女性も少なくありません。

    さくら さくら

花王のアンケート調査では、35歳以上の63%の人が「抜け毛が増えた」と答えています。

そのため40歳ごろから髪にボリュームがなくなり、分け目が気になる方が増える傾向にあるようです。

抜け毛に育毛シャンプーは効果なし!?

結論からいうと、抜け毛が増えたからと言って育毛シャンプーを使っても抜け毛が減ることはありません。

こちらの記事でも書いていますが、「抜け毛や薄毛=体内環境」なので、体内環境を改善しない限り良くなることってないんです。

で、体内環境が原因であれば、生活習慣を見直す事が抜け毛を少なくする一番の近道。

抜け毛の原因である生活習慣を改善しないのに、育毛シャンプーを使ったところで効果がないのはお分かりいただけると思います。

わかりやすい例えで言えば、お腹が痛いのに頭痛薬を飲んでいるようなモノ。

 さくら さくら

お腹が痛いと言う原因に対して、その対処法が頭痛薬では効くわけありません。

さらに、女性はホルモンバランスが乱れることでも抜け毛が増えます。

それに対して、育毛シャンプーを使ってもまったく効果なし!そんな感です。

全く効果が期待できない育毛シャンプーとは?

あなたが育毛シャンプーを探している時、シャンプーボトルにこんなことが書いてあったら気をつけてください。

「○○エキス配合で毛根に働きかける」とか「○○有効成分が元気な太い髪にしてくれる」とかね。

これらはシャンプー後の育毛剤の浸透を助けるためには効果的ですが、シャンプー自体にそのような効果はありません

 さくら さくら

洗い流せば成分も流れてしまいます。

基本的にシャンプーは「髪や頭皮を洗う」モノであって、育毛効果は1mmも期待できません。

育毛シャンプーはどんな原因なら効果があるの?

では、育毛シャンプーって全く意味がないのでしょうか?

育毛シャンプーが抜け毛に直接効果を発揮することはありませんが、育毛シャンプーでも効果が期待できる原因があるとすれば「過剰な皮脂分泌」です。

皮脂が過剰に分泌されると頭皮が炎症を起こし、抜け毛になりやすいと言われています。

頭皮の皮脂量が増えてしまう原因としては

  1. 頭皮がしっかり洗えていない
  2. シャンプーが合わない・シャンプーのし過ぎ
  3. 脂質の摂り過ぎ

などが挙げられます。

過剰な皮脂分泌が続くと「脂漏性脱毛性」という症状になることもあるので、皮脂の分泌をコントロールすることが大切。

育毛シャンプーを使うことで皮脂分泌を少なくしたり予防することができるので、毎日シャンプーしているのに髪がベタついたり、頭皮が脂っぽい人にはおすすめです。

育毛シャンプーを選ぶ基準

一言で育毛シャンプーっていっても、大きく2種類に分類されます。

1.しっかりと頭皮の皮脂を落とす

これは上記でお伝えしたように、皮脂が毛穴に詰まることによって頭皮環境が悪化し、抜け毛の原因になるのでしっかり皮脂が取れる洗浄力の強いシャンプー。

2.頭皮をやさしく洗い上げる

こちらは皮脂を取り過ぎないで、うるおいを守りながらやさしく洗い上げるアミノ酸やオーガニックを使用した、マイルドなシャンプー。

洗浄力の強いシャンプーと洗浄力の弱いシャンプー。

まるっきり正反対の作用なので、どっちを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

「しっかり洗って皮脂を落した方がいいの?」それとも「乾燥を防ぐためにやさしいシャンプーがいいの?」ってね。

 さくら さくら

実は多くの方がこの選択で迷うんです。

アミノ酸シャンプーとかだと毛穴の皮脂がきちんと洗い落とせなかったり、逆に洗浄力が強いと皮脂を取りすぎて頭皮が乾燥したり・・・。

ポイント

洗浄成分の強いシャンプーで皮脂を取りすぎると頭皮が乾燥し、その乾燥をうるおそうと余計に皮脂を分泌してしまいます。

洗浄力の強いシャンプーと、マイルドシャンプー。

結局のところ、どっちも間違いではありませんが、どっちもベストではないんです

抜け毛で悩んでいる人に最適なシャンプーとは?

では、抜け毛で悩んでいる方におすすめのシャンプーはあるのでしょか?

その答えは、育毛シャンプーにこだわるのではなく、「頭皮環境を整える」ことが大切なんです。

確かに、「毛穴の皮脂を根こそぎ洗い流す」とか「元気で太い髪の毛を育てる」なんて言葉を聞くと、なんだか効きそうな気がしちゃうのも事実。

でも、極論を言えば「洗浄力の強さ」だとか「天然成分を使っている」などは、ど~でもいいんです!

それよりも「頭皮環境を整える事」が一番。

洗浄力が強くたって、マイルドなシャンプーだって、「毛穴の汚れをしっかり落としながらも必要な皮脂は残す」。

これが抜け毛で悩んでいる方には最適なシャンプーになるんです。

シャンプーを変えたら数カ月は我慢して使う

案外知られていない事ですが、頭皮は体の排泄器官の一部でもあります。

なので油ものをたくさん食べたり、食生活が偏ったりすると皮脂分泌が多くなり当然、頭皮からも皮脂がバンバン出ます。

で、上でもお伝えしましたが、このような場合マイルドなシャンプーから洗浄力の強いシャンプーに変えることで皮脂がしっかり落ちるのですが、今度は身体が「皮脂が足りない!」と命令を出し余計に皮脂分泌が盛んになります。

ただ、ここでまたシャンプーを変えたりするのはNGです

頭皮環境が変わると当然ですが皮脂分泌量も変化するので、1~2ヵ月くらいは同じシャンプーで様子を見ることをおすすめします。

皮脂分泌を正常化させるマル秘洗髪法

シャンプーを変えたら最低、1~2ヵ月、できれば3ヵ月くらい同じシャンプーを使い続けることで、頭皮の皮脂分泌量は正常になってくるはずです。

「でも、そんなに我慢できない!」そんな方のために、時短で皮脂分泌量を正常にする洗い方をお伝えします。

その方法は「毎日、同じ時間にシャンプーする」こと。

シャンプーするサイクルを一定化することで、皮脂分泌量も正常化しやすくなります。

「同じ時間にシャンプーなんてできないよ!」って方もいるかと思いますが、大ざっぱに考えて大丈夫。

極端な例えとして、毎日髪を洗っていたのを2日に1回にするとか、1日に何回もシャンプーしたりとかはダメってことです。

ポイント

夜に髪を洗うって決めたらそれを守ることが大事なので、時間にこだわる必要はありません。

朝洗ったり、夜洗ったり、1日に何回も洗ったりと不規則になると皮脂分泌量も不規則になってしまいます。

これって、意外と大事な事なのでよく覚えておいてくださいね。

油の取りすぎや偏った食事も皮脂分泌量を増やす原因ですが、不規則なシャンプーも皮脂分泌量を増やすので気を付けましょう。

シャンプー後のすすぎはしっかり行う

これは基本中の基本ですが、シャンプーしたら泡をしっかりと洗い流してください。

いくら頭皮や髪に負担がかからないシャンプーでも、洗浄成分が髪や頭皮に残留するとヘアダメージや頭皮環境の悪化につながります。

    さくら さくら

目安としては1分髪の毛を洗ったら、すすぎに3分はかけましょう。

また、トリートメントは髪の毛につけるようにして頭皮にはつけない、シャンプー後は雑菌の繁殖を防ぐためにもドライヤーで素早く乾かす。

など、一連の流れはとっても大切なことなので守るようにしてくださいね♪

まとめ

抜け毛や薄毛の大きな原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣などが大きく関わっているので、育毛シャンプーを使ったとしても直接的に抜け毛が減るわけではありません。

あくまでも頭皮環境を整える効果のみです

なので、育毛シャンプーの役目は、皮脂分泌を正常化して毛穴の詰まりを防ぐことによって育毛剤の浸透を助ける「スーパーサブ」的な存在。

基本的に抜け毛の直接の原因を見つけ、それに対して対策を行いながら育毛シャンプーを使うことが最も効果的と言えます。