ダメージヘアシャンプーは傷んだ髪にやさしいって本当!?

ヘアダメージを何とかしたい方は

  • 市販のシャンプーやサロンシャンプーを色々試してみる
  • アットコスメの口コミやシャンプー解析サイトを見まくる

こんな感じでダメージヘアシャンプーを探していると思います。

でも、結局のところ「どのシャンプーを選んで良いのか分からない!」そんな方も少なくありません。

そこで今日は、ダメージヘアに最適なシャンプーについて書いていきたいと思います。

傷んだ髪にはダメージヘアシャンプーがおすすめ!?

テレビCMやシャンプーのサイトを見ていると、こんなキャッチコピーが目に入りませんか?

  • ドライヤーの熱からキューティクルを守り、髪と地肌を健やかに保ちます。
  • 天然成分をたっぷり配合したアミノ酸シャンプーが傷んだ髪にやさしく作用し、集中的にダメージヘアをケア!
  • カラーやパーマで傷んだ髪を内側から修復し、うるおいを与えてくれるオイルシャンプー。
  • 髪と頭皮のうるおいを保ち、しっかりまとまる美髪へ。

など、まだまだたくさんありますが、これらのキャッチコピーを見ていると、本当に効果がありそうな感じになってきますよね。

    さくら さくら

キャッチコピーは商品を売るための一つの方法です。

ダメージヘアシャンプーが効果がない理由

シャンプー解析サイトでも同じような評価をしていますが、これらを総合的に判断すると「ダメージヘアには優しい洗浄成分が入ったシャンプーを使いましょう!」って、ことになります。

でもね、そもそもその考え方が間違っているんです。

↓こちらに詳しく書いています。

ダメージヘアの大きな原因は

  1. ヘアカラーやパーマ、縮毛矯正によるダメージ
  2. 自宅で行うセルフケアが間違っている

この2つが主な原因ですが、その対策に髪や頭皮にやさしいオーガニックシャンプーやアミノ酸シャンプーを使ってもあまり意味がありません。

 さくら さくら

原因と対策の関連性が違うんです。

つまり、ヘアカラーやパーマ縮毛矯正などで傷んだ髪に、マイルドなシャンプーを使ってもヘアダメージが治ることは1%もありません

ヘアカラーやパーマでダメージを受けたのなら、薬剤や施術法を見直す事が「原因に対する対策」なんです。

だから本来は「ヘアカラーやパーマで髪が傷む→傷みにくい薬剤や施術法を美容師さんに相談する」これが「正解」。

それなのに「ヘアカラーやパーマで髪が傷む→ダメージヘアシャンプーを使う」では、1mmも関連性がないんです。

ダメージヘアシャンプーの本当の使い方

結論からいうと、ダメージヘアシャンプーの正しい使い方は「毎日少しずつ痛めている髪をこれ以上傷めないようにするため」なんです。

ダメージヘアシャンプーって言うと、傷んだ髪を復活させてくれそうなイメージがありますが、本来はパーマやヘアカラーで傷んだ髪をケアするものではありません。

それよりも、毎日に当たり前のように使っているシャンプーが少しずつ髪を傷めているんです。

実は、あなたが毎日使っているシャンプーが髪を傷める原因の一つになっていたんです。

この事実を知っている方はほとんどいません。

 さくら さくら

教えてくれる人がいないだけなんですけどね。

そんな、シャンプーによるダメージを最小限にするために「ダメージヘアシャンプー」を使うのが本当の使い方なのです。

どうして、シャンプーすると髪が傷むの?

毎日使っているシャンプーがダメージの原因になると書きましたが、「嘘でしょ?」って思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで質問です。

シャンプーやトリートメントすると、髪の手触りやツヤが良くなりませんか?

「良くなってます!」と言う答えが多いと思いますが、この「髪の手触りやツヤ」が髪を傷める原因なのです。

ではなぜ、髪の手触りやツヤが良くなると髪を傷めるのでしょうか?

それは、皆さんが毎日している「メイクと同じ」だから。

1日中、誰にも会わないで家で引きこもっている場合は別にして、ほとんどの方が毎日、メイクをすると思います。

でも、

  • メイクを落とさないで寝ますか?
  • クレンジングしてスッピンになった肌にファンデをして寝ますか?
  • クレンジングしても1週間は落ちないファンデーションがあったら使いますか?

どれも「ノー」ではないでしょうか^^;

    さくら さくら

メイクしたらクレンジングや洗顔で肌をスッピンにしますよね。

実は「髪の毛」にも同じことが言えるんです。

髪に良いと思っていたことが実は、ダメージを与えていた!

髪の手触りやツヤが良くなるのは、肌にお化粧をするように「髪にメイク」をするからです。

メイクを落とさないで寝た次の朝は、肌に凄く負担がかかっているはず。

肌が弱いからと、洗浄力のやさしいクレンジングや洗顔フォームを使ってメイクを落としても、しっかりファンデが落ちていないのにその上からまたファンデを塗ると肌はボロボロになってしまいます。

    さくら さくら

髪の毛も全く一緒なんです。

手触りやツヤが良くなるってことは、トリートメントと言うファンデーションをしてキレイに見せているだけ

しかも、ダメージヘアには洗浄力がマイルドなアミノ酸シャンプーやオーガニックシャンプーを使うもんだから、汚れだけでなくトリートメントも落ちません。

ちゃんと汚れやトリートメントが落ちていないのに、その上からトリートメントやヘアケア剤を使うから余計に髪が傷んじゃうんです。

つまり、ヘアダメージを改善しようと、ツヤツヤ・サラサラになるシャンプー&トリートメントを使うからヘアダメージが増えるんですね。

1日1回は、スッピン髪にしよう!

メイクと同じで、シャンプーやトリートメントも1日だけキレイに見せるのは全然OKです。

で、1日が終わった後は、髪をキレイに見せてくれていたヘアケア剤をちゃんと落としてくれるシャンプーと、必要以上に髪をコーティングしないトリートメントを使いましょう。

    さくら さくら

スッピン肌に化粧水や乳液を使う感じです。

髪の毛も休息させる時間が必要ってことですね。

まとめ

上記で書いたことをまとめると、ダメージヘアシャンプーが効果的なのは「シャンプーによって受けたダメージ」のみです。

なので、パーマやヘアカラーで傷んだ髪にダメージヘアシャンプーを使っても、あまり効果がありません。

そして、今よりダメージヘアを抑えるには、1日1回は「スッピン髪」にする事が大切。

ヘアケアの基本って、たったこれだけなんです