初心者必見!シャンプー解析サイトの信憑性は真っ赤なウソ!?

シャンプー解析サイトを見る方って、やっぱりヘアダメージや頭皮のことを気にしている方が多いと思います。

  • どんな成分が使われているの?
  • 危険な添加物はない?
  • 薄毛や抜け毛に効果的なシャンプーは?
  • 刺激の少ないシャンプーがほしい

など、どれが自分に合っているのか?分からないですよね。

たかがシャンプーですが、自分に合っていないシャンプーを使うとケアするどころかダメージを与えてしまうことも。

でも、本当にシャンプー解析サイトはアテになるのでしょうか?

↓この記事の続きを書きます♪

シャンプー解析サイトでは本当の解析はできない!

基本的にシャンプーの解析って、シャンプーボトルに記載されている成分を調べています。

たとえば、どんな界面活性剤が使われているのか?修復成分は何が入っているのか?添加物は何が配合されているのか?など、これらを評価してランク付けしているんです。

    さくら さくら

初心者さんにとっては、一見すると役に立つ情報です。

でも、実際のところシャンプー解析サイトの評価をアテにしてはダメ!

確かに配合されている成分に「何が使われているのか?」と言うことは大切ですが、もっと大事な事は「正確な配合量」です。

成分が分かっても、配合量がわからなければ「本当の解析」にはなりません。

つまり、内容成分だけの比較だけでではシャンプー解析の信憑性には欠けるのです

 さくら さくら

成分だけ見て良い、悪いなどの判断をすることは危険です。

シャンプー解析サイトは髪や頭皮のことを考えていない

シャンプー解析をしているほとんどのサイトは、刺激が強い界面活性剤はダメなシャンプーで、オーガニックシャンプーなどの刺激がやさしい界面活性剤が高評価になっています。

確かに、髪や頭皮に刺激が少ないってことは良いことです。

でも「汚れを落とす」事を考えたらどうでしょう?

シャンプーの目的は「髪や頭皮の汚れを落として清潔にする」ことです。

オーガニックシャンプーやアミノ酸シャンプーなどのマイルドな成分では、しっかり髪や頭皮の汚れを落とす事ができません。

汚れかしっかり落ちなければ、髪や頭皮に汚れが残ってしまい、それが酸化して毛穴を詰まらせてしまいます。

髪の毛を育てる毛穴が詰まってしまうと、頭皮環境が悪化して抜け毛や薄毛の原因にも。

さらに髪の毛だと、ヘアスプレーやトリートメントなどの被膜成分がちゃんと落ちないと、髪の毛を傷めしてしまうこともあるんです。

シャンプー解析をアテにしない!良いシャンプーの選び方とは?

では、シャンプー解析では分からない「良いシャンプー」とはどのようなものなのでしょうか?

成分で評価するのではなく、「髪や頭皮」を一番に考えると

  1. 汚れやスタイリング剤をしっかり落とす
  2. 余分な皮脂をちゃんと洗い落とす
  3. 皮脂を取り過ぎたり刺激を与えすぎない
  4. 洗浄力は強すぎず弱すぎず

こんなシャンプーが理想的ですが、このシャンプー選びが難しいんですよね?

たとえば今、販売されているシャンプーって、ダメージヘア用とか髪が細い方用とか、ボリューム感がほしい方用とか、いろんな種類のシャンプーが売られています。

とくに顕著なのが、育毛シャンプーやスカルプシャンプー。

とある製薬会社さんがつくっているスカルプシャンプーだと

  1. 朝から頭皮のベタつきが気になる方用の「ストロングオイリー」
  2. 夕方になると頭皮がベタつく方用の「オイリー」
  3. 頭皮の乾燥やフケが気になる方用の「ドライ」

 

この3種類をラインナップしていますが、この違いは「洗浄力の違い」なんです。

ストロングオイリーは洗浄力の強いシャンプーで、ドライは皮脂を取り過ぎないマイルドな洗浄力、こんな具合。

    さくら さくら

その人の頭皮の状態に合わせてシャンプーを選べるっていう事ですね。

ですが、同じストロングオイリーのシャンプーを使ったとしても

  1. 使用量や洗い方
  2. すすぎの仕方・時間
  3. 髪や頭皮の汚れ具合

などによって、同じシャンプーを使っていても洗い上がりには「差」が生れるんです。

シャンプーのは「すすぎ」によって変わってくる

たとえば、洗浄力が「5」のシャンプーがあるとします。

このシャンプーは、1日1回、1プッシュの使用量で2回シャンプーするとベストな洗浄力になります。

ポイント

髪質や頭皮の状態は普通と仮定します。

ですが、シャンプーを付ける前に入念に髪を濡らしたり、1回目のすすぎを時間をかけて丁寧に行ったとしたら、2回目のシャンプーでは洗い過ぎに。

逆に、1回目のすすぎがすご~く適当だと、2回目のシャンプーではきちんと髪や頭皮が洗えない状態に。

さらに、1プッシュの量が多かったり、少なかったりするだけでも洗い上がりに差が出てきます。

もっと言えば、1日汗をかかない生活と運動や夏場などで汗をかいている状態では、同じ使用量で同じ洗い方でも全然違ってくるんです。

特に、1回目のすすぎをしっかりやるか?やらないか?によって、シャンプーの洗浄力と言うのは大きく変わってきます。

↓この記事を読んでみてくださいね♪

シャンプーで髪や頭皮の汚れが落ちる仕組みは、界面活性剤の親水と親油が油と水をくっつけて汚れを浮かすから。

で、すすぎをすることでこの汚れを洗い流しているんです。

    さくら さくら

汚れはすすぎの時に落ちているんですね。

なので、髪や頭皮をしっかりシャンプーしても、すすぎがいい加減だと汚れが落ちません。

このすすぎを以外と軽視している方が多いですが、たとえ高級なシャンプーを使ったとしてもすすぎが悪ければ意味がないんです。

ただ、このすすぎ時間が案外難しい。

食器汚れならお皿をすすいでキュッキュッと鳴れば汚れが落ちたサインだけど、髪や頭皮だとそうはいかないんですよね。肉眼でも見えないし・・・。

だから、いくら自分に合っているシャンプーだとしても、使用量やその日の髪や頭皮の汚れ具合、すすぎ方によっても全然違ってくるんですよね。

チェックポイント

すすぎの目安ですが、洗う時間の3倍は見ておきましょう。ぬるま湯で時間をかけて、生え際などしっかりとすすぐようにしてください。

    さくら さくら

シャンプーに1分かけたら、すすぎは3分って感じです。

つまり、シャンプーは洗浄力も大切ですが、すすぎ方を意識しなければ洗浄力のレベルが「3」になったりすると言うことです。

まとめ

シャンプー解析サイトを参考にすることは、悪いことではありませんが「鵜呑み」にしてはダメ。

シャンプーの内容成分がどんなものが入っていようが、界面活性剤がやさしい、やさしくない、ではなく「髪や頭皮をちゃんと洗えるシャンプー」ってことが大事なんです。

髪や頭皮に汚れが残ったままだと、毛穴を詰まらせ抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

そして、シャンプーの工程で一番大事なのが「すすぎ」と言われるくらいなので、「時間をかけてしっかりとすすぐ」ことを意識するようにしましょう。