刺すヒアルロン酸は効果あり!?初心者向けの失敗しない選び方を紹介!

刺すヒアルロン酸って効果があるの?
選ぶポイントってなに?
痛くないのか心配
今、話題の刺す化粧品。でも、このように疑問を抱えている人も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、刺す化粧品の“核”である「マイクロニードル」の作用まで、初心者の方に向けてわかりやすくまとめてみました。

さらに、失敗しない刺すヒアルロン酸の選び方までお伝えしているので、最後までご覧くださいね♪

刺す化粧品をざっくりいうと
  • 皮膚に刺すことで成分が浸透しやすい
  • 個人差はあるが痛みはほとんどない
  • 塗る化粧品よりも効果が期待できる
  • 副作用のリスクも少ない

 

先にランキング一覧を見たい方はこちら

刺す化粧品「マイクロニードル」ってなに?

刺す化粧品を簡単にいうと、美容成分を目に見えない針(マイクロニードル)に凝縮し、シートに貼り付けた商品のことです。

私たちの肌(角質層)は、有害物質や細菌が入ってこないような役割があります。

しかも、角質層は「有害成分」と「有効成分」の区別がつきません。

なので、肌にとって有効な成分の浸透も妨げてしまうのです。

このように鉄壁な守りをする角質層に対して、美容成分だけでなく薬剤やワクチンなどを皮膚から浸透させるために開発されたのが「マイクロニードル技術」です。

    さくら さくら

マイクロニードルは、医療分野でも使われている最先端の技術のひとつです。

角質の奥まで浸透し、時間をかけてゆっくり美容成分が溶け出すので、肌にうるおいと弾力をもたらしてくれます

さくらさくら

でも、痛くないの?

「皮膚に針を刺す」って聞くと痛そうなイメージがありますが、ほとんど痛みはありません

角質層の厚さは約0.02mmしかないので、その薄い角質層にアプローチする極細の針なので安心して使うことができます。

また、各メーカーが痛みを感じにくい形状にするなど、しのぎを削っています。

さらに、マイクロニードルを貼ったあとに、穴や跡が残ることもありません

刺すヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、わずか1gで約6リットルもの水分を抱え込むことができる保湿力がある成分です。

この保湿力によって肌にうるおいを与えて、シワを目立ちにくくしてくれます。

ですが、抜群の保水力を保持するヒアルロン酸ですが、唯一のデメリットが分子量が大きいこと

わかりやすく説明すると、肌に浸透する分子量の大きさは500以下とされていますが、ヒアルロン酸は100万と、とてつもなく大きいんです。

ヒアルロン酸

なので、ヒアルロン酸を直接肌に塗っても表面しかうるおいを届けることができず、角質層の奥までうるおいを届けることは困難といわれています。

ワンポイントアドバイス
最近ではヒアルロン酸をナノレベルまで小さくした低分子ヒアルロン酸が開発されていますが、分子が小さいと水分の蒸発が早くなってしまい保湿力が足りなくなるデメリットがあります。

 

さくらさくら

サプリメントはどうなの?

確かにヒアルロン酸のサプリメントも販売されていますが、経口摂取されたヒアルロン酸は腸内で分解され、血液中を巡って肌に到達するので、効率が悪くピンポイントで効果も発揮されません。

その点マイクロニードルなら

  • 高分子のヒアルロン酸が使える。
  • 低刺激で痛みも少ない。
  • 確実に角質層の奥まで浸透させる。

など、メリットがたくさん。

しかもマイクロニードルを敷き詰めたシートを肌に貼るだけなので、誰でも失敗することなくヒアルロン酸を注入できます。

角質層は外的刺激から肌を守る以外にも、肌の水分を蒸発させない役割もあります。

ですが角質層が乾燥すると、肌の水分は簡単に蒸発し外的刺激をもろに受け肌荒れを起こしたり、くすみや肌がごわついたりするのです。

しかし、しっかり角質層が保湿されることで肌にハリが出るようになり、小じわが目立たなくなりますよ

刺すヒアルロン酸商品を選ぶ3つのポイント

マイクロニードルを選ぶときに抑えておきたいポイントは

  1. 針(ニードル)の本数が多いか?
  2. 余計な添加物が入っていないか?
  3. 続けやすい価格か?

この3つがポイントです。商品を選ぶ際はこの3つをしっかり確認するようにしてくださいね。

針の本数が多いか?

マイクロニードルで一番の要の部分である「ニードル数」。

角質層へ美容成分を直接届けるので、針の本数はとっても重要。

ニードル(針)の本数が多ければ多いほど、美容成分が角質層の隅々まで行き渡ります

 さくら さくら

ニードル数が少ないということは、それだけ成分も少ないということです。

商品によってシート1枚に100本~1,500本以上のものまで、様々あるためパッケージや購入サイトを確認するようにしてください。

ニードルの数が多いほど、翌朝のハリとうるおい感が違ってきますよ

余計な添加物が入っていないか?

マイクロニードルの役割は肌にうるおいを与えて保湿することです。

なので、余計な添加物が入っていないかも選ぶポイントのひとつ。

気をつけたい添加物は「香料・着色料・パラベン・界面活性剤・鉱物油・アルコール・防腐剤」などです。

これらは湿疹やかゆみの原因にもなるので、しっかり確認するようにしましょう。

続けやすい価格か?

マイクロニードルは角質層の奥に直接ヒアルロン酸を注入できるので、塗るヒアルロン酸よりも効果を実感しやすいメリットがあります。

ですが、1回や2回使ったからといって、すぐに効果が現れるものではありません。

続ければ効果がある一方で、使用を止めてしまうと効果も薄れてしまいます。

    さくら さくら

つまり、継続することが必要なんです。

なので、高い商品を使っても継続できなければ意味がありません。

メーカーによって価格は様々ですが、あなたが無理なく続けられる価格帯のマイクロニードルを選ぶようにしましょう。

商品の中には「返金保証」がついているモノもあるので、はじめての人は返金保証付きのマイクロニードルがおすすめです。

おすすめ刺すヒアルロン酸商品ランキング

おすすめマイクロニードルは以下の通りです。

  1. ヒアロディープパッチ
  2. ニードロップ
  3. リンクルスポットマスク
  4. 3Dマイクロフィラー
  5. イーチケアシート

それぞれの特徴をまとめてみたので、チェックしていきましょう!

第1位:ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチは、国内売り上げナンバー1の刺すヒアルロン酸化粧品。

モンドセレクション4年連続金賞受賞や、使用者の92.9%が満足しているなど、高品質の刺すヒアルロン酸です。

さらに、全額返金保証が付いていることもポイント。

実際に使ってみて効果がイマイチならお金を返してくれるので、負担もありません。

    さくら さくら

しかも、使い切っても返金OKです。

売り上げ実績日本一、高い満足度、全額返金保証付きなど、はじめてマイクロニードルを試してみる人にはおすすめの商品です。

ヒアロディープパッチの基本情報は、以下をご覧くださいね!

ニードル数 約1,500本(左右セット)
成分 ヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタなど
定価 4,421円(税別)→1枚あたり553円(税別)
定期購入 初回3,980円(税別)
返金保証 30日間
送料 無料

第2位:ニードロップ

ニードロップ

ニードロップの特徴は、業界最多の約3,600本ものニードルが貼り付けられていること。

ニードルの本数が多ければ、それだけ成分も肌に行き渡ります。

また、温感ニードルを採用しているので、疲れた目元をやさしくケア。

さらに、ニードルの先が台形になっているので、痛みが少ないのもポイント

定期購入なら20日間返金保証&回数の縛りなしなので、ニードロップもはじめて使う人にはおすすめできます。

ニードロップの基本情報はこちらです♪

ニードル数 約3,600本(左右セット)
成分 ヒアルロン酸、マリンコラーゲン、グリセリンなど
定価 6,000円(税別)→1枚あたり750円(税別)
定期購入 初回1,980円、2回目以降5,100円(税別)
返金保証 20日間
送料 無料

第3位:リンクルスポットマスク

リンクルスポットマスク

リンクルスポットマスクは、ヒト幹細胞の「エクソソーム」を配合したマイクロニードル。

エクソソームは、シワやたるみなどのエイジングサインに効果が期待できる美容成分です。

ニードルの本数は2,600本とニードロップに比べると少ないですが、他の商品よりもニードルが長いので、有効成分を確実に角質層の奥まで届けてくれます。

こちらも30日間の全額返金保証付き&いつでも解約できる「回数の縛りなし」なので、安心して試してみることができます。

リンクルスポットマスクの基本情報は、以下の通りです♪

ニードル数 約2,600本(左右セット)
成分 ヒアルロン酸、エクソソーム、プラセンタなど
定価 5,480円(税別)→1枚あたり685円(税別)
定期購入 初回3,560円(税別)、2回目以降4,923円
返金保証 30日間
送料 無料

第4位:3Dマイクロフィラー

3Dマイクロフィラー

3Dマイクロフィラーは、ニードルの形状にこだわり成分浸透率80%を実現。

ハリ実感率86.7%、保湿実感率93.3%と、使用者の多くが効果を実感しているニードルパッチです。

また、小ジワが目立たなくなる効果が立証された「効能評価試験済み」もポイント。

美容成分もたっぷり配合しているので、実感力にこだわりたい人におすすめです。

以下の基本情報も、あわせてチェックしておきましょう!

ニードル数 約2,000本(左右セット)
成分 ヒアルロン酸、オリゴペプチド、アセチルヘキサペプチド-8など
定価 7,600円(税別)→1枚あたり950円(税別)
定期購入 初回2,980円(税別)2回目以降6,800円
返金保証 なし
送料 無料

→リンク

第5位:イーチケアシート

イーチケアシート

イーチケアシートの魅力は、細胞を若返らせる成分「EGF」を配合。

ヒアルロン酸とEGFを肌の奥へ届けることで、保湿だけでなくコラーゲンやエラスチンの生成を促す線維芽細胞を促進してくれます。

余計な成分はとことん排除し、肌にやさしい無添加処方なので敏感肌でも安心して使うことができます。

イーチケアシートの基礎情報も確認しておきましょう!

ニードル数 不明
成分 ヒアルロン酸、EGF
定価 8,800円(税別)→1枚あたり1,100円(税別)
定期購入 初回1,980円(税別)2回目以降6,980円(税別)
返金保証 なし
送料 無料

マイクロニードルの効果的な使い方

マイクロニードルは、肌の角質層に直接成分を浸透させてくれる化粧品ですが、その効果を最大限発揮させる貼り方をお伝えします。

    さくら さくら

ちょっとの差が、大きな差につながりますよ。

貼る前に保湿をしっかりしておく

マイクロニードルを貼る前に保湿をしておくと、効果を最大限に発揮させることができます。

洗顔→化粧水→美容液・乳液→マイクロニードル」。

こんな感じで、保湿をしたあとにマイクロニードルを貼るようにしましょう。

その理由は、ニードルに配合されているヒアルロン酸が、肌にある水分と結合して角質層まで浸透していくからです。

慎重に貼りましょう

マイクロニードルは、目元や口元、ほうれい線などシワが気になる部分に貼り付けますが、とくに目元に貼る場合は3mmほど目元から離して貼るようにします。

目元ギリギリに貼りたい気持ちはわかりますが、目に入ってしまう危険性もあるので気をつけましょう。

また、シートの粘着性を落とさないためにも「一発で貼る」ようにします。

張り直しをすると粘着力が落ちてしまい、ニードルが肌に密着しなくなる可能性があります。

で、貼ったあとは軽く指先で押して固定すればOKです。

チクチク感は肌に溶けている証拠

マイクロニードルを貼り付けたあと肌にチクチク感を感じる人もいますが、このチクチク感は、ヒアルロン酸と肌に含まれる水分が結合し肌に溶け出しているからです。

    さくら さくら

個人差はありますが、10~15分ほどで治まります。

また、チクチク感がないからといって肌に溶け出していないことはありません。

あくまでも刺激は個人差であって、チクチク感を感じなくてもしっかり効果は発揮されているので心配しなくて大丈夫です。

ニードルは時間をかけてジワジワ肌に浸透していくので、途中で剥がさないで朝までしっかり貼っておくようにしましょう。

貼る回数は週に1回が目安

マイクロニードルの使用回数は、週に1回が基本です。

ヒアルロン酸は年齢とともに減少し20歳を100%とすると、30歳では65%、50歳になると45%まで減少します。

ヒアルロン酸減少

なので、継続的にヒアルロン酸を補うことで、うるおい感のある肌をキープすることができます。

また、季節の変わり目や肌に疲労感を感じるときは、週に2回貼っても大丈夫です。

自分で肌の状態を確認しながら、適切に貼るようにしてくださいね。

刺すヒアルロン酸まとめ

刺すヒアルロン酸についてまとめてみましたが、どうでしたか?

ヒアルロン酸は「塗る」よりも「刺す」方が効果的に肌に浸透することがわかって頂けたと思います。

刺すヒアルロン酸は、塗る化粧品で効果を実感できない人や忙しい人にこそ使ってもらいたい商品です。

はじめての人は、返金保証付きならリスクなく試してみることができるのでおすすめですよ♪