口臭はフリスクで消えない!?ドブのような臭いを簡単に改善する方法とは?

この記事では

  • フリスクで口臭は消えるのか?
  • 効果的な口臭予防はないのか?

という疑問に対して、本当に正しい情報をお伝えしていきます。

実は、日本人の9割が「自分の口臭が気になる」というデータがあることを知っていますか?

 さくら さくら

あなただけではないんです。

そこでこの記事では、口臭の原因から誰にでも簡単に口臭を改善できる方法まで、どこよりもわかりやすく書いてみました。

フリスクは生ゴミに香水を振りまいている!?

生ゴミ

結論から先にいうと、フリスクで口臭がきえることはありません

お口がスッキリするので口臭が消えたような感じになりますが、あくまでも「一時的」なものです。

それよりも、口臭の原因を取り除かないでフリスクを使うと「生ゴミに香水をまいている状態」と変わりありません。

 さくら さくら

大げさに感じますが、ホントなんです。

フリスクは、臭いの強い「アルコール・ニンニク・焼き肉」などを食べた後に“臭い消し”として使用する分には、臭いを紛らわせてくれるので効果はあります。

ですが、普段から口臭が気になっている人がフリスクを使うと、逆効果になってしまう可能性があるので気をつけましょう。

あわせて読みたい

口臭の原因は?

口臭は生きていればすべての人にあるので、それほど気にすることはありません。

ですが、他人に不快感を与えるような口臭は、人間関係までも壊してしまいます。

で、口臭の原因を大きく分類すると

  1. 口内が原因による口臭。
  2. 胃腸などの疾患による口臭。
  3. 緊張や寝起きなどの生理的口臭。

など3つに分けることができます。

口内環境が原因による口臭

実は口臭の約65%が「口内環境」による臭いといわれています。

これは「病的口臭」とも呼ばれ、「虫歯・歯周病・舌苔(ぜったい)」など、雑菌(バクテリア)の増殖による臭いです。

口の中にはバクテリアが住み着いていて、歯磨き直後でも1000~2000億個のバクテリアがいるといわれています。

 さくら さくら

ほとんど歯磨きをしないと1兆個になるそうです。

で、この口臭の原因はバクテリアが出す揮発性硫化化合物という「ガス」。

口臭の原因

口の中には約500~700種類の細菌が生息し、歯の表面や歯周ポケット、舌の表面などに細菌のかたまりを形成しています。

この500~700種類の細菌の中でも、口臭の原因となる主な菌が「嫌気性細菌」です。

で、嫌気性細菌が発生させるガスにも3種類あり

メチルメルカプタン 野菜の腐ったようなニオイ。
硫化水素 卵の腐ったようなニオイ。
ジメチルサルファイド 生ゴミのようなニオイ。

これら3種類のニオイが単発、もしくは複数混じり合うことで強烈な口臭として現れます。

 さくら さくら

「口の中に生ゴミが入っている状態」と同じなんです。

ドブのような口臭は舌苔(ぜったい)が原因

口臭がドブのようなニオイがするようなら、舌に細菌がたまってできる「舌苔(ぜったい)」が原因です。

舌苔は、食べカスや死んだ細菌、はがれた粘膜などが舌の表面に付着してできた“白いかたまり”。

舌の表面は舌乳頭という凸凹状になっていて、この中に食べカスや死んだ細菌、粘膜がたまります。

 さくら さくら

舌苔は、細菌のすみ家なんです。

で、この溜まった舌苔を口の中にいる細菌が分解するとガスを発生させます。

つまり、舌苔が多ければ多いほどドブのような口臭が強くなるということです。

胃腸などの疾患による口臭

「胃が悪いから口臭がする」こんなこと聞いたことありませんか?

口臭の原因の約65%は口内環境が原因ですが、稀に胃の病気が原因で口臭がすることがあります

口臭を発生させる胃の病気としては

  • 胃炎や胃潰瘍
  • 逆流性食道炎
  • 胃がん

などがあげられます。

胃炎や胃潰瘍

胃炎や胃潰瘍など、胃に炎症が起こると食べた物が消化しきれずに、胃の中に残ってしまうことがあります。

そうすると、胃の中で食べ物が発酵し悪臭が発生

発生した悪臭は、血液に溶け込み肺を通じて口臭として現れます。

    さくら さくら

特徴として、卵が腐ったような口臭になります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、胃の内容物が食道まで逆流する病気です。

内容物が逆流したときに「胃液」や「炭酸ガス」も一緒に上がってくるので、ツ~ンとした刺激臭があるのが特徴。

逆流性食道炎は口の中が酸性になりやすく、細菌が繁殖しやすい環境なので、これも口臭の原因になります。

胃がん

胃がんになると稀ですが、口臭がきつくなる場合があります。

ピロリ菌がいると胃がんになる確率が高くなると言われていますが、これはピロリ菌がアンモニア分泌しているからです。

    さくら さくら

胃酸で溶かされないようにするためです。

で、このピロリ菌が出したアンモニアが口臭の原因になります。

たさ、胃炎や胃潰瘍でも同じようなニオイがする場合があるので、一概に胃がんと決めつけることはできません。

緊張や寝起きなどの生理的口臭

緊張すると口臭がきつくなることありませんか?

これは緊張により、唾液の分泌量が減るからです。

唾液には浄化作用があり、口内の細菌の増殖を防ぐ役割があります。

しかし、緊張すると交感神経が活発になり、唾液を分泌する「唾液腺」にはたらきかけ唾液分泌を低下させてしまいます。

 さくら さくら

その結果、口臭が強くなるんです。

また、就寝中も唾液の分泌量が減少し殺菌効果が低下するため、寝起きに口臭が強くなる傾向にあります。

ただ、この生理的口臭は文字通り、生理的で日常的な口臭なので、基本的に治療の必要はありません。

自宅で簡単にできる口臭対策!

ここからは、口臭を抑える・口臭を予防する方法をお伝えしていきます。

    さくら さくら

自宅で簡単にできるのでぜひ、試してみてください。

口臭を予防する具体的な方法としては

  1. 歯磨きで細菌をコントロールする。
  2. 舌苔をきれいにする。
  3. 菌の巣となる歯垢を除去。

この3つに気を付けることで、口臭はかなりの確率で減少します。

正しい歯磨きで細菌をコントロール

歯磨き

口臭を抑える方法として一番に思い浮かぶのが「歯磨き」ですよね。

でも「口臭予防=歯磨き」ではありません。

歯磨きの本当の目的は、汚れを取ることだけではなく「細菌のコントロール」です。

で、口臭を気にして1日に何度も歯磨きをする人がいますが、これは絶対にやってはダメな行動。

 さくら さくら

逆に口臭を悪化させてしまいます。

上記でもお伝えしましたが、口内は唾液が分泌されることで細菌の数をコントロールしています。

これは、唾液の中に細菌の増殖を抑える「抗菌作用がある菌」が存在しているからです。

この抗菌作用がある菌によって細菌の増殖が抑えられその結果、口臭を予防することができます

しかし、口臭を気にするあまり過剰に歯磨きをすると、唾液の分泌量が減少。

さらに、うがいをすることで唾液は洗い流されてしまいます。

ワンポイントアドバイス
うがいの回数が多ければ多いほど唾液は洗い流されてしまうので、うがいの回数は極力減らすようにしましょう。

 

つまり、口臭が気になるからといって歯磨きの回数を増やすことは、かえって口臭の原因をつくってしまということを覚えておいてください。

基本的な歯磨き

歯並びに合わせて、1カ所を20回以上磨くのが基本です。

    さくら さくら

次の3つのポイントに注意するようにしましょう。

正しい歯磨きの仕方

  1. 歯ブラシはペン持ち!
  2. ブラシを当てる角度は45°
  3. 細かくストローク!

歯ブラシを握りしめて持つ人がいますがこれはダメです。

握りしめて持つと必要以上に力が入りすぎ、歯茎を傷つけてしまう可能性があります。

ペン持ちすることで余計な力が入らず、細かいところまでしっかり磨けるようになります。

で、歯と歯ぐきの境目に対して45°の角度で歯ブラシを当てるようにしましょう。

45°に傾けることで歯周ポケットにも毛先が届きやすくなり、しっかり汚れをかき出すことができます。

そして、毛先を歯に押し当てたまま、5mm~1cmくらいの幅で細かくストローク。

    さくら さくら

1本ずつ磨くイメージです。

歯磨きは「磨きクセ」がつきやすく、しっかり磨いているつもりでも磨き残しが必ず出ます。

磨き残しがあるかどうかをチェックするなら「歯垢染色剤」を使うことがおすすめ。

歯垢染色剤

歯垢染色剤を使うと、磨けていない部分が赤くなるので1発でわかります。

歯垢染色剤はドラックストアで簡単に購入することができるので、自分で確認してみることも大切です。

食後の歯磨きはOK?それともNG?

エチケットのために、食後に歯磨きをする人はたくさんいます。

食べ物のカスが歯に挟まっていたり、ニオイが強い食べ物を食べた後は口の中をキレイにしておきたいですからね。

ですが、結論からいうと、口臭予防の観点からみると「食後の歯磨きはNG」。

食後は唾液の分泌量が多いので、口臭の原因となる細菌の数も少ないです。

口臭予防の観点からは

  • 歯磨きは必要以上に行わない。
  • 極力うがいもしない。

これは基本です。

さくらさくら

じゃあ、食後のエチケットはどうすればいいの?

おすすめは「ガムを噛む」ことです。

ガムを噛むことで唾液の分泌量が増えるので細菌が減少し、口臭を予防することができます

ワンポイントアドバイス
味がなくなったガムは捨てないで、丸めて舌の上でコロコロと転がすことで舌苔を取り除くことができます。また、口内に異物(ガム)があることで唾液の分泌量が増えます。

 

    さくら さくら

シュガーレスのガムを噛むようにしてくださいね。

歯磨きの目的は「プラーク(歯垢)を取り除く」ことです。

プラークは“生きた細菌のかたまり”で、プラークがたくさんあると口内は酸性に傾き、虫歯や歯周病の原因になります。

歯磨きでプラークを除去し、口内を中和することで口臭を予防することができるんです。

舌苔の除去

舌を出す女性

口臭が気になる人は、舌苔(ぜったい)がたまっている可能性があります。

上記でもお伝えしたように、舌には「舌乳頭」という小さな突起があって、このすき間に細菌や食べカス、はがれた粘膜がたまり舌苔をつくりあげます。

つまり、歯磨きで歯垢を除去したとしても、舌が汚れていると口臭の原因になってしまうのです。

しかも、口臭が気になる約6割の人が舌苔のケアをしていないというデータもあります。

起きた直後の口は便器より汚い」なんていわれますが、口という狭い空間に「汚れのコケ」が付着していれば、当然かもしれません。

舌みがきのポイント

口臭を徹底的に予防するなら、歯磨きの後に「舌みがき」もおこなうようにしましょう。

舌みがきのポイントは以下の6つ。

  1. 1日1回、朝がおすすめ。
  2. 舌ブラシを使う。
  3. 鏡を見ながらする。
  4. ブラシは奥から先端へ一方向。
  5. 力を入れない。
  6. 無理に舌苔を取らない。

この6つが舌みがきのポイントです。

とくに舌苔がなくなるまできっちり落としたくなりますが、こすり過ぎはよくありません。

舌の表面にある小さな突起(舌乳頭)まで削ってしまうと、粘膜を傷つけてしまう可能性が。

粘膜が傷つくと炎症を起こし口臭が強くなってしまう可能性があります。

なので、かき出す回数は1~3回程度で何回もかき出す必要はありません。

注意ポイント
舌ブラシで強くこすったり、1日に何回も舌みがきをおこなうと最悪、味覚を感じる「味蕾(みらい)」という部分が傷つき、味覚障害を起こす恐れがあるので注意が必要です。

 

さくらさくら

安全に舌苔をとる方法はないの?

安全に口臭予防したいなら「薬用オーラクリスター・ゼロ」

薬用オーラクリスター・ゼロ

オーラクリスターゼロ」は、舌にシュッと吹きかけるだけで直接殺菌してしまう薬用スプレーです。

    さくら さくら

殺菌テストでは、口臭菌を99.9% 除去してくれるようです。

つまり、舌に吹きかけるだけで「口臭の元を取り除いてくれる」ということなんです。

しかもこれ1本で「歯周炎・歯肉炎・虫歯・ホワイトニング」までこなす超万能な口臭予防スプレー。

持ち運びもできて、たった3秒でケアができちゃうから「いざ」というときでも慌てる必要がなく、とてもおすすめですよ。

たった3秒で息スッキリ!

生活習慣の改善も大切

歯磨きと舌みがきは口臭ケアの基本ですが、それ以外でも口臭対策はできるので紹介していきます。

食生活を見直す

食生活を改善することでも口臭を予防することはできます。

とくに口臭を悪化させる食べ物として「肉・大豆・乳製品」などのたんぱく質を多く含んでいる食品です。

たんぱく質は口内細菌によって分解されると、口臭の原因である「臭気ガス」を発生させます。

また、アルコールやコーヒーも口臭を悪化させる原因に。

アルコールは唾液の分泌量を低下させるといわれていますし、コーヒーは口内を酸性にする作用があるので口臭の危険が高まりやすくなります。

酸っぱいモノや緑茶は口臭を予防する

一方で「レモン・梅干し」などの酸っぱい食べ物は、口臭予防には最適です。

レモンや梅干しを食べると酸っぱくて唾液が出ますよね。

 さくら さくら

想像するだけでも唾液が出ますよね。

で、唾液がたくさん分泌されると、口内細菌の増殖を抑えてくれるはたらきがアップします。

また緑茶に含まれている「カテキン」は殺菌作用があるので、口臭予防として飲んだりうがいをすると効果的です。

ストレスをためない

ストレス

意外かもしれませんが、ストレスも口臭を強くする原因のひとつです。

唾液には「サラサラ唾液」と「ネバネバ唾液」の2種類があり、サラサラ唾液にはたくさんの酸素が含まれていて、酸素を嫌う嫌気性細菌は増殖できません。

一方で、ストレスなどでネバネバ唾液になると口内に十分に酸素が行き渡らないため、嫌気性細菌が増殖しやすくなります。

ストレス解消は人それぞれ違いますが、おすすめは「おしゃべり」や「歌をうたう」ことです。

口を動かすことで唾液の分泌を増やすことができます。

ちなみに、酸素が足りないからと空気を吸い込むことはダメです。

実際にやってみればわかりますが、空気を吸い込んでも口が渇くだけで逆に口臭を悪化させてしまう原因になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

口臭はあなただけではなく、ほとんどの人が口臭に困っているのです。

しかも、自分の口臭に気づいていない人もいます。

逆に言えば、自分で自分の口臭を認識しているということは、今日紹介した方法を実践することで改善することも可能なんです。

歯磨きと舌みがきをしっかりおこない、口臭とさよならしましょう!

この記事を書くにあたり参考にさせて頂いたサイト・出典一覧