デリケートゾーンの黒ずみどうしてる?原因から解消法まで徹底解説!
この記事のまとめ

デリケートゾーンの黒ずみ原因解消法を解説しています。

黒ずみの原因は、メラニン色素が大量につくられる「色素沈着」。

色素沈着を薄くするには「ゆったりとした下着・やさしく洗う・しっかり保湿をする」これが基本的な解消法になります。

自宅で簡単にできるデリケートゾーンの黒ずみ解消法とは?

最短1か月で効果を実感できるクリームとは?

 

今日は、デリケートゾーンの黒ずみについて書いてみたいと思います。

※2019年12月 オズモール調べ。 1268人に調査を実施

このように、黒ずみはアソコの臭いの次に悩んでいる人が多いことが分かります。

 さくら さくら

恥ずかしいから誰にも言えないんです。

そこで今日は、デリケートゾーン黒ずみの原因から対策方までお伝えしてきます♪

すぐに対策したい方はこちら

デリケートゾーンの黒ずみの原因は?

結論から言うと、下着やズボンなど肌と素材の摩擦やこすれなどの刺激から起る「色素沈着」です。

外部からの刺激でダメージを受けた肌を守ろうと、メラニン色素をたくさんつくります。

「メラニン色素=黒ずみ」のイメージがありますが、このメラニン色素は肌細胞を外的刺激や紫外線から守ってくれるはたらきがあるんです。

    さくら さくら

黒ずみは、お肌を守るためなんですね。

ありがた迷惑な黒ずみですが、本来ならターンオーバーによって「垢(あか)」となり剥がれ落ち、黒ずむことはありません

しかし、ショーツやガードル、スキニージーンズなど日常的にデリケートゾーンが刺激を受けると、ターンオーバーよりもメラニン色素がつくられるスピードが早くなりその結果、肌にメラニンが蓄積してしまいます。

で、メラニン色素をつくってしまう原因が以下の5つ。

  1. 汗やかぶれ
  2. 下着の摩擦
  3. ホルモンバランスの乱れ
  4. 肌の乾燥
  5. ターンオーバーの乱れ

などがあげられます。では、一つずつ見ていきましょう!

汗やかぶれ

デリケートゾーンにはたくさんの汗腺があり、汗をかきやすい部分です。さらに、下着やズボンに覆われているので、通気性が悪く高温多湿の過酷な環境

とくに夏場や運動した後の下着の中は、汗をかき蒸れやすい状態に。

 さくら さくら

生理中は、ナプキンでさらに蒸れやすくなります。

そうすると、デリケートゾーンは汗でかぶれ炎症を起こします。炎症を起こすとそれを抑えようとメラニンがたくさんつくられてしまうのです。

さらに、高温多湿の下着の中は雑菌にとってはパラダイスな環境。汗や皮脂をエサにどんどん繁殖。

雑菌が繁殖すると黒ずみだけでなく、臭いの原因にもなってしまいます。

あわせて読みたい記事

下着の摩擦

デザイン重視で小さめの下着は、Mゾーン(足の付け根付近)やYゾーン(アンダーヘアが生えている部分)がこすれ黒ずみが発生しやすいんです。

とくに下着のクロッチには気をつけましょう。小さめの下着を履くとクロッチ部分が肌に締め付けられて黒ずみの原因になります。

    さくら さくら

素材がザラザラしていると「MYゾーン」がダブルで黒ずみます。

MゾーンやYゾーンは、皮膚がとっても薄く刺激に弱いので他の部分に比べ黒ずみができやすいのです。

しかも、歩いたり座ったりなどの動作を繰り返す度に下着がこすれるので、デリケートゾーンはいつも刺激を受けています。

ホルモンバランスの乱れ

意外かも知れませんが、ホルモンバランスの乱れによって黒ずみができることがあります。

女性には「プロゲステロン」と「エストロゲン」という2つの女性ホルモンが分泌されていますが、妊娠や月経、加齢などによりホルモンバランスが乱れると、一時的にメラノサイトが刺激されます。

メラノサイトが刺激されるとメラニンが増加して黒ずみの原因に。

また、ストレスも黒ずみを促進させる作用があるんです。

ストレスが長期間続くと、脳下垂体から分泌される「メラノサイト刺激ホルモン」の量が増え、直接メラノサイトにはたらきかけメラニンを増加させます。

 さくら さくら

メラノサイト刺激ホルモンは、ストレスに左右されやすいんです。

これは色素細胞と神経系が密接な関係にあることが一因で、ストレスで精神的に不安定なるとシミや黒ずみができやすいといわれています。

肌の乾燥

デリケートゾーンは汗腺がたくさんあるので、汗をかきやすいということはお伝えしましたが、逆に汗をかかなければ、顔の皮膚と同じで乾燥してしまいます。

で、肌が乾燥するとバリア機能が低下し外的刺激に弱くなってしまうんです。

    さくら さくら

ここで言う外的刺激は、下着やズボンの摩擦です。

実は、粘膜で覆われている膣よりも外側のデリケートゾーンは乾燥しやすいので注意が必要です。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーとは「肌の生まれ変わり」です。

私たちの肌は28日周期で古い肌から新しい肌に生まれ変わっています。

肌のターンオーバー

で、このターンオーバーが正常におこなわれることにより、色素沈着した角質が排出され黒ずむことはありません。

しかし、下着のこすれなど刺激が与え続けられたり、アンダーヘアの自己処理によって炎症が起ることもターンオーバーが乱れる原因に。

ターンオーバーが乱れると、古い角質がうまく排出されず肌に残ってしまいます

それが繰り返されることにより、少しずつ肌に蓄積され、その結果「黒ずみ」として現れるのです。

あと、ターンオーバーは28日周期とお伝えしましたが、それは20代までの話し。

ターンオーバーの周期

 さくら さくら

30代では約40日もかかってしまいます。

つまり、ターンオーバーが乱れていなくても、年齢とともにターンオーバーは遅れてくるので、メラニンが蓄積しやすく黒ずみになってしまうのです。

手っ取り早く黒ずみを解消する方法

確実にデリケートゾーン黒ずみを解消したいなら、専門医の受診をおすすめします。

デリケートゾーン黒ずみと一言でいっても様々な原因があり、どんな黒ずみにも対応してもらうなら美容皮膚科です。

皮膚科でも黒ずみを改善することはできますが、皮膚科での治療としては

  1. ハイドロキノン
  2. CDトレチノイン

という2種類の美白効果の期待できる薬の処方になります。

ハイドロキノン

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれ、チロシンからメラニン色素が合成されるのを抑制する効果があります。

一方のCDトレチノインは、古い角質を強制的に除去して、肌のターンオーバーを促進することでより早く黒ずみを解消することができます。

この2種類は美白効果はバツグンですが、その分副作用のリスクが高いため処方しない皮膚科も少なくありません。

副作用
ハイドロキノンの副作用としては赤み、炎症、白斑、黒ずみの悪化など。CDトレチノインは、ターンオーバーが早くなることで薄く皮がめくれるようなことがあります。

 

また、ハイドロキノンとCDトレチノインは「保険外治療」になるため全額負担になります。

値段の目安としては

ハイドロキノン10% 10g 4,500円
CDトレチノイン0.1% 10g 7,500円

こんな感じです。

※あくまでも目安であって、各医院によって値段は異なります。

レーザー治療が最もはやく対処できる方法

手っ取り早くデリケートゾーン黒ずみを解消したいなら、美容皮膚科でのレーザー治療をおすすめします。

1回で完璧に黒ずみが消えることはありませんが、何度も繰り返すことで黒ずみが薄くなっていく効果が期待できる治療法です。

黒ずみのレーザー治療

レーザー治療は、黒ずみにレーザーを照射してメラニン色素を破壊する治療法です。

メリットとしては、美白クリームや治療薬は薄くなるまでに時間がかかりますが、レーザー治療はピンポイントでメラニン色素を破壊するので即効性が感じられます。

また、表面の黒い角質だけでなく皮膚の奥底のメラニン色素も破壊できるのも特徴です。

デメリットとしては値段が高いこと。

クリニックによっても違いますが、1回当たり10,000円~30,000円ほどかかり、薄くしたい色にするまで何度もおこなう必要があります。

また、レーザー治療をしても100%黒ずみが消える保証はありませんし、何度おこなっても効果が出ない人もいます

 さくら さくら

最悪、黒ずみが悪化する場合も。

レーザー治療は麻酔をおこなわないで施術するので、痛みがともないます。痛みの感じ方は人それぞれですが、結構痛いようです。(輪ゴムで弾かれる感じ)

さらに

  • 妊娠中は治療できない。
  • シャワーはOKでも入浴ができない。
  • 性行為は数週間から1ヶ月できない。

など、即効性がある一方でデメリットもあることも理解しなければなりません。

なので、デリケートゾーン黒ずみの解消法としては「美白クリーム→治療薬での対策→レーザー治療」でおこなうことをおすすめします。

最短1か月で効果を実感!黒ずみ解消アイテム

デリケートゾーン黒ずみに肌トラブルを抑えながら効果が期待できるのが「黒ずみ専用クリーム」です。

黒ずみ専用クリームはネットで探すと色々ありますが、おすすめは「イビサクリーム」。

最短1ヵ月で効果を実感した口コミがあるほど、人気になっています。

イビサクリームってどんな商品?

イビサクリーム

イビサクリームの特徴は

  1. VIO専用のクリームだから安心。
  2. 保湿と美肌成分もしっかり入っている。
  3. 効果・効能が認められた有効成分配合。
  4. デリケートゾーン以外の黒ずみにも使える。
  5. 28日間返金保証付き!

公式サイトに書かれていたことを簡単にまとめるとこんな感じです。

厚生労働省から効果が認められた2種類の有効成分が、炎症を抑えながら黒ずみの原因になるメラニン色素の生成を抑制

保湿成分もたっぷり配合されているので、乾燥肌を防ぎ黒ずみができにくい肌をつくってくれます。

肌に合わなければ28日間の全額返金保証が付いているので、はじめての方でもリスクなく試してみることができますよ。

\在庫が少なくなっています!/

デリケートゾーン専用石けん

デリケートゾーンの黒ずみ解消には「専用石けん」もおすすめです。

一般的なボディソープのpHは9~11のアルカリ性に対して、デリケートゾーンのpHは3.8~4.5と弱酸性。

一般的なボディソープで洗ってしまうとpHバランスが崩れてしまい雑菌が繁殖する原因に。

そこでおすすめなのが「ピーチジョンデリケートウォッシュオイル」。

ピーチジョンデリケートウォッシュオイル

この商品の特徴は、泡で洗うのではなく「オイルをなじませて3分たったら洗い流す」タイプのデリケートゾーンケア商品です。

オイルをデリケートゾーンに密着させておくだけで、汚れや臭いをしっかりと落としてくれます。

また、専用商品なので刺激が少なく、かぶれやかゆみなどの肌トラブルを起こしにくいのもうれしいポイント。

3分待っている間に髪を洗えるので、時間の無駄もありませんよ。

\累計販売数100,000本突破!/

やってはいけない黒ずみケア

バツを出す女性

ここからは、デリケートゾーン黒ずみケアにおすすめできない方法を紹介していきます。

スクラブで肌をこする

黒ずみを落とそうと、デリケートゾーンにスクラブを使ってはダメです。

スクラブは細かい粒子で皮膚表面の古い角質や汚れを落としてくれますが、スクラブが使えるのは「ヒジ・ひざ・かかと」など「角質が厚い部分」のみです。

 さくら さくら

デリケートゾーンは、まぶたより皮膚が薄んです。

なので、スクラブをデリケートゾーンに使うと刺激が強すぎてヒリヒリ感や赤くなるなどの肌トラブルの原因に。

刺激が加わると肌を守るメラニンがたくさんつくられてしまうので、黒ずみがさらに悪化する可能性があります。

重曹で黒ずみは落ちません!

「黒ずみケアには重曹が良い」なんてネットに書かれていますが、重曹を使って黒ずみが落ちることはほぼありません

重曹を使って落ちるのは「毛穴に詰まった汚れ」です。

毛穴に詰まった汚れによって肌が黒く見えているので、それを重曹で落とすことでキレイに見えるのです。

一方、デリケートゾーンの黒ずみは毛穴ではなく、皮膚の下にある古い角質。

つまり、毛穴汚れとは関係ないのでデリケートゾーンに重曹を使うのは止めましょう。

ピーリング

ピーリングは、古くなった角質をフルーツ酸などを使って除去するケア方法です。

    さくら さくら

フルーツ酸は角質を柔らかくしたり、除去する効果があります。

古くなった角質を強制的に剥がし、ターンオーバーを正常化してくれる役割がありますが、この記事で何度もお伝えしていますが、デリケートゾーンの皮膚は非常に薄いです。

さらに粘膜にも近く、非常にデリケートな部分なのでピーリング剤が刺激となり、黒ずみが悪化する場合もあります。

最近は、自宅でもできるデリケートゾーン用のピーリング剤も販売されていますが、自分でのピーリングはおすすめできません。

自宅で簡単にできる5つの黒ずみ解消法

ここまでは黒ずみの原因から対策方までお伝えしてきましたが、気を抜くと黒ずみは簡単にできてしまいます。

そこでここからは、日常生活の中でも気をつけたい5つのポイントを紹介していきます。

下着やズボンはピッタリのモノを履かない

ゆったりした下着

締め付けが強い下着やスキニージーンズはなるべく避け、ゆったりしたものを履くようにしましょう。

締め付けが強いと皮膚と下着などの生地がこすれ、刺激となります。

その刺激がメラニンをたくさん発生させ、黒ずみの悪化につながってしまいます。

普段使う下着はワンサイズ大きいモノがベスト。「でも、かわいい下着も履きたい!」という人は、寝るときだけでも大きい下着を履くようにしてください。

    さくら さくら

下着でおしゃれもしたいですからね。

で、できれば下着の素材にも気をつけたいところ。

下着の素材でよく使われるポリエステル繊維は通気性が悪く蒸れやすいので、できるだけ「綿製」の下着を選ぶようにしましょう。

正しいアンダーヘアの処理

カミソリでムダ毛処理

アンダーヘアを自己処理する人は多くいると思いますが、デリケートゾーンに黒ずみができてしまう原因のひとつが「間違ったムダ毛処理」。

アンダーヘアの自己処理をする際は、以下の3つに気をつけて。

  1. 電気シェーバーを使う。
  2. 毛の流れに沿って剃る。
  3. シェービングクリームを使う。

この3つがポイントです。

カミソリは刃が直接肌に当たるため、カミソリ負けや肌を傷をつけてしまうことも。

可能であればVIO専用の電気シェーバーがおすすめですが、顔用のシェーバーでもOK!

処理するときは、毛の流れに逆らって剃るようにしましょう。時間はかかりますが肌を傷つける可能性が少なくなります。

    さくら さくら

逆剃りは、仕上げの1回のみにしましょう。

また、シェービングクリームやジェルを使うと肌に負担をかけないで剃ることができます。

デリケートゾーンはやさしく洗う

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンは名前の通り「繊細な部分」ですので、やさしく洗うことが大切です

デリケートゾーンの臭いが気になる人は、ゴシゴシと洗ってしまいがちですが絶対にダメ!

臭いを消したくてゴシゴシ洗うと、摩擦によって肌が傷ついたり、善玉菌が洗い流されて雑菌が繁殖するリスクがあります。

デリケートゾーンを洗うポイントは「しっかり泡立てる」「手で洗う」この2つです。

ボディソープも弱酸性のモノを使い、泡立てネットなどでしっかり泡立ててから素手でやさしく洗います。

    さくら さくら

指の腹で丁寧に洗いましょう。

で、汚れを取り除いたらぬるま湯でやさしく洗い流します

デリケートゾーンは常に清潔にしておきたい部分です。

しかし、洗い方を間違えると黒ずみを増やすだけでなく、臭いが強くなる原因にも。

正しい洗い方で、臭いと黒ずみを解消しましょう。

保湿をして乾燥を防ぐ

デリケートゾーンは汗腺がたくさんあるので汗をかきやすい部分ですが、下着やタイツなどの摩擦によって、乾燥しやすい状態でもあるのです。

なので、毎日保湿をしてあげることを心がけましょう

デリケートゾーンを保湿することで、下着などの摩擦から肌を守るだけでなく、肌がうるおうことでバリア機能が高まります。

    さくら さくら

保湿剤は、ニベアやワセリンでOK!

お風呂上がりの肌が柔らかい状態で塗ってあげると、成分がなじみやすいのでおすすめです。

ターンオーバーを整える

肌のターンオーバーが乱れる原因は様々ありますが「生活習慣」と「食生活」を見直すことでターンオーバーが整い、黒ずみが改善されます。

ストレスや寝不足は、ターンオーバーが乱れる大きな要因なので気をつけて。

また、ターンオーバーを整える食事も大切です。

ビタミンA 緑黄色野菜・卵・レバーなど
亜鉛 牡蠣(かき)・レバーなど
ビタミンC 果物・イモ類など

これら食材の栄養素には、ターンオーバーを促進するはたらきがあるので、意識して食べるようにしてみてくださいね。

デリケートゾーンの黒ずみQ&A

ここでは、デリケートゾーンの黒ずみに関する疑問をまとめてみました。

ジャウムソープって何ですか?
ジャウムソープのジャウムとは、インドネシアに古くから伝わるハーブや生薬を表している言葉です。効果としては、殺菌・消臭・色素沈着・肌荒れなど様々な効果がありデリケートゾーン用の石鹸としても使われています。
デリケートゾーンはケアした方が良いのですか?
デリケートゾーンは「外陰部」のことで、この部分を不潔にしておくと臭いやかゆみなどのトラブルが起りやすくなります。とくに、生理中はナプキンによって雑菌の繁殖にもつながるので、丁寧なケアが欠かせません。
膣内は洗った方が良いのですか?
膣内は自浄作用(自ら清浄する能力)があるので、膣内を洗う必要はありません。膣内を石けんで洗ってしまうと常在菌(善玉菌)が殺菌、洗い流されてしまい膣内環境が乱れ、臭いやおりものが増加するリスクが高まります。
デリケートゾーンがかゆいのですが病気ですか?
かゆみの原因は「かぶれ」と「感染」の2つです。前者は下着の締め付けや蒸れ、ナプキンの接触で起ります。後者の場合は細菌、ウイルス、真菌(カビ)などの病原体に感染することで起こります。性行為や温泉、タオルやシーツなどからも感染することがあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

デリケートゾーンは名前のようにデリケート(繊細)ですが、下着やズボンのこすれ、汗や蒸れなど、過酷な環境におかれています。

継続的な刺激が蓄積すると黒ずみができてしまうので、なるべくソフトタッチを心がけましょう。

そして、根気強く黒ずみケアをおこなって、きれいなデリケートゾーンを目指してくださいね♪

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。