【必見!】マスク焼けをすぐに治したい!自宅でできる簡単な対策方とは?
この記事のまとめ

マスク焼け対処方を解説しています。

一般的に売られているマスクには、日焼け防止効果はありません。

マスク日焼けを防止するには「UVカットマスク」や「日焼け止めクリーム」を使うことが対処法になります。

マスクが手放せない環境で効果的に日焼けを抑えるには?

医学誌にも掲載された飲む日焼け止めとは?

 

今日は、マスク焼けについて書いてみたいと思います。

マスクには小顔効果があったり、スッピンを隠したりとマスクは便利なアイテムですが、うっかりするとマスク日焼けになってしまうことも。

そこで、マスク焼けをつくらない自宅で簡単にできる対策方をお伝えしたいと思います。

すぐに対策したい方はこちら

マスクには日焼け防止効果はなし!

結論から言うと、普段使っているマスクには日焼け止め効果はありません

    さくら さくら

基本的には風邪や花粉対策ですからね。

紫外線には肌の老化を招く「UV-A波」と、日焼けを引き起こしたり皮膚ガンの原因になる「UV-B波」の2種類があります。

普通のマスクはこの両方を通してしまうので、日焼け対策としては効果がないのです。

UVカットマスクなら紫外線を防げる

マスク焼けを抑えたいなら「UVカットマスク」がおすすめです。

    さくら さくら

紫外線対策マスクとも呼ばれています。

UVカットマスクは、紫外線を抑制してくれる成分が配合された繊維でつくられているので、降り注ぐ紫外線を予防してくれる効果があります。

ただ、UVカットマスクといっても、様々な種類があるので、ここでは購入する際に抑えておきたいポイントをいくつか紹介します。

UVカット効果が高いモノを選ぶ

日射し

UVカットマスクも、日焼け止めクリームのようなSPF数値に似た「UPF」が記載されています。

 さくら さくら

UPFが記載されていないマスクはおすすめできません。

で、このUPFにも評価が3段階に分かれていて

UPF15~24 UVカット率85%以上
UPF24~39 UVカット率90%以上
UPF40~50+ UVカット率95%以上

こんな感じです。

たとえばUPF20の数値の場合は、素肌で20分間紫外線を浴び量と同じになるには20倍=400分かかるという意味です。

つまり、数値が高ければ高いほど紫外線を遮蔽してくれます。

おすすめとしては、紫外線遮断率が90%以上、もしくはUPF40~50+のマスクを選ぶといいです。

UVカットマスクをしているだけで紫外線を乱反射させたり、吸収することで日焼けを最小限に予防してくれる効果が期待できます

洗ってもUV効果が落ちない

マスク洗濯

UVカットマスクの加工にも2種類あって

UVカット素材 紫外線乱反射、吸収させる特殊な成分を糸そのものに練り込む。
UVカット加工 製品に紫外線吸収剤をなじませるなど、後からUVカット加工する。

この2種類の加工法がありますが、おすすめは「UVカット素材」。

この素材なら糸そのものに成分を練り込んでいるので、洗っても効果が半永久的に続くのがポイント

UVカット加工だと洗うたびに効果が落ちてしまいますが、UVカット素材なら買い換える必要もないのでコスパ的にもおすすめです。

使い心地

マスクをしている女性

使い心地はマスクを選ぶ際の重要ポイントです。

マスクを使っても肌障りがよくなかったり、耳が痛くなってしまっては意味がありません。

    さくら さくら

「自然に付けていられるか?」が重要です。

素材としては通気性や速乾性にすぐれた「綿」などの天然繊維がおすすめです。

さらに、見落としがちなのが「耳ひも」。

使い捨てマスクのように耳ひもがゴムタイプだと、耳が痛くなって長時間使うことができません。

UVカットマスクは割高ですが「UVカット率・素材・使い心地」にこだわって選ぶようにしましょう。

マスク日焼けができてしまったときの対処法

気がつかないうちに「マスク焼けができてしまった!」そんなことも少なくありません。

そこでここでは、マスク焼けができてしまったときの対処法をお伝えしていきます。

マスク焼けの対処法としては

  1. クーリングする。
  2. 徹底的に保湿をする。

この2つです。では、一つずつ見ていきましょう!

クーリングする

マスク焼けだけに限らす、日焼けをしたら「まず冷やす!」これが基本です。

日焼けをして、放置しておくのはダメ!日焼けしてしまったことは仕方ないですが、日焼けを放置しておくと、シミやシワの原因になります。

で、日焼けをしたら72時間以内が勝負です。

さくらさくら

どうして72時間以内なの?

それは、日焼けが肌に定着するのに72時間かかるからです。

日焼けはやけどと同じで、肌が炎症を起こしている状態。この炎症を素早く抑えるには、できるだけ早く冷やしてあげることが大切です。

濡らしたタオルや保冷剤をタオルに包んで、日焼けした部分をクーリングしてください。

ポイントとしては、赤みが落ち着くまで続けること。その日だけ冷やしても一時的であって、炎症はすぐには治まりません。

徹底的に保湿をする

日焼けをした肌は、角質層から水分が失われ乾燥しています。

 さくら さくら

肌が脱水症状を起こしているんです。

なので、クーリングして肌の赤みやほてりが落ち着いたら、化粧水でたっぷり肌に水分補給をしましょう

肌が敏感になっているので、化粧水もできれば「低刺激」のモノがおすすめ。

化粧水を使うときも強くパッティングせず、コットンに化粧水をたっぷり含ませてやさしく丁寧になじませるようにしてください。

その後、肌が落ち着いたらシミに変わる前に「予防ケア」しておくことも大切。

    さくら さくら

ビタミンC入りや美白効果がある美容液がおすすめです。

フレイスラボ ホワイトVCセラム

フレイスラボ ホワイトVCセラム

フレイスラボ ホワイトVCセラムは、厚生労働省より美白有効成分と認められたビタミンC誘導体 「VCエチル」が配合された医薬部外品の美容液。

VCエチルは「24時間以内の効果 × 72時間の継続」と、従来のビタミンC誘導体の中でも即効性と持続力、浸透力が注目される成分です。

合成着色料、エタノール、石油系界面活性剤など8種の添加物が一切使われていないので、日焼け跡や敏感肌でも安心して使うことができます

紫外線ダメージは目に見えない部分で蓄積するので、美白化粧品を使うことは予防には有効です。

マスク焼け対策には飲む日焼け止めがおすすめ

日焼け対策といえば、日焼け止めクリームを思い浮かべることが多いと思いますが今、話題なのが「飲む日焼け止め」です。

さくらさくら

飲む日焼け止めって効果があるの?

日焼けをすると肌が赤くなったりかゆくなったりするのは、日焼けによって活性酸素が発生し細胞が破壊されているからです。

飲む日焼け止めは、「ニュートロックスサン」という活性酸素の発生を抑えてくれる成分が配合されています。

ポイント
ニュートロックスサンは、シトラスとローズマリーから抽出したエキスが成分で、活性酸素の発生を抑える効果がある特許成分です。

 

このニュートロックスサンが活性酸を抑えることで、日焼けしにくくなるので「赤み」の消え方も早くなるんです。

※臨床試験において、ニュートロックスサンを摂取した後、26時間で日焼けによる肌の赤みが減少したという報告があります。

さらに、飲み続けることで紫外線に対する防御作用もアップすることがわかっています。

基本的にサプリメントなので副作用の心配はありませんが、妊娠・授乳中の方は使用を避けた方がよいでしょう。

さくらさくら

おすすめのサプリってあるの?

インナーパラソル16200

インナーパラソル16200

インナーパラソル16200は、アットコスメや楽天でも高評価の飲む日焼け止めサプリメント。


最新の紫外線対策は「体の中から」するのが常識になってきています。

    さくら さくら

紫外線の強い海外では当たり前のようです。

インナーパラソル16200の公式サイトはこちら

で、このインナーパラソル16200は、ニュートロックスサンを高配合した日焼け止めサプリ。

ニュートロックスサン

ニュートロックスサンは、活性酸素を除去してくれたり、メラニンの生成を抑制する効果があることがわかっています。

しかも、1日の推奨量である250mgを2粒でクリア

さらに、インナーパラソル16200には

パインセラ 肌のバリア機能を高めてくれる。
コプリーノ 高い抗酸化作用がある。
ビタミンC ハリのある肌になるためには欠かせない成分。
ビタミンP ビタミンCのはたらきをサポートしてくれる。

これらの成分が配合されているので、身体の中から紫外線に負けない強く美しい肌をつくってくれます♪

インナーパラソル16200はSNSでも話題!

この投稿をInstagramで見る

 

. ちょっとネガティブな投稿をしてしまいましたが…たくさん反応して頂きありがとうございます! (お返事前にすみません🙇‍♂️💦) . 引きこもりの日々ですが、私は外出しない日であっても必ずメイクするようにしています。 じゃないと気が滅入ってしまう😢 気が滅入ってしまうと、心がコロナに負けてしまいそうで…。そのせいで老け込みたくない!💦 だから、今こそケアを怠るべきではないと思っています! . 自粛の中でも日中少しだけ外に出たりお庭で遊んだりするので、紫外線の強い今は特に気を遣って。 . @innerparasol__official の #インナーパラソル16200 を飲んで紫外線対策しています⛱✨ . これ、何がすごいって 今とても注目されている「ニュートロックスサン」を沢山配合しているんです!!! . ▼ニュートロックスサンとは? 紫外線に対する皮膚抵抗を高める 日焼けによる肌の赤み、炎症、シミなどと言った 紫外線による肌トラブルを防止する効果を持つ美容成分。 . 肌トラブルが多く、日焼けしやすい体質が故に紫外線を浴びる事でニキビ跡が残ってしまう私にとっては救世主かも🥺✨ 内側から日々の積み重ねでケアをしていくって大切。 この年になって、インナーケアの大切さを実感しています。 . . #インナーケア #日焼け対策 #紫外線対策 #美容好きな人と繋がりたい #インナーパラソル #飲む日焼け止め #ニュートロックスサン #お散歩 #アラフォーママ #アラフォー #子育てママ

Emi(@gladgrin_emi)がシェアした投稿 –

敏感肌や肌荒れのために日焼け止めクリームを塗ることができない方にも最適なサプリメントです。

マスクの肌荒れにも気をつけて!

ほうれい線

マスク焼けとは直接関係ありませんが、長時間マスクを着用することで「肌荒れ」を起こすことがあります。

マスクと肌が長時間密着していると、マスクの素材と肌が擦れ角質層がダメージを受けその結果、バリア機能が低下します。

で、バリア機能が低下すると、肌の水分が蒸発し乾燥や炎症、かゆみなどが起りやすくなるんです。

 さくら さくら

マスクの中は蒸れるので保湿されている感覚にも。

ですが、マスクを外すと一気に水分が蒸発してしまうので、乾燥が進行してしまいます

また、マスクの中は高温多湿になるので雑菌が繁殖しやすく、ニキビなどができる場合も。

保湿をしっかりおこなう

マスクが当たる部分はバリア機能が低下している可能性があるので、しっかり保湿をおこなうことが大切です。

化粧水で水分を補い、乳液やクリームで保湿してあげましょう。

マスクの中にガーゼやコットンなど、柔らかい素材を入れておくことでも摩擦を軽減することができるので、おすすめです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

新型コロナウィルスの影響でマスクを外せない毎日です。

日差しが強くなる季節にマスクを着けると“マスク焼け”を起こす可能性が高いので、日焼け止めクリームやサプリメントを併用して万全な対策をしてください。

うっかりしていると、簡単にマスク焼けができてしまいますからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました♪