女なのに足が臭い!今日から簡単にできる足のニオイ対策完全攻略法!

足の臭いが気になってブーツが脱げない
ストッキングとパンプス最悪
他人に気づかれていないか心配

足が臭い女性の悩みは尽きませんよね。

でも、本当は

人前でも安心して靴が脱ぎたい
恥ずかしい思いは二度としたくない
とにかく足の臭いを何とかしたい

こんな風に思いますよね。

でも「今まで色々な足の臭い対策をしたけど効果がなかった!」こんな人も少なくないのが現実。

しかし、足の臭いを放置しても改善されることは絶対にありません

この記事を最後まで読むことで

  1. 足の臭いの原因がわかる。
  2. 効果的な対策法がわかる。

この2つを知ることで、誰でも短期間で足の臭いが改善される可能性があります

    さくら さくら

ぜひ、最後までご覧くださいね。

すぐに対策したい人はこちら

足のニオイの原因は?

そもそも、足が臭くなる原因は一体何でしょう?

結論から言うと、足のニオイの原因は雑菌が分解するときに出すニオイ(イソ吉草酸)です。

足の悪臭の原因として医学的に特定されている物質が「イソ吉草酸」です。

引用:五本木クリニック

イソ吉草酸の臭いは「酸っぱいニオイ」「納豆みたい」と表現されますが、これは靴の中で足が蒸れ、汗や角質(垢)が雑菌によって分解されることで生まれる物質のこと。

 さくら さくら

足のニオイは雑菌が原因だったんですね。

また、この雑菌は“かかと”よりも“つま先”に多く潜んでいます。

引用:「足が臭い」と思われないための、足の汗とニオイ対策

これは、指の間や付け根などは通気性が悪く、汗をかくと蒸れやすい環境だからです。

足が臭くなる原因は「雑菌」

足が臭くなる原因は「雑菌」とお伝えしましたが、この雑菌は私たち人間の肌に住み着いている「常在菌」のことです。

 さくら さくら

常在菌は200種類以上あるそうです。

で、この常在菌が汗や皮脂、垢などを分解するときに臭いを出します

ただ、この常在菌自体は臭いを出すことはありません

常在菌が臭いを発生させてしまう原因は

  1. 足の裏の汗
  2. 古い角質
  3. パンプスやブーツ
  4. ストッキング

などです。

では、一つずつ解説していきます!

足の裏の汗

足の裏は全身の中でも汗腺(汗を出す毛穴)が多く、汗をかきやすい部分です。

    さくら さくら

1平方センチメートル(1cm×1cm)に300個の汗腺があります。

なので、足の裏は1日で約コップ1杯分(約200cc)の汗をかくといわれ、とくに20~30代の若い人がかきやすいようです。

かいた汗は逃げ場のない靴の中で、どんどん蒸れていきます。

 そして、高温多湿になった靴の中で雑菌が増殖し、大好物の汗や皮脂を食べて「イソ吉草酸」を発生させるのです。

古い角質

足の裏も肌と同じように、古い角質が剥がれ落ち新しい角質ができるターンオーバーを繰り返しています。

ただ、足の裏は全体重を支えているので角質が厚くなる(角質肥厚)傾向に。

角質肥厚

チェックポイント
顔の角質層は約28層でできていますが、足の裏の角質層は100層以上もあるといわれています。

 

つまり、かかとは「分厚く・硬く・落ちにくい」3つの特徴があるのです。

そのため、雑菌にとっては大好物のエサがたくさんある場所。

エサがたくさんあればあるほど雑菌は増殖し、イソ吉草酸という悪臭を分泌します。

また、かかとがガサガサの人は、その部分に汗や皮脂が溜まりやすくなり臭いもきつくなる傾向にあります。

パンプスやブーツ

ブーツやパンプスを長時間履くと、臭いが気になりますよね。

とくにブーツは、足を覆うようにつくられているので通気性が悪く、そこにかいた汗と体温により湿度が急上昇!

ブーツを履いて10分もすると、ブーツの中の湿度は100%になるそうです。

 さくら さくら

ブーツの中は過酷な環境なんですね。

ですが、常在菌にとってはこの過酷な環境が天国なのです。

汗と角質、湿度と3拍子そろっているので、細菌はどんどん繁殖し強烈な臭いを発生させてしまいます。

ブーツ好きの女性はショックかもしれませんが、実はおじさんの足のニオイよりブーツの方が5倍臭いんです

ストッキング

一般的に売られているストッキングは、ナイロンやポリエステル繊維の素材のもモノが多く、通気性が悪いのが特徴。

そのため、汗をかいても吸収しにくく蒸れの原因に

ストッキングが蒸れると当然、雑菌の繁殖しやすい環境になってしまいます。

そこに通気性の悪いパンプスやブーツを履くと、強烈な臭いを放つのです。

常在菌(細菌)が増殖する環境

汗や皮脂自体は臭いを発生させませんし、常在菌自体も臭いを出しません。

つまり、足のニオイを抑えるには「常在菌が増殖する環境をつくらない」ことが大切です。

で、常在菌が増殖する環境は

  1. 温度・湿度・汗や皮脂などのエサ。
  2. 15℃以上の温度、70%以上の湿度を好む。

この2つです。汗や皮脂などのエサを与えないことが、細菌の増殖を抑えるには重要になります。

    さくら さくら

殺菌、制汗、角質除去が一度にできる以下のアイテムがおすすめです。

足が臭い女性におすすめの厳選2品!

  1. ノーノースメル
    防臭・制汗・殺菌・角質ケアと、足のニオイの原因を徹底排除する足専用の消臭クリーム。利用者の93%が「臭いが消えた!」と、実感できる商品です。→詳しく見てみる
  2. アニセ薬用石けん
    アニセ薬用石けん
    足のニオイ原因物質「イソ吉草酸」を99%消臭してくれる話題の石鹸。古い角質や皮脂をしっかり吸着して洗い流してくれます。→詳しく見てみる

 

    さくら さくら

この組み合わせが最強ですが、「お金が厳しい!」という人は最低限①は試されるといいですよ。

間違った足の臭い対策では効果なし!

あなたは足が臭いときの対策、どうしていますか?

消臭スプレーを使う?消臭クリーム?ボディソープでしっかり洗う?

確かにこれらの対策は間違ってはいませんが、これでは100%臭いを根絶することはできません

さくらさくら

どういうこと?

足のニオイを改善するには「殺菌・角質除去・消臭・制汗・乾燥・洗浄」これらを同時におこなうことがポイント。

つまり、どれか1つや2つ対策をしても効果が薄く「複数の原因をいっぺんに潰す」ことが、足の臭い対策にとっては重要です。

基本的な足の臭い対策

足の臭い対策の基本は

  1. 細菌を繁殖させない。
  2. 湿気を取り除く。
  3. 汚れを洗い流す。

この3つです。

細菌が好む環境(高温多湿)を避け、細菌に水分(汗)やエサ(皮脂や角質)を与えないこと。

そして、細菌自体を洗い流して死滅させること。

これらを同時に対策することで足の臭いを劇的に軽減することができます。

足の臭いを消す!6つの消臭対策法

上記でもお伝えしたように、足の臭いを解消するには「殺菌・角質除去・消臭・制汗・乾燥・洗浄」の6つの対策をおこなうことが重要です。

ここでは、それぞれの対策法を詳しく紹介していきます。

殺菌(細菌を殺す)

細菌が増えなければ、足も臭くなりません。そこで大切になるのが細菌の「殺菌」。

殺菌とは、文字通り悪臭の原因となる細菌を死滅させることです。

で、殺菌と似た言葉で「除菌」や「抗菌」という言葉がありますよね。

除菌 菌を一定数減らすこと。
抗菌 菌の増殖を抑制すること。

菌を殺さなくても一定数の菌を減らす目的が除菌で、抗菌は菌が住みにくい環境をつくることが目的で、菌を殺したり減らす効果はありません。

効果の強さで現わすと

「殺菌>除菌>抗菌」の順番になります。

    さくら さくら

足の臭いを抑えるには殺菌作用が重要なんですね。

洗浄(細菌や汚れを落とす)

足の臭い対策の基本は「洗浄」。つまり、足をきれいに洗うことです。

ボディソープをしっかり泡立てて、手でやさしく洗います。

このとき、ブラシなどで足裏を洗うと角質を傷つけてしまう可能性があるので、あくまでも手でやさしく洗いましょう。

さらに、指と指の間もしっかり洗うことがポイント

上記でもお伝えしたように、つま先部分は雑菌がたくさん住み着いているからです。

また、一般的に売られているボディソープや石鹸だと不十分なので、足専用の石鹸を使うとより効果が望めます。

    さくら さくら

足をきれいにすることは基本ですね。

角質除去(細菌にエサを与えない)

足の裏は体全体を支えるので、どうしても角質が厚くなります。

さらに、かかとは負担が大きいので角質が分厚く(角質肥厚)硬くなるんです。

で、分厚くなった角質は細菌の絶好のすみかに

とくにガサガサになったかかとは汗や皮脂が入り込みやすく、細菌が最も増殖する場所。

なので、洗っただけでは簡単に落ちません

古い角質をフットスクラブや軽石、ピーリングなどで除去して清潔にしておく必要があります。

    さくら さくら

雑菌のすみかを潰しておくことが大事なんですね。

制汗(汗を抑えて水分を絶つ)

足の裏は、1日にコップ1杯分(約200cc)の汗をかくといわれています。

で、雑菌が増殖するためには汗(水分)が必要不可欠

素足で生活していれば汗は蒸発しますが、日中のほとんどを靴下やストッキングを履き、さらに靴やパンプスで覆うので、汗が蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。

足専用の制汗スプレーや制汗作用のあるクリームを使って、できるだけ足汗を抑えることが臭い対策には必須です

    さくら さくら

汗をかかないように、予防しておくことも大事です。

乾燥(足を乾かす)

上記でお伝えしたように、細菌は水分がなければ増殖することができません。

というよりも、水分さえなければ死滅します。

で、多くの人が忘れているのが「お風呂上がりに足を乾かさない」こと。

お風呂上がりに体は拭いても、足をしっかりと拭いている人は少ないのではないでしょうか?

せっかく足を念入りに洗っても、しっかりと水分を拭き取らなければ雑菌が繁殖してしまいます。

お風呂上がりは足の甲や裏だけでなく、指と指の間もタオルで丁寧に拭き取り、足を乾かしておきましょう。

    さくら さくら

ちょっとした、心がけが細菌を繁殖させないポイントです。

消臭(発生した臭いを消す)

足の臭い対策は足だけではありません。

普段履いている靴やパンプス、ブーツの消臭対策もしっかりおこなうことが重要です。

チェックポイント
ブーツの中の細菌数は、1平方cm当たり(1cm×1cm)約4,500万個の細菌がいるそうです。

 

ブーツの長さにもよりますが、ブーツ全体では4億5,000万個の雑菌が存在している計算に。

なので、同じブーツや靴を連続で履かずに間隔をあけて履いたり、風通しのよい場所でしっかり乾燥させる、専用の消臭剤を使うなど予防するようにしましょう。

    さくら さくら

履き物にも気をつかうことが大切なんですね。

足が臭い女性におすすめの厳選2品!

  1. ノーノースメル
    防臭・制汗・殺菌・角質ケアと、足のニオイの原因を徹底排除する足専用の消臭クリーム。利用者の93%が「臭いが消えた!」と、実感できる商品です。→詳しく見てみる
  2. アニセ薬用石けん
    アニセ薬用石けん
    足のニオイ原因物質「イソ吉草酸」を99%消臭してくれる話題の石鹸。古い角質や皮脂をしっかり吸着して洗い流してくれます。→詳しく見てみる

 

    さくら さくら

この組み合わせが最強ですが、「お金が厳しい!」という人は最低限①は試されるといいですよ。

足の臭い対策は「足・ストッキング・パンプス」を同時におこなう!

足の臭いを根本から解消するには、足・ストッキング(靴下)・パンプス(靴)を同時に対策することが大切です。

 さくら さくら

どれか1つが欠けると効果が薄いです。

では、足・ストッキング・パンプスの対策の方法を紹介します。

足の臭い対策

何度もお伝えしていますが、足の臭い対策は基本中の基本です。

足の臭い対策をしっかりしておくことで、悪臭を軽減することは可能。

足の裏や指の間、かかとには古い角質や垢、皮脂などがこびりついています。

 さくら さくら

これが細菌のエサになるんです。

私たち人間は生きている以上、新陳代謝が行われているので汚れが出ることは仕方ありません。

なので、まずは基本である足をしっかり洗いましょう。

そのとき、足専用の薬用石鹸などで洗うと、細菌・角質・皮脂・汗を洗い流すことができるので効果的です。

足を洗った後は、水気をしっかり拭き取り足を乾かしましょう。

ストッキング(靴下)の臭い対策

案外、見落とされがちなのがストッキング靴下

特に安価なストッキングはナイロンやポリエステル繊維の素材が多く、さらに薄いので汗をかいても吸収しにくく蒸れやすい環境に。

 さくら さくら

ストッキングが細菌の繁殖を手助けしてしまうんです。

今は消臭加工されているストッキングも販売されているので、試してみる価値はあります。

また、靴下は5本指がおすすめ

指1本ずつに分かれているので、指同士がくっつくこともなく、しっかり汗を吸収してくれます

素材も、吸湿・放湿にすぐれたシルク、汗をしっかり吸収する綿、銀イオンなどの抗菌・防臭効果が施された素材などがあるので、目的に合わせて使うようにしましょう。

パンプス(靴)

足で増殖した細菌は、ストッキングや靴下をすり抜けてパンプスや靴にも住み着いています

で、足は毎日洗うことができますが、パンプスなどはほとんど洗いませんよね。

つまり、パンプスの中では雑菌が増殖を繰り返しているのです。

なので、基本的には同じ靴を毎日履かないことです。

チェックポイント
「1日履いたら3日は休ませる」このローテーションを繰り返すことで、細菌が増殖しにくくなります。

 

また、消臭スプレーを吹きかけて除菌しておくことも雑菌の増殖を予防するには効果的です。

で、繰り返しますが「これらの対策を同時におこなう」ことが大事。

「足・ストッキング(靴下)・パンプス(靴)」の臭い対策を同時におこなうことで、悪臭は大幅に減少します。

足の臭いが気になる女性におすすめの厳選2品!

「足・ストッキング(靴下)・パンプス(靴)」の臭い対策を同時におこなうことが大切ですが、さらに徹底的に臭いを消すなら以下の商品がおすすめです。

ノーノースメル

ノーノースメル

ノーノースメルは、足の臭い対策に必要な「殺菌・角質ケア・制汗・消臭」を、これ1本でできてしまう足専用の消臭クリーム

殺菌 細菌を増やさない。
角質ケア 細菌にエサを与えない。
制汗 細菌が好む蒸れを抑える。
消臭 発生した臭いを抑える。

これらの対策を同時にできてしまう優れもの。

一般的な消臭クリームや制汗剤は、1つか2つの機能しかないので効果が実感できません。

その点、ノーノースメルなら4つの機能が同時にはたらくので、モニター調査では93%の人が効果を実感している最強の消臭クリームです。

実際に使ってみて効果を実感できなければ返金してくれる「全額返金保証」もついているので、負担なくためしてみることができます。

\臭わない!最強の消臭クリーム/

アニセ薬用石けん

アニセ薬用石けん

アニセ薬用石けんは、足の臭い対策に特化した薬用石けん

アニセ薬用石けんの特徴は

薬用炭 汚れや皮脂を吸着する。
ベントナイト マイナス電荷で角栓や余分な皮脂を吸着。
柿渋エキス 細菌の繁殖を抑える。
ミョウバン 制汗作用があり足汗を抑える。

アニセ薬用石けんは、医薬部外品の承認も受けているので効果もお墨付きです♪

さらに7種類の添加物が一切使われていないので、汚れや臭いをしっかり落としながらもお肌にやさしいのが特徴

足の汚れを落とすことは臭いを抑える基本中の基本なので、徹底的に消臭にこだわりたい人にはおすすめです。

\イソ吉草酸の消臭率99%!/

アニセ薬用石けんとノーノースメルは、足の臭い対策には最強の組み合わせです。

お金をかけないで足の臭いを抑える方法

最後に、お金をあまりかけなくてもできる足の臭い対策を紹介します。

重曹で足を洗う

重曹は正式名称を「炭酸水素ナトリウム」といい、安全で安価な白い粉状の物質で、スーパーなどでも簡単に手に入ります。

    さくら さくら

100均でも購入できます。

で、この重曹は弱アルカリ性で、化学変化によって酸性である悪臭物質であるイソ吉草酸を中和させる効果が期待できます。

使い方は洗面器にお湯を張り、重曹を大さじ3杯入れるだけ。10~15分足湯をするだけで、臭いが中和されますよ。

あと、履かなくなった靴下やストッキングに重曹を粉状のまま入れ、パンプスや靴に入れておくだけで消臭と除湿効果が期待できます。

足の爪をこまめに切る

足をしっかり洗っても、足の爪が伸びていては臭いは軽減できません。

爪が伸びていると爪の中(とくに親指)に汚れや垢がたまりやすく、細菌にとっては絶好のすみかに。

爪の汚れや垢は爪ブラシで洗って、こまめに爪を切るようにしましょう。

靴下やストッキングを替える

出先やデートで臭いが気になったら、靴下やストッキングを履き替えるだけでも臭いを抑えることができます。

そのとき、除菌シートで足の裏や指の間を拭いておけば除菌もできるので一石二鳥。

ただ、根本的な臭い対策ではないので「応急処置」として、用意しておくといいでしょう。

指の間を丁寧に洗う

指の間を丁寧に洗うことは、細菌を増殖させない基本です。

 さくら さくら

でも、以外とできていない人が多いようです。

足の指を丁寧に洗って、しっかり乾かすことで細菌が住みにくい環境をつくることができます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

足の臭いの正体は「イソ吉草酸」と「酢酸」。

この2つをやっつけるには「雑菌を増やさない・エサを与えない・すみかをつくらせない」この3つが基本です。

突然、パンプスやブーツを脱ぐ状況になったとしても慌てないように、毎日ケアしておきましょう!

足の臭い対策最強の組み合わせはこちら