ヤバい!女性なのに頭皮がオヤジ臭い!その原因と対策を分かりやすく紹介
この記事のまとめ

女性の頭皮が臭い原因ケア方法について解説します。

頭皮が臭くなる原因は「皮脂の酸化」と「細菌が分解する際のニオイ」です。

この原因を解消するには「皮脂のバランスを整える」ことが基本的な対策となります。

頭皮のニオイをケアするにはどんな方法があるのか?

女性の頭皮の臭いを改善する話題のシャンプーとは?

 

今日は、女性の頭皮が臭い原因について書いてみたいと思います。

実は、頭皮が臭くて悩んでいる女性は少なくありません。

引用元:頭皮の状態が気になる女性は何割?

15~39歳の女性500名を対象にインターネットでアンケートをとったところ、頭皮に悩みを抱えている女性がたくさんいることがわかります

しかも、悩みを抱えているのに頭皮ケアをしていない人の割合は約7割

 さくら さくら

ケアの仕方がわからない人がほとんどです。

実は、頭皮の臭いケアにはちょっとしたコツがあるんです。

この記事を最後まで読むことで、おっさんのような頭皮の臭いと「さよなら」できるかもしれませんよ。

すぐにケアしたい方はこちら

女性でも匂うんです!頭皮が臭くなる原因は?

「頭皮が臭い=男性」のイメージがありますが、女性でも頭皮は臭くなるんです。

で、頭皮が臭くなる一般的な原因は「頭皮から分泌される皮脂」が関係しています。

実は、頭皮には皮脂腺がたくさんあって、体の中でも1番皮脂分泌が多いんです

 さくら さくら

顔のTゾーンの2倍あるといわれています。

頭皮の毛穴にはたくさんの皮脂や汗、ほこりや空気中の汚れがべっとりと付着しています。

なぜ、このべっとりとした汚れが臭いを発生させるかというと

  1. 皮脂や汗が空気と触れて酸化して臭う。
  2. 皮脂や角質を細菌がエサにして臭う。

この2つです。

①は、とくに皮脂と汗が混ざり合って酸化すると、腐ったようなニオイがします。

で、②は、エサである皮脂や角質を肌に住み着いている細菌(常在菌)が分解する際に発生します。

    さくら さくら

ノネナールという加齢臭の元です。

つまり、頭皮の臭いは皮脂や古い角質の酸化したニオイか、細菌が分解するときのニオイってことです。

40代からが危険!女性の頭皮が臭くなるんです

実は、40代から頭皮が臭くなる女性が急増するって、知ってましたか?

男性は40代をピークにニオイが減り始めますが、逆に女性は40代から急増するんです。

その原因のひとつが「女性ホルモンの乱れ」。

女性には、女性らしさに関係している「エストロゲン」と、妊娠をつかさどる「プロゲステロン」という2種類の女性ホルモンがあります。

で、この女性ホルモンは30代後半から徐々に減少。

女性ホルモンが減ると、今度は男性ホルモンが増え始めるので皮脂分泌量が増えます

    さくら さくら

これが40代の女性の頭皮が臭くなる理由です。

間違った頭皮の臭い対策法

上記でお伝えしたように、頭皮が臭くなる原因は

  1. 皮脂や汗が空気と触れて酸化して臭う。
  2. 皮脂や角質を細菌がエサにして臭う。

この2つですよね。

つまり、頭皮の臭いをケアしようとするなら、皮脂や古い角質の汚れを減らすか、頭皮の細菌を減らすことが効果的です

    さくら さくら

ほとんどのサイトで書かれていることです。

でも、頭皮の細菌(常在菌)のことをちゃんと知らないと、正しいケアができません。

頭皮(正確には体全体)には、常在菌という菌が住み着いています。

人間には200種類以上の常在菌がいるといわれていますが、その中でも代表的な常在菌が

  1. 表皮ブドウ球菌
  2. 黄色ブドウ球菌
  3. アクネ菌

この3つです。で、この常在菌にも「善玉菌」と「悪玉菌」があります。

善玉菌である表皮ブドウ球菌は、皮脂を脂肪酸とグリセリンに分解して肌を弱酸性に保ってくれます。

また、リパーゼという脂肪分解酵素を持っていて、皮脂を分解する際に汗と混ざり合うことで頭皮を保湿してくれるはたらきも。

    さくら さくら

天然の保湿剤ですね。

つまり、善玉菌は皮脂を食べてくれるんです。

その一方で、悪玉菌の一種である黄色ブドウ球菌は、皮脂を食べるときに「レチノール」という臭い物質を出します。

このように、頭皮の常在菌のバランスによって臭いが強くなったり弱くなったりするんです

頭皮が臭い原因がシャンプー!?

頭皮の臭いを改善しようとすると、真っ先に思い浮かべるのがシャンプーですよね?

で、シャンプーを使う際は

  1. 洗いすぎない。
  2. こすりすぎない。
  3. しっかり洗い流す。

この3点セットが対策の鉄則といわれていますが、実は「洗いすぎない」というのが、頭皮が臭くなる原因のひとつです。

シャンプー解析サイトとかをみると、「シャンプーで皮脂を取り過ぎないように」という感じで書かれていますよね。

これは「皮脂を取り過ぎると、身体が調整して皮脂を過剰に分泌してしまうから」です。

なので、皮脂を取り過ぎないアミノ酸系シャンプーを使いましょう!とか、石油系界面活性剤しようのシャンプーは常在菌を除菌してしまうから、天然成分の頭皮にやさしいシャンプーを使いましょう!なんて書かれています。

で、多くのサイトでは「アミノ酸系の洗浄力がやさしいシャンプーで洗いましょう」って、推奨していますが・・・

中途半端なシャンプーが頭皮を臭くする!

最近のスキャルプケア(頭皮のお手入れ)の主流としては

  1. 洗浄力のある成分を使って毛穴の汚れを落とす。
  2. アミノ酸系シャンプーで皮脂を落としすぎない。
  3. 湯シャンで皮膚常在菌を活性。

この3種類があります。

    さくら さくら

③番目の湯シャンは、文字通りシャンプーを使わずに「お湯だけで髪を洗う」ことです。

で、ここで間違ってはいけないのが、頭皮の臭い人が②を実践してしまいがちという点。

頭皮ケアという大きな観点から考えれば間違ってはいませんが、頭皮の臭いケアという観点から考えてみると、微妙な方法といえます。

つまり、頭皮が臭い原因は「皮脂が酸化することによって起る腐敗臭」。

この皮脂を残してしまうことは、臭いの元を残していると同じことです。

なので、頭皮の皮脂汚れをしっかり落としながらも、適度な皮脂分泌量を調整するシャンプーで洗うことがポイントです。

自宅で簡単にできる臭い頭皮の対策法

「皮脂の汚れを落としながらも、皮脂を取り過ぎない」一見すると矛盾にも思えますよね。

頭皮の臭い対策に市販のシャンプーを使っている方も少なくありませんが、基本的に市販のシャンプーでは脂臭いニオイは落ちにくいです

頭皮の臭いは皮脂分泌量が過剰になり、その皮脂が酸化して臭いを放ちます。

で、市販のシャンプーは洗浄力が強い成分を使って強制的に皮脂を取り除くので、一時的にスッキリ感がありますが、時間が経つにつれて皮脂分泌量が増え、臭いが発生するのです。

    さくら さくら

専用シャンプーを使うことがおすすめです。

頭皮のべたつき&臭いケアシャンプー「キュアラフィ」

キュアラフィ

一番手っ取り早く臭いを解消するなら、専用シャンプーを使うことです。

頭皮の臭いやべたつきに悩んでいる人の93.5%が満足している商品が「キュアラフィ」です。

キュアラフィの特徴は

  • 頭皮の臭いを抑えるために開発されたシャンプー
  • 使い続けることで皮脂分泌量が正常になる
  • 毛穴の奥の汚れもしっかり落とす
  • 11種類の添加物が一切不使用でつくられている

こんな感じです。

頭皮の臭いの原因は「皮脂の酸化」と「細菌の繁殖」。

つまり、頭皮の臭いを抑えるには、皮脂の酸化と細菌の増殖を同時に抑えることが大切です。

グリチルリチン酸2K 抗炎症作用で細菌の繁殖を抑える。
プロリン 頭皮を保湿し皮脂の酸化を防ぐ。

さらに天然成分もたっぷり配合されているので、頭皮をトータルでケアしてくれます。

180日間返金保証もついているので、頭皮の臭いに悩まされている人は試してみる価値ありますよ。

臭い頭皮をスプレーで解消!「ミニョンスカルプヘアミスト」

ミニョンスカルプヘアミスト

外出先などで汗をかいたりして、頭皮が臭くなっても洗うことができませんよね。

そんなときにおすすめしたいのが「ミニョンスカルプヘアミスト」です。

頭皮の臭いが気になったときに、シュッとひと吹きして軽くマッサージするだけで瞬時に臭いを解消してくれるアイテム

柿タンニンエキス 汗や皮脂の臭いを抑える。
サトウキビエキス 皮脂の酸化を防ぐ。

また保湿成分も配合するなど、頭皮への優しさも考えられた処方なので、安心して使えるのもうれしいポイントです。

仕事中やデード中、結んだ髪を解いた瞬間など、気になるときに即効性がある臭い消しスプレーを携帯しておくと便利ですよ♪

\30日間返金保証付き!/

お金をかけずに頭皮の臭いを改善する方法

上記のように、頭皮の臭いケア商品を使うことが一番手っ取り早く効果を実感できますが、お金をかけないでも頭皮の臭いを軽減することは可能です。

そこで、ここからはお金をかけない臭いケアの方法を紹介します。

髪を洗ったらすぐに乾かす

お風呂で髪を洗ったら、すぐにドライヤーでしっかり乾燥させましょう

    さくら さくら

これは、鉄則です。

濡れたままで乾かさないでいると、髪や頭皮に水分が残り細菌が繁殖し臭いの原因に。

また、髪は濡れているときが一番ダメージを受けやすく、抜け毛や薄毛の原因にもなってしまうので、髪を洗ったらすぐにドライヤーをかけることを習慣にしてください。

脂っこいモノを控える

お肉や揚げ物などの動物性の油は、頭皮の臭いが強くなる傾向にあります。

そこで、頭皮の臭いを軽減する食べ物として

アルカリ性食品 ひじき、海苔、もずく、わかめなど
抗酸化食品 オクラ、人参、ピーマン、ブロッコリーなど
腸内環境をととのえる食品 味噌、ヨーグルト、納豆など

これらを積極的に摂るようにしましょう。

とくにリンゴには消臭効果のあるポリフェノールが含まれているので、毎日でも食べて頂きたい食材のひとつです。

また、梅干しを1日に1~2粒食べることもおすすめ。

人間の身体は弱アルカリ性に保たれていますが、これが酸性に傾くと臭いを引き起こす原因に。

で、梅干しには「クエン酸」がたくさん含まれています。

クエン酸は、酸性方向に傾いた身体を健康な弱アルカリ性に変えることができるんです。

    さくら さくら

梅干し1粒に、レモン2~3倍のクエン酸が入っています。

さらにカルシウムや鉄分、マグネシウムなども含まれているので、頭皮の臭いだけでなく体の不調も予防することができます。

睡眠をしっかりとる

仕事や家事、育児などで疲れていたりストレスが多い生活を送っていると、交感神経が優位になり「男性ホルモン」の分泌量が増えます。

 さくら さくら

そうすると皮脂分泌量も増えるんです。

「疲れやストレス=頭皮の臭い」ではありませんが、皮脂が増えれば当然、臭いも強くなります。

なので、質の良い睡眠をしっかりと摂るようにしましょう。

とくに髪を育てる「毛母細胞」は就寝後2~3時間後に活性化するので、睡眠をしっかりとることで頭皮環境はぐっとよくなるはずです

まとめ

頭皮もお肌と同じ皮膚ですが、お肌に気をつかっても頭皮に気をつかう人は多くはありません。

しかし、頭皮は皮脂が多いといわれるTゾーンの約2倍の皮脂を分泌します。

つまり、ケアを怠れば臭いがしても当然なのです。

頭皮の臭いケアは難しくありません。ほんの少し気をつけることで解消することは可能

しっかりケアすることで、満員電車やエレベーターに乗ったときに、臭いがしないかヒヤヒヤする心配もなくなりますよ♪

すぐにケアしたい方はこちら