冷え性を改善!91.3%の人が実感した自宅で簡単にできる対策とは!?
この記事のまとめ

冷え症の原因から対策までを解説しています。

冷え症の原因は、血液の流れが悪くなるために毛細血管まで温かい血液が流れないでことです。

冷え症を改善するには、身体を温めることが対策になります

身体を温めるにはどんな方法があるのか?

使用者の91.3%が実感した自宅で簡単にできる対策とは?

 

今日は、冷え症にについて書いてみたいと思います。

「足が冷えて寝つけない」
「寒くていつも厚着になってしまう」
「夏でも手足が冷たい」

このような悩みを抱えている女性は少なくありません。

日本人女性の約7割が経験している「冷え性」。そのほとんどが「手足の冷え」ですが、実は3人に1人はとくに何も対策をせずに放置したままです

    さくら さくら

最近は、男性の冷え症も増えています。

そこで、この記事では冷え症の原因を知って、冷えに負けない健康な体をつくるための対策を紹介していきます!

冷え症の原因は?

そもそも、冷え症とはなんでしょうか?

冷え症とは、「普通の人が寒さを感じないくらいの環境で、手足や腰、または全身が冷えてつらい状態」のこと。

引用元:タケダ そもそも冷え症とは・・・

つまり、冷え性とは”血液のめぐりの悪さ”が原因です。

私たち人間の理想体温は36.5℃です。では、なぜ36.5℃が理想なのでしょうか?

その答えは「免疫システムがベストの状態ではたらく」から。

ヒトの体を守っている免疫システムは、体温が36.5℃のときにベストな状態ではたらいてくれます。

    さくら さくら

これは、とっても重要なことです。

免疫細胞は、皮膚や腸管、リンパ節、涙腺、耳下腺、扁桃腺など、体のあちらこちらにあり、いつも外敵から私たちの体を守っています。

で、体温が36.5℃だと健康に欠かせない5つの基本的条件が整います。

  1. 血流がよくなる。
  2. 免疫力が高くなる。
  3. 酵素がよくはたらく。
  4. 新陳代謝がよくなる。
  5. 精神的に安定する。

この5つです。

たとえば、血流がよくなると「内臓が元気・肌がキレイ・スタミナがある」、免疫力が高くなると「風邪を引きにくい・ガンになりにくい・アレルギーにならない」など、健康で若々しい体を維持するための条件が揃うんです。

その一方で、冷え性になると血行不良が起るので、免疫力が低下して様々な不調が現れるようになります。

さくらさくら

どんな不調が出るの?

冷え症からくる主な症状

女性は男性と比べて熱をつくり出す筋肉が少ないので、血液を手足の末端までめぐらせることができません。

体が冷えると「血液循環が悪くなる→自律神経やホルモンバランスが乱れる→さらに冷える」という負のスパイラルに。

そこでここでは、女性の冷え性で起る主な症状をお伝えしていきます。

生理痛がひどくなる

「生理痛は当たり前」そんな女性も少なくありません。

月に1回訪れる生理は病気や異常ではないので、健康な女性なら生理に大きな苦痛をともなわないのが普通です。

しかし、生理痛の原因のひとつが「冷え」ということを知っている人は多くありません

女性の体温は生理初日から低下し、排卵日でさらに低下、その後高温期となります。

で、生理中に体温が下がることで

  1. 月経困難症
  2. 生理不順

などが起る可能性があります。

通常、血液を体の外に排出する際は、子宮の収縮が起ります。

しかし、体が冷えていると子宮の収縮がさらに強くなり、強い腹痛や腰痛などの「月経困難症」を引き起こしてしまうのです。

さくらさくら

冷え性は子宮の病気にも関係があるの?

子宮は一番冷えやすく弱い!

そうなんです。子宮は体の中でも一番冷えやすい臓器のひとつです。

体の熱は筋肉から発生するだけでなく、内臓の活動によっても発生しています。

内臓の中でも「肝臓」は熱を生み出す最大の発生源。

ですが、子宮は肝臓から一番遠い場所にあるだけでなく、手足のようによく動く場所ではないため、血行不良を起こしやすいのです。

女性の場合、下腹部には子宮や卵巣など構造が複雑で、古い血液が溜まりやすく血行を妨げるのでさらに体が冷えてしまいます

子宮が冷えると、生理時の排泄作用が弱まり、本来排泄される血液が子宮の中に残ってしまい「子宮内膜症」や「子宮筋腫」などの原因になることがあります。

関節リウマチ

30~50代の女性に多発する「関節リウマチ」。

手足の指やひじ、ひざなどの関節が腫れて痛み、次第に変形してくる病気です。

この関節リウマチの病気に大きく関係しているのが「免疫力の異常」。

免疫システムに何らかの異常が起こり、本来細菌やウイルスなどの外敵を攻撃する免疫細胞が、自分自身の体の細胞やたんぱく質などを攻撃してしまう病気です。

    さくら さくら

これを自己免疫疾患といいます。

慢性関節性リウマチは、この疾患のひとつです。

で、免疫力の異常も冷え性から起ります。免疫力が正常にはたらくためにも、36.5℃が必要不可欠なのです。

体温を上げることで免疫力も上がるので、かなりの改善が見込まれるともいわれています。

便秘

女性に多い「便秘」。実は、この便秘の原因も冷え性と深い関係があります。

体が冷えていると、体全体の機能が低下してしまいその結果、血流が滞り腸の運動が鈍くなります。

腸の運動には筋力も関係していますが、一般的に女性は筋力が少ないので便を押し出す力が弱く、ますます便秘がちに

また、冷え性は内臓の動きをつかさどる「自律神経」のはたらきも鈍くしてしまうので、消化吸収、排泄にまで影響を及ぼしてしまいます。

    さくら さくら

便秘の状態が続くと腸に便がたまりガスが発生するんです。

このガスが血液中に再吸収されて、全身を回ってしまいます。

老廃物などを含んでいるドロドロの血液は、末端の毛細血管まで行き渡りません。

その結果、さらに冷え性がひどくなる悪循環が起るのです。

なかなか痩せない

いくら頑張ってもダイエット効果が現れない・・・。もしかしたら、これも冷え性が関係しているかも知れません。

もし、あなたが食事制限や運動をしっかりやっていても痩せないようなら、まず自分の体が冷えていないかチェックしてみてください

 さくら さくら

実は、肥満で悩んでいる人の中には冷え性の人が多くいます。

太っていると見た目は温かそうに見えますが、実は冷えで体の代謝機能が低下すると脂肪燃焼効率も悪くなり、燃え切れない脂肪が体に蓄積された結果なのです。

つまり、肥満の重大な原因のひとつが「冷え」といえるのです。

体が冷えている状態で食事制限など、間違ったダイエットを行うと冷えがさらに進行し、どんどん痩せにくい体になってしまいます。

肌荒れ

お肌は健康のバロメーターといわれます。

疲れやストレス、寝不足、食生活の乱れなど、生活の乱れはすべてお肌に正直に現れることはご存じだと思います。

それもこれも、生活の乱れによって体が冷え、血流が悪くなるからです

血液がしっかり全身をめぐっていないと、肌細胞に栄養が届かずにターンオーバーの乱れにつながります。

ターンオーバーが乱れると、本来なら「垢」となって剥がれ落ちる古い角質が肌に残ったままになります。

この状態を「角質肥厚(かくしつひこう)」といい、肌のザラつきやくすみ、吹き出物やシミなどの肌トラブルの原因となるのです。

    さくら さくら

冷え性はよいことが一つもないので、下記のようなグッズが効果的です。

手っ取り早く冷え対策ができる厳選2品!

  1. ルピエライン
    93.1%の人が効果を実感!軽くマッサージしながら塗るだけで、血液とリンパ液が循環。寝ている間にむくみや冷えを改善してくれます。→もっと詳しく見る
  2. ミネラルバスパウダー
    お風呂にスプーン1杯入れるだけで、脂肪燃焼・冷え症改善ができる入浴剤です。入浴後30分経っても体温がキープできます!もっと詳しく見る

 

    さくら さくら

この組み合わせが最強ですが、お金が厳しい!という人は最低限②は試されるといいですよ。

男だって冷えている!男性の冷え症の症状

「冷え性=女性」のイメージがありますが、この考えはもう古いです。

男性も冷え性になることを認識しておかないと、いつの間にか取り返しがつかなくなってしまいますよ。

メタボリックシンドローム

男性の冷え性は、内臓が冷え「メタボ腹」をつくる原因に。

メタボリックシンドロームとは、内臓脂肪が増え、生活習慣病や血管の病気になりやすくなっている状態をいいます。

引用元:e-ヘルスネット

メタボを日本語に直すと「代謝異常症候群」。

血液中の糖や脂質を分解する体の代謝が正常でなくなる症候群のことをいいます。

 さくら さくら

実は、冷え性とメタボは切っても切り離せない関係なんです。

体温が1℃低下すると代謝は12%低下するので、正常な代謝を妨げてしまうからです。

さらに、問題は代謝低下だけでなく「内臓脂肪」にもあります。

体を冷やす食生活や生活習慣によって内臓が冷えることで、体は危機感を感じとり、内臓の周りに脂肪を蓄えようとするのです。

さらに、脂肪が血管の内側や内臓の周囲に付着すると血液の流れが悪くなります。

そうすると血管が細くなり、血流が悪くなって「動脈硬化」の原因となるのです。

男性更年期障害

更年期障害は女性特有と思われがちですが、男性でも更年期障害を起こすといわれています

以前は男性の更年期障害は女性より10年遅い50代後半からといわれていきましたが、近年では若年化の傾向にあります。

 さくら さくら

早い人では30代で症状がでることも。

原因不明の疲労で悩んでいるようなら、もしかしたら男性更年期障害かも。

男性の更年期障害は、女性と同様にホルモンとの関わりが深く、加齢とともに男性ホルモンが低下してくることが原因です。

女性の場合よりもゆるやかに低下するため、症状の出現もゆるやかなのが特徴

「冷え性=女性」と思われがちであるため、男性にとって認識されにくいことから、とくに気をつける必要があります。

抜け毛や薄毛

髪の毛は2~6年のサイクルで生え替わっていますが、毛髪の血液循環は体の最上部にあるので、血液が届きにくい環境にあります。

さらに、そこへ冷え性がプラスされると血行不良が起り、栄養が行き届かなくなります。

その結果、髪の毛をつくり出す工場である「毛母細胞」がダメージを受け、ヘアサイクルが乱れ細い髪になり、やがて抜け毛につながってしまうのです。

手っ取り早く冷え対策ができる厳選2品!

  1. ルピエライン
    91.3%の人が効果を実感!軽くマッサージしながら塗るだけで、血液とリンパ液が循環。寝ている間にむくみや冷えを改善してくれます。→もっと詳しく見る
  2. ミネラルバスパウダー
    お風呂にスプーン1杯入れるだけで、脂肪燃焼・冷え症改善ができる入浴剤です。入浴後30分経っても体温がキープできます!→もっと詳しく見る

 

    さくら さくら

この組み合わせが最強ですが、お金が厳しい!という人は最低限②は試されるといいですよ。

自宅でできる冷え症を改善する5つの方法

では、ここからは自宅で簡単にできる「冷え取り実践編」を紹介していきたいと思います。

    さくら さくら

どれも簡単ですから試してみてくださいね。

お風呂で体温を上げる

お風呂で体を温めることは、冷え性を改善するには一番手っ取り早い方法です。

ですが、ただお風呂に入ればいいだけでは冷え性は改善できません。

冷え性を改善するには、38~39℃のぬる目のお湯で20分間の「半身浴」をすることです

熱めのお湯の方が体が温まりそうな気がしますが、熱すぎると皮膚は熱を中に入れないように防御反応を示します。

皮膚表面は温度が高くなりますが、血管が縮まるため血液循環が悪化し、体の芯は冷えたままとなってしまいます。

 さくら さくら

カラスの行水は逆効果ってことですね。

なので、副交感神経をリラックスさせるためには38~39℃のぬる目のお湯がおすすめですし、じんわりと温まった血液が全身に行き渡るために必要な時間は約20分だからです。

また、半身浴は心臓にかかる負担が少なくなるだけでなく、血管やリンパ管を適度に圧迫するので循環がよくなり、全身の代謝を高めることができます。

肩までどっぷりはダメ!
肩までお湯に浸からないとお風呂に入った気分にならない人も多いと思いますが、肩まで浸かる「全身浴」は560kgの水圧がかかるので、血管やリンパ管を一気に圧縮し、心臓に大きな負担がかかってしまいます。

 

温度差をつけたシャワーで刺激

40℃と20℃のシャワーを首の後ろに交互に5回、30秒ずつかけると「褐色脂肪細胞」が活性化します。

褐色脂肪細胞とは、体脂肪を燃やす役割を持つ脂肪細胞のことです。

体温の調節や新陳代謝機能に深く関係しています。

首や肩甲骨、脇の下、腎臓付近に褐色脂肪細胞は密集しているので、この細胞を活性化することで体温の上昇につながりますよ。

足湯をまめにおこなう

足の裏は「第二の心臓」といわれるくらい、体の各器官につながる反射区といわれるツボがたくさん集まっています。

    さくら さくら

足湯はとくに下半身の血液循環を改善します。

足先の血行がよくなれば、全身の血行もよくなります。

足には太い血管が通っているので、足を温めればその温まった血液が全身へ流れ、全身浴と同じ効果が得られるのです。

足湯の場合は40~42℃と、通常のお湯より2℃くらい高めに。時間も約15~20分くらいで、汗がジワリと出るくらいが目安です。

足湯をすることで、本来体を温めるためにフル稼働している肝臓を助け、余力ができた肝臓は「老廃物の解毒・免疫力のアップ・脂肪・栄養素の分解」に力を注ぐことができます。

    さくら さくら

足湯グッズ(フットバス)もおすすめです。

足湯は、体への負担が少ないことやのぼせにくいなど、入浴とは違った利点もあります。

冷え性がひどい場合、はじめたばかりの頃は体が温まった感覚がないかもしれませんが、毎日続けることで改善していきますよ。

体温を上げる水の飲み方をする

「水を飲んで体温が上がるの?」って、思うかも知れませんが、毎日飲む水は確実な健康法になります

そして水を選ぶときは、体になじみやすいミネラルバランスがよい水を選びましょう。

    さくら さくら

海洋深層水もおすすめです。

で、体温が上がる水の飲み方は

  • 体を温めてから飲む。
  • こまめにちびりちびりと飲む。
  • 空腹時に飲む。
  • 朝の起きがけに飲む。
  • 就寝前に飲む。

このように、ただ水を飲むだけでなく飲み方にもコツがあります。

また、体の状態によっても飲み方を工夫することで、水の力を十分に取り込むことができ体温アップにつながります。

体を温める食べ物を食べる

漢方では、食べ物には「体を温める作用」と「冷やす作用」があるといわれています。

知らず知らずのうちに、体を冷やす食べ物を取り入れていることで、体を冷やしている可能性も。

さくらさくら

どんな食べ物がいいの?

体を温める食べ物は様々ありますが、とくにおすすめなのが以下の5つ。

しょうが 辛み成分が発汗を促してくれる。
にんにく スコルジニンという成分が、抹消血管を広げて血行をよくする。
たまねぎ 血液の循環をよくする。
長ネギ アリシンが血行をよくし、体を温める。
唐辛子 カプサイシンが体を温める。

これらの食材を普段の食事に取り入れることで、体を温めて冷え性の改善につながります。

生で食べるのは厳禁!
体を冷やす食材も温めれば、体を温める料理になります。その反対に、たまねぎを生で食べると体を冷やす原因に。どんな食べ物でも温かくして食べることが大切です。

 

また、体を温めたり血行をよくする成分として

クエン酸 エネルギー生産に欠かせない栄養素。
ビタミンC 毛細血管の機能を保持する。
ビタミンE 血行をよくする。
レシチン 細胞の構成成分で体力アップにも。
イチョウ葉エキス 血液をサラサラにしてくれる。
ビタミンB群 脂肪をエネルギーに変える。
コエンザイムQ10 細胞を元気にしてくれる。

などがあります。

食べ物で大切なことは、季節にあった食材を取り入れながら、足りない栄養素をサプリメントなどで補給すること。このバランスが重要です。

運動をして筋肉量を増やす

男性よりも女性が冷えやすい理由のひとつは、筋肉量の違いです。

筋肉は体温をもっとも多くつくり出す場所で、筋肉を動かし続けることで体温を平均的に保っています

    さくら さくら

寒いときにブルッと震えるのは、筋肉が熱を生み出すためです。

で、筋肉は20代をピークにどんどん減っていきます。

筋肉を動かさなければ、さらに減るスピードは加速してしまいます。

でも、ただ単に筋肉を付ければいいわけではありません。

効果的に筋肉を付けるには以下の3つがポイント。

  1. お腹の筋肉
  2. 背中の筋肉
  3. 太ももの筋肉

お腹の筋肉

お腹の筋肉は、加齢と共に衰えやすい筋肉です。

筋肉量が低下すると内臓を冷やし、はたらきを低下させてしまうだけでなく、骨盤の歪みの原因にもなるので注意しましょう。

背中の筋肉

背中の筋肉は、体の中でもっとも広い面積を占めています。

背中の筋肉は無理に鍛えようとしなくても、背筋がピンと伸びた姿勢を心がけるだけでも効果的です。

太ももの筋肉

歩く、立つ、しゃがむなど、日常のあらゆる動作で使われる筋肉。

車での移動やデスクワークが中心の人は、筋肉量が低下し、下半身の冷えにも。こまめに動いて筋肉を刺激しましょう!

冷え性を改善するには、日頃から運動をして体温を上げてくれる筋肉を活性化しておくことが大切

ウォーキングを行ったり、日常生活の中で姿勢を正しく保つことを意識するだけでも、筋肉はしっかり使われるので、生活の中に取り入れて続けてみてくださいね♪

冷え取り改善グッズ!おすすめランキング

ここでは、自宅で簡単に冷え性が改善でき、コスパもよい商品を紹介していきます。

第1位|足の冷え対策「ルピエライン」

ルピエライン

冷え性の中でもとくに足が冷える女性は少なくありません。

足が冷えると、寝付けなかったり足先が痺れたり、むくみの原因になることも。

靴下を履いて寝たり、温かい飲み物を飲んだりしても足が温まらない人に人気のクリームが「ルピエライン」です。

ルピエラインには温感成分がたくさん配合されているで、保温持続時間も抜群!

たとえば「バニリルブチル」は、すぐれた温感作用と持続力が高いことがわかっています。

また、血行促進効果にも期待ができる成分として今、注目を集めています。

さらに、ふくらはぎに溜まった老廃物を排出してくれる成分や、リンパ液の循環、筋肉の緊張を和らげる成分も配合した、これ1本で足の悩みを解決してくれるクリームです

ちなみに、ルピエラインは91.3%の人がリピートしているくらい効果を実感している商品。

90日間返金保証も付いているので金銭的負担も少なく、足の冷えで悩んでいる人は試す価値はありますよ。

第2位|ミネラルバスパウダー

ミネラルバスパウダー

全身を温めるにはお風呂に入ることが一番ですが、体の芯まで温めたいなら「ミネラルバスパウダー」を入れましょう!

ミネラルには保温効果だけでなく、発汗作用、殺菌効果まであります。

さらに、血液の量を正常に保ってくれたり、細胞の水分バランスを整えたりと、健康維持には大切なんです。

ミネラルで膨潤(ぼうじゅん)「水分を含んで膨れること」した肌は、成分を浸透しやすい状態になっているので、スクワランや海藻エキスが角層内部まで浸透し、肌のキメを整え入浴後はお肌がしっとり、すべすべになりますよ。

ミネラルバスパウダー

公式サイトでは「お試し6包セット」が1,600円(税込1,760円)で購入できるキャンペーンを実施中です。

体全体が冷える人にはおすすめですよ♪

第3位|アルポカ ヒートスムージー

アルポカヒートスムージー

楽天ランキング1位、アットコスメでも話題の手軽に飲んで体を温めることができる「アルポカ ヒートスムージー」。

アルポカヒートスムージーには

金時生姜 一般のしょうがに比べ保温力が抜群。
ヒハツ 血管機能を回復させる働きがある。
ヘスペリジン 毛細血管の強化や血流改善効果がある。
ホーリーバジル 免疫機能と新陳代謝を高めてくれる。

これらの温感成分と、植物抽出エキスが1包にギュッと濃縮されているので、91.7%の人が「また、欲しい!」と人気の商品です。

    さくら さくら

トレンドに敏感なan・anにも掲載されています。

公式サイトからの注文なら定価4,980円(1ヵ月分)→980円のお得なキャンペーンを実施中です!

アルポカヒートスムージー

しかも使用済みでも返金してくれる「45日間全額返金保証」もついています。

スティック状なので、いつでもどこでも手軽に飲むことができるので、忙しい方におすすめできる冷え対策商品です。

第4位|はちみつ梅エキス

はちみつ梅エキス

体のエネルギー生産を向上させることで代謝活動が高まり、体温を上げることができます。

そのエネルギー生産を向上させてくれるのが「はちみつ梅エキス」。

はちみつ梅エキスには、紀州南高梅1kgからたった20gしか摂れない梅エキスをカプセルにギュッと濃縮。

エネルギー生産が向上すると冷えを改善できるだけでなく、精神的な面からも複合的に健康をサポートしてくれる栄養分です。

はちみつ梅エキス

今なら、お試し15日分がワンコイン500円(税込・送料無料)でお試しできます。