恥垢が臭い!彼氏に嫌われないデリケートゾーンの洗い方とは!?

この記事では、恥垢(ちこう)が臭い原因と対策法を

誰でもわかるように、解説しています。

さらに、失敗しない恥垢と臭いを抑えるアイテムも紹介します!

 

デリケートゾーンの臭いは、“わきが”のような遺伝ではなく「恥垢(ちこう)」が原因のひとつです。

 さくら さくら

恥垢は、膣まわりに溜まる白いカスのことです。

で、この恥垢をエサに細菌が増えることで臭いが発生します。

恥垢は「クリーム状の垢」で、小陰唇や大陰唇にこびりつきやすく、シャワーでササッと洗うだけでは簡単に落ちません。

ですが、この記事を最後まで読むことで、誰でもデリケートゾーンの臭いを抑えることができる可能性がありますよ。

すぐに改善したい方はこちら

恥垢が多い方必見!デリケートゾーンの正しい洗い方を伝授!

お風呂に入ってデリケートゾーンを洗わない方はいないと思いますが、簡単に済ませていませんか?

それでは恥垢をキレイに落とすことはできません

そこでここからは、恥垢を落としてデリケートゾーンを清潔に保つ洗い方を丁寧にお伝えします。

保存版!デリケートゾーンの正しい洗い方

デリケートゾーンの洗い方

① お湯の温度はぬるま湯(35~37℃)で。

ぬるま湯にすることはデリケートゾーンを洗う上でとても重要で、熱すぎるお湯は必要な皮脂まで洗い流し「乾燥」を招く原因に。

さらに、皮膚に刺激を与えて「黒ずみ」を引き起こしてしまう場合もあります。

ぬるま湯でデリケートゾーンを洗い流すことで、ある程度の汚れや雑菌を洗い流すことができます

② 石けんやボディソープをしっかり泡立てる

デリケートゾーンは体の皮膚と違い「粘膜」でできているので非常に敏感です。なので、粘膜を刺激しないようにしっかり泡立てることが大切。

で、デリケートゾーンを洗うときは、始めにVラインの陰毛の根元を中心に洗います

③ Iラインは指の腹を使ってやさしく洗う

Iラインは、大陰唇や小陰唇などヒダが複雑な形状をしている上に、皮膚と皮膚が重なり合っているので汚れや雑菌が溜まりやすくなる部分。

    さくら さくら

これが恥垢の元になるんです。

人差し指と中指の腹を使って、やさしく丁寧に洗うようにしましょう。

ワンポイントアドバイス
恥垢や臭いを抑えようと膣の中まで洗う方がいますが、そこまでする必要はありません。

 

膣内には雑菌が繁殖しないように「常在菌」というバリアの役目をしてくれる細菌がいるので、膣内まで洗ってしまうと、かえって臭いが強くなる原因になります。

④ ぬるま湯でしっかりすすぐ

デリケートゾーンを洗った後はすすぎの番ですが、ぬるま湯のシャワーでヒダの間に泡が残らないようにしっかりすすぐことが大切です。

しっかりすすがないと石けん成分と分泌物が混ざって、悪臭を放つ原因になります。

デリケートゾーンの洗い方をまとめると

  1. ぬるま湯で汗や汚れを落とす。
  2. 石けんはしっかり泡立てる。
  3. デリケートゾーンはやさしく洗う。
  4. すすぎも入念に行う。

この4点に注意して洗うようにしましょう。

デリケートゾーンと呼ばれるくらいデリケートな部分なので、あくまでも「やさしく」が基本ですよ。

デリケートゾーン専用ソープを使うと◎

デリケートゾーンを洗うときは、できれば市販のボディソープは使わないことをおすすめします。

実は、デリケートゾーンは顔や体と違うpH値を示す特殊な部分。

洗浄力の強いボディソープで洗うと、刺激が強くなり痒みやかぶれの原因に。

そこでおすすめなのが「フェミデオ」。

フェミデオ

フェミデオはデリケートゾーン専用石けんです。

デリケートゾーン石けん部門で5冠を達成したフェミデオは、汚れを落としながらも肌に必要な成分を与えてくれます

濃密クリームのような泡立ちと、粘膜を守る9つの添加物がフリーでつくられている使用者満足度97.9%の石けん。

    さくら さくら

黒ずみ対策も同時にできますよ。

さらに専用ミストを使うと鉄壁の防臭力!

フェミデオで恥垢を取ったら、デリケートゾーン専用のミストを使うと更に臭いを抑えることができます。

そこで「専用石けんだけではちょっと不安」という方には「インナーブラン」がおすすめ。

インナーブラン

臭いの原因である雑菌の殺菌と汗を抑える制汗作用があるとても優秀なデリケートゾーンケアクリームです。

携帯できるサイズなので、バックやポーチにしのばせておけば「いざっ」というときでも即効性があるので安心です。

要注意!デリケートゾーンの洗い方5つのNG例

デリケートゾーンは皮膚が非常に薄く、少しの刺激でも敏感に反応しやすい部分です。

さらに、いつも下着に覆われているので湿度も高く、雑菌などが繁殖しやすく痒みや毛嚢炎(もうほうえん)というニキビと同じ症状が起こる場合があります。

そこで、汚れや臭いを落とそうと間違った洗い方をする方も少なくありません

で、以下がやってはいけない5つのNG例です。

  1. 膣の奥まで洗う。
  2. 爪を立ててゴシゴシ洗う。
  3. 熱いお湯で洗う。
  4. 適当に洗う。
  5. 強めのシャワーをあてる。

では、一つずつ解説していきます。

①膣の奥まで洗う

膣内は分泌液でうるおっていると書きましたが、もう少し掘り下げると膣内には「デーデルラインかん菌」という、善玉菌が住み着いています。

デーデルラインかん菌は、体に役立つ良い菌で膣内において乳酸を生産しています。

これによって膣内は強い酸性に保たれるため、外からの細菌やウイルスが侵入するのを防いでいます

    さくら さくら

これを「自浄作用」といいます。

膣内に指を突っ込んで洗ってしまうと、この善玉菌が洗い流されてしまい自浄作用効果が減少し、悪玉菌が繁殖して臭いや痒みの原因になってしまいます。

つまり、膣の中は洗わなくて大丈夫です

というか、洗わない方がいいんです!洗うのは膣の手前までにしましょう

②爪を立ててゴシゴシ洗う

前述したように、デリケートゾーンの皮膚は薄いので爪を立ててゴシゴシ洗ったりナイロンタオルの刺激だけでも傷つきやすい部分。

また、摩擦の刺激により肌を守ろうとメラニン色素をたくさんつくり、黒ずみ(色素沈着)の原因にも。

    さくら さくら

肌のシミと同じ原理です。

なので黒ずみ対策のためにも、デリケートゾーンは指の腹でやさしく洗うようにしましょう。

③熱いお湯で洗う

熱いお湯は粘膜に刺激になるだけでなく、膣に必要な皮脂まで落とし乾燥させてしまいます。

デリケートゾーンを洗い流すときは面倒ですが、お湯の温度を35~37℃のぬるま湯にして洗うのが最適です。

④適当に洗う

あなたはデリケートゾーンを洗うとき、どうしていますか?石けんやボディーソープで簡単に洗っていませんか?

陰部は複雑な形状をしているので恥垢が溜まりやすい部分

適当に洗っても汚れは落ちないので、臭いや痒みの原因に。指の腹を使ってやさしくこするように洗いましょう。

また、石けん成分が残ると臭いやかぶれの原因にもなるので、しっかりすすぐことも忘れないように。

⑤強めのシャワーをあてる

強い水流は刺激になるので、シャワーを使うときは直接デリケートゾーンに当てるのではなく、シャワーを手に当てて勢いをなくして流すようにします

また、ウォシュレットでおりものや経血を流すときも長々と当てないで、サッと流すようにしましょう。

恥垢を取ろうと間違った洗い方をすると、臭いや痒みの原因になります。

    さくら さくら

恥垢は毎日取る必要はありません。

外陰部を正しい洗い方でしっかり洗浄していれば、恥垢は溜まりにくくなります。

どうしても毎日洗いたい場合は、粘膜を傷つけないように素手でやさしく取り除くように洗ってくださいね。

かゆみと臭いを改善!おすすめ2品の組み合わせ!

  1. フェミデオ
    フェミデオ
    「守る・浸透・保湿」の新発想でデリケートゾーンをやさしく洗い上げるソープ。黒ずみ対策もできてしまうので、臭いと黒ずみに悩んでいる方にはおすすめです。→詳しく見てみる
  2. インナーブラン
    インナーブラン
    「臭いの救世主」といわれる強力な殺菌成分と、汗を抑える引き締め成分でデリケートゾーンの臭いを大幅に抑えることができます。→詳しく見てみる

▲この組み合わせが最強ですが「金銭的にきびしい!」って人は最低限②は試されるといいですよ。

恥垢がたまると臭いの原因に?

「恥垢がたまるから臭う」って、考えている女性も多いと思いますが、デリケートゾーンが臭うのは恥垢だけが原因ではありません。

実は大陰唇には、脇の下の臭いの原因でもあるアポクリン汗腺が多く存在しています

さらに、尿や生理時の血液、おりものなど汚れが付きやすく雑菌が繁殖しやすい環境。

    さくら さくら

意外かも知れませんが尿は無菌です。

しかし、陰毛や下着などで覆われ常に高温多湿の環境なので、雑菌が増えてワキガとは違う臭いが発生してしまいます。

つまり、デリケートゾーンは体の中でも臭いやすい部分なんです。

恥垢がたまるから痒いの?

「恥垢がたまるから痒い」。確かに間違いではありませんが、何度もお伝えしているようにデリケートゾーンは陰毛や下着に覆われている過酷な環境。

汗や蒸れなどで痒みを引き起こすことがありますが、「カンジタ」の可能性もあります。

カンジタって聞くと「性病」のイメージがありますが、実は違います。

カンジタは膣内に住み着いている常在菌で、全ての女性が持っている「普通の菌」です。

で、このカンジタ菌が異常増殖によって起る炎症が「膣カンジタ」。

膣カンジタ

 さくら さくら

5人に1人は、膣カンジタを経験しています。

カンジタ菌が異常増殖する原因は、妊娠や出産で体調が変化したり、疲労やストレスなどでもカンジタ菌は異常増殖します。

ワンポイントアドバイス
膣カンジタは、軽い症状であれば自然に治ることが多いので、心配する病気ではありません。

 

しかし、痒みがひどい場合や早く治したいときは、婦人科の受診をおすすめします。

さらに

  • 性感染症が心配。
  • おりものがいつもと違う。

このような場合も婦人科で受診するようにしましょう。

膣カンジタは、膣に薬を入れる治療法がほとんどでしたが、現在は飲み口が認可され治療がとても簡単になりました

    さくら さくら

1回の内服で治療ができます。

恥垢と臭いを抑える最強の組み合わせ!

繰り返しになりますが、デリケートゾーンは過酷な環境です。

なので、痒みや臭い対策を単発で行うよりも、複数の組み合わせで対策する方が根本から改善することができます

最後にもう一度、今回紹介した最強の組み合わせをまとめてみました。

恥垢・臭い対策ソープ「フェミデオ」

フェミデオ

デリケートゾーンを洗うときは、市販のボディソープではなく専用石けんを使うと◎です。

フェミデオの特徴をまとめると

  1. 臭いケアと黒ずみ対策が同時にできる
  2. デリケートゾーン以外のニオイ対策にも使える
  3. 180日間全額返金保証
  4. デリケートゾーン石けん5冠達成
  5. 利用者の97.9%が満足
  6. 9種類の添加物フリーの低刺激
  7. チューブタイプなので持ち歩きができる

こんな感じです。

デリケートゾーンが臭う原因は”汗”と“細菌”です。

大陰唇に存在するアポクリン汗腺から出る汗を、細菌が分解するときに発生させるニオイや、生理時の血液、おりものなどの汚れがたまって恥垢になることでニオイが発生します。

つまりデリケートゾーンを清潔にするには、“汗”と“細菌”の両方に対策を行う必要があるということですね。

フェミデオ

フェミデオは以下の有効成分で、臭いと黒ずみの2大原因をブロックします。

殺菌成分 シメン-5-オール
抗炎症成分 グリチルリチン酸2K

そのほかにもデリケートゾーンの環境を整える防臭・黒ずみ・保湿・引き締め成分が含まれています。

  • 柿タンニン
  • 茶葉エキス
  • ビタミンC誘導体
  • ヒアルロン酸
  • セラミド

・・・などなど。

気になるコスト面ですが、定期購入なら初回2,980円。定価が6,800円なので、3,820円のお得です。

    さくら さくら

今らなら泡立てネットをプレゼント中です。

臭いケアと同時に「黒ずみ対策」もできてしまうので、まさに一石二鳥。

アットコスメの口コミでも☆5.9と高評価を得ています。

フェミデオアットコスメの口コミ

実は“臭い”と”黒ずみ“に悩んでいる方は少なくありません。臭い対策と黒ずみ対策の商品を別々に購入するよりも断然、おすすめです!

ひと吹きで99%の消臭効果「インナーブラン」

インナーブラン

朝はよくても時間がたつと心配」。

確かに日中帯は活動しているのでデリケートゾーンは汗をかいたり蒸れたりなどで、臭いを発生しやすくなっています。

フェミデオだけでも効果はありますが、さらに臭いを抑えたいなら「インナーブラン」がおすすめ。

インナーブラン

インナーブランの特徴をまとめると

  1. 24時間たっても99%の消臭効果
  2. スプレーするだけなので簡単!
  3. 7つの添加物フリー
  4. 安心の国内製造
  5. 利用者満足度98.9%
  6. 90日間の返金保証付き
  7. 定期縛りなし!初回で解約OK

公式サイトに書かれていることを簡単にまとめるとこんな感じです。

恥垢を取り除いても、汗をかいて蒸れてしまうと細菌が繁殖し臭いが発生。

そこでインナーブランは、汗と細菌を抑える成分を配合

IPMP すぐれた殺菌作用がある。
ジャウム 雑菌や汗のにおいを抑えてくれる。

とくに殺菌成分である「IPMP(イソプロピルメチルフェノール)」は、悪臭の成分である「イソ吉草酸・アンモニア・酢酸」を89~99%消臭!

気になる価格は、定期購入なら<1本30ml(1ヵ月分)4,900円になります。

    さくら さくら

定価が9,800円なので、5,000円引きです。

すそワキガの手術だと20万円前後。それに比べれば格安です。

ただし、インナーブランは根本的な治療ではないので、継続して使う必要があることが唯一のデメリット。

ですが手術は、痛みや出血する場合もあるのでやっぱり不安ですよね。

それに比べインナーブランなら1日当たり約163円、さらに90日間返金保証が付いているので、「実質無料」で始めることができます。

まとめ

今回は「恥垢」につて説明させて頂きました。

恥垢はデリケートゾーンの臭い(すそワキガ)の原因になるだけでなく、痒みを引き起こす要因にも。

繰り返しますが、デリケートゾーンの悩みはあなただけではありません。

誰にも言えないだけ」です。

対策法は手軽にできるモノから手術まで様々ありますが、悩んでいても解決することはありません。

この記事が恥垢や臭いで悩んでいる方に少しでも参考になればうれしいです♪