ノンシリコンシャンプーは効果なし!?髪がきしむ原因と対策を公開!

髪にやさしい「ノンシリコンシャンプー」。

でも

ノンシリコンってなに?
デメリットはないの?
本当に髪にいいの?

など、実際ノンシリコンシャンプーを意外と知らない人も少なくありません。

そこで今日は、ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをわかりやすく解説していきます

ノンシリコンシャンプーってなに?

ノンシリコンシャンプーは文字通り「シリコンを使っていないシャンプー」のことです。

    さくら さくら

正式には、シリコーンといいます。

で、このシリコンの効果は、髪をコーティングしツヤを出すため。

たとえば、ボディーソープや石けんで髪を洗うとギシギシに絡まってしまうけど、シャンプーで洗うと絡まないで指通りがいいですよね。

これがシリコンの役割です。

で、「シリコン=悪」というイメージがありますが、実はシリコンは体に対して刺激が少なく安全に使える添加物のひとつ。

化粧品などにも多く使われているポピュラーな成分です。

ノンシリコンシャンプーはノンコーティングではない

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを使っていないだけで多くの場合、カチオン系のポリマーを使用しています。

カチオン系ポリマーとは、水に溶解した時に親水基の部分にプラス(+)の電気を帯び、マイナス (-)に帯電しているものに吸着します。柔軟性、殺菌性、帯電防止性があり、毛髪用洗浄剤などに多く配合されています。

つまりノンシリコンと言いながらも、髪を滑らかにするトリートメント成分を配合しているのです。

しかもカチオン系ポリマーは、頭皮にダメージを与える「低分子性カチオン活性剤」の場合が有り、頭皮トラブルを招いてしまう原因の一つ。

 さくら さくら

ノンシリコンだからといって、安心してはダメってことです。

シャンプーにはコーティング剤は必ず入っている

髪を洗うシャンプーはボディーソープと違い、髪の絡みを防ぐためにコーティング剤(皮膜成分)が必ず入っています。

わかりやすくいうと、シャンプーは

  1. 洗浄成分(洗剤)
  2. 皮膜成分(コーティング剤)

この2つの成分でできています。

で、この2つのバランスを図にするとこんな感じ。

出典:花王

赤い(-)が洗浄成分で、青い(+)がシリコンやカチオン系ポリマー。

洗浄成分であるアニオン性界面活性剤と、カチオン性高分子の複合体をコンディショニング成分とすることで、洗浄を邪魔せずにすすぎ時に毛髪表面に残し、滑らかな指通りを実現しています。

で、一番大事なことが配合バランス

最初に皮膜成分を調べるとこんな感じです。

シリコンはとっても優れている皮膜なので、髪をしっかりコーティングしてツヤツヤ、サラサラにしてくれます。

その一方で、強いコーティング作用があるのでその分、洗浄成分も強くしてバランスを取る必要があるんです。

こんな感じです↓

画像のように、コーティング力が強いシリコンシャンプーには、それに合った洗浄成分の強い合成洗剤が使われます。

その一方、ノンシリコンではコーティング力が弱いカチオン系ポリマーを使うので、洗浄力の弱いアミノ酸系界面活性剤に適しているんです。

    さくら さくら

右側がアミノ酸系ノンシリコンシャンプーです。

つまり、ヘアシャンプーで大切なことは「洗浄成分と皮膜成分のバランス」。

たとえば、アミノ酸シャンプーにシリコンを入れてしまうと、皮膜だらけでまったく洗えないシャンプーができあがります。

なので極論をいえば、シリコンシャンプーとかノンシリコンシャンプーとかは、どうでもよい話しなんです。

洗浄成分と皮膜成分のバラランスが整っていることが本当の「髪や頭皮によいシャンプー」になります。

    さくら さくら

これ、ホントに大事です。


ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット

ここでは、ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットをお伝えします。

メリット

  • カラーやパーマの持ちがよくなる。
  • 髪に軽さが生まれる。
  • 頭皮を健やかに保つことができる。

    こんな効果があります。

    シリコンが配合されていないので、カラーやパーマの液剤が浸透しやすく、しっかりとかかり持ちもよくなります。

    また、髪の表面をコーティングしないので、髪が細くてもペタッとしにくくフワッと軽くなる効果も。

    さらに頭皮をシリコンで覆わないため、フケやかゆみなどの頭皮トラブルを軽減することもできます。

    デメリット

    • 髪がきしむ・手触りが悪い。
    • 傷んだ髪が修復されるわけではない。
    • ドライヤーやヘアアイロンの熱でダメージを受けやすくなる。

      こんな感じです。

      髪がコーティングされないので、髪がきしんだり、絡まりやすいのは避けられません

       さくら さくら

      メーカーもきしみ軽減のため努力はしていますが、それでも多少はきしみます。

      また、ノンシリコンは頭皮トラブルを防ぐことはできますが、傷んだ髪を修復する作用もありません。

      さらに「すっぴん髪」の状態なので、ドライヤーやヘアアイロンの熱で髪がダメージを受けやすくなります

      このように、ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットを把握し、自分に合ったシャンプーを選ぶようにしましょう!

      髪がきしまないための3つの対策法

      ここからは、ノンシリコンシャンプーの最大のデメリットである「髪のきしみ」を改善する方法を紹介します。

      きしみを改善する方法としては

      1. シャンプー後のオイルケア。
      2. ヘアドライヤーを替える。
      3. アミノ酸系シャンプーを使う。

      この3つがあります。

          さくら さくら

      ひとつずつ説明していきますね。

      シャンプー後のオイルケア

      髪のきしみが気になるなら、保湿効果の高いオイルを使うことをおすすめします。

      髪をコーティングしない「すっぴん髪」の状態は、逆をいえば「成分が浸透しやすい」状態です。

      タオルドライをしたあとにオイルを髪になじませることで、オイルがシリコンの代わりに髪をコーティングしてくれます。

      ヘアドライヤーを替える

      実は、シャンプーした後の髪が濡れている状態が一番ダメージしやすいんです。

      そこで大切なのが「ドライヤー選び」。

      正直、ナノイーとかマイナスイオンが出るドライヤーはどうでもよくて「高温にならなくて風量が強いドライヤー」を選ぶことがポイント。

      チェックポイント
      ヘアダメージを気にして自然乾燥している人がいますが、これは絶対にダメ。逆に髪が傷んだり、雑菌が繁殖して臭いの原因になります。

       

      で、ドライヤーを使うコツは「できるだけ素早く乾かす」こと。

      コツとしては

      • ドライヤーの風は根元から毛先に向かうようにかける。
      • ブラシの使用は避けて手ぐしでかける。
      • 引っ張らない、もつれさせない。
      • 同じ箇所に長時間ドライヤーをしない。
      • あまり近づきすぎて高温であてない。

      これらを意識してドライヤーをかけるようにしましょう。

      タオルドライで髪の水分をしっかり取っておくことも、ダメージを軽減させるためには有効です。

      アミノ酸系シャンプーを使う

      アミノ酸系シャンプーは洗浄力がマイルドなので、ノンシリコンでも比較的きしみが少ないのが特徴。

      しかも、髪だけでなく頭皮にもやさしいので、敏感肌や乾燥肌で悩んでいる人にもおすすめです。

      アミノ酸系の洗浄成分にも色々ありますが、おすすめは「ココイルグルタミン酸TEA」が配合されたシャンプー。

      ココイルグルタミン酸TEAは、汚れを落としながら毛髪の状態をよくする「コンディショニング効果」があります。

          さくら さくら

      きしまずに、手触りがよくなりますよ。


      まとめ

      話題のノンシリコンシャンプーでもデメリットがあることは事実です。

      しかしノンシリコンは髪をリセットさせ、自然な状態にすることができるので、髪だけでなく頭皮環境も整えてくれる効果が期待できます。

      自分に合ったノンシリコンを使うことで、次第に髪質は改善していくはずです。

      ノンシリコンを上手に使って、キレイな髪を目指してくださいね♪