ノンシリコンシャンプーは汚れが落ちない!?誰も教えてくれない真実とは

最近は髪にやさしいアミノ酸系シャンプーが人気ですが、さらに髪だけでなく頭皮もやさしく洗い上げ、コーティングもしない「アミノ酸系ノンシリコンシャンプー」が話題のようです。

ですが結論から言うと、ノンシリコンシャンプーっていうのは「シリコンを使っていないだけ」であって、カチオン系のポリマーを使っている場合がほとんど。

そこで今日は、ノンシリコンシャンプーの真実を書いてみたいと思います。

ノンシリコンシャンプーはノンコーティングではない

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを使っていないだけで、多くの場合はカチオン系のポリマーを使用しています。

カチオン系ポリマーとは、水に溶解した時に親水基の部分にプラス(+)の電気を帯び、マイナス (-)に帯電しているものに吸着します。柔軟性、殺菌性、帯電防止性があり、毛髪用洗浄剤などに多く配合されています。

つまりノンシリコンと言いながらも、髪を滑らかにするトリートメント成分を配合しているのです。

しかも、のカチオン系ポリマーは、頭皮にダメージを与える「低分子性カチオン活性剤」の場合が有り、頭皮トラブルを招いてしまう原因の一つ。

 さくら さくら

ノンシリコンだからといって、安心してはダメってことです。

ノンシリコンシャンプーは洗えない?

ノンシリコンシャンプーって、ちゃんと洗えるイメージがありますが「大きな勘違い」です。

髪に良いようなイメージですが、これはメーカーや宣伝が巧みであって、あくまで「シリコンフリー」なだけ。

つまり、ノンコーティングではないなら「しっかり洗えている!」って、勘違いしているんです。

「ノンシリコン=ノンコーティング」ではなく「ノンシリコン=カチオン系ポリマー」を使っていると理解する必要があります。

シリコンが入っていないから、コーティング(皮膜)していないってことはないんです。

これはとても大切なので、覚えておくようにしましょう。

シャンプーにはコーティング剤は必ず入っている

髪を洗うシャンプーは、体を洗うボディーソープと違い、髪の絡みを防ぐためにコーティング剤(皮膜成分)が必ず入っています。

分かりやすく言うと、シャンプーは

  1. 洗浄成分(洗剤)
  2. 皮膜成分(コーティング剤)

この2つの成分でできています。

で、この2つのバランスを分かりやすく説明すると

出典:花王

赤い(-)が洗浄成分で、青い(+)がシリコンやカチオン系ポリマー。

最初に皮膜成分を調べるとこんな感じです。

シリコンはとっても優れている皮膜なので、髪をしっかりコーティングしてツヤツヤ、サラサラにしてくれます。

その一方で、強いコーティング作用があるのでその分、洗浄成分も強くしてバランスを取る必要があるんです。

画像のように、コーティング力が強いシリコンシャンプーには、それに合った洗浄成分の強い合成洗剤が使われ、ノンシリコンでコーティング力が弱いカチオン系ポリマーのシリコンでは、洗浄力の弱いアミノ酸系界面活性剤が使われます。

    さくら さくら

最近は後者の割合が多いです。

つまり、ヘアシャンプーで大切なことは「洗浄成分と皮膜成分のバランス」なんです。

例えばアミノ酸シャンプーにシリコンを入れてしまうと、皮膜だらけでまったく洗えないシャンプーができあがります。

なので極論を言えば、シリコンシャンプーとかノンシリコンシャンプーとかは、どうでも良い話しなんです。

繰り返しますが、ヘアシャンプーで大切なことはノンシリコンが良いとかアミノ酸系洗浄成分が良いとかじゃなく「バランス」。

    さくら さくら

これ、ホントに大事です。

ただ最近は、この洗浄成分と皮膜成分のバランスがおかしくなってきています。

手触り重視のシャンプー戦争

ホント最近は、市販のシャンプーでも美容室で使うサロンシャンプーでも、ツルサラの手触りが良いシャンプーが優れたシャンプーって、認識されています。

これは、多くのメーカーが「シャンプーだけでも手触り抜群!」のシャンプー戦争を始めてしまったことが原因。

手触り重視のシャンプーにしようとすると、こんな感じで洗浄成分と皮膜成分のバランスが崩れます。

このようなシャンプーは、手触りは良くなりますが肝心な頭皮や髪はまったく洗えません

でも、洗えたか洗えていないかは感覚的に分かりませんが、手触りは分かるので「良いシャンプー」って、勘違いしてしまうんです・・・。

つづく・・・。